キャリコネ運営企業が転職エージェントも展開!「Globalway転職エージェント」と「121転職サービス」

今回は、キャリコネ運営企業であるグローバルウェイが展開している「キャリコネ転職サービス」と転職エージェントの「Globalway転職エージェント」「121転職サービス」について調べてみました。

キャリコネについては、実を言うと調べる前からちょくちょく目にしていました。

というのもFacebookでつながっている友人が「キャリコネニュース」の記事を頻繁にシェアするので、スマホでFacebookを開くと見ない日はないというくらい毎日のように「キャリコネ」の文字を見てきました。そのため、いつの間にか覚えてしまいました。

しかし、キャリコネの本体が口コミサイトで、転職サービスをしていることは、まったく知りませんでした。

 

キャリコネニュースのネタは、仕事のことが中心なのですが、社畜、ブラック企業に関するネタも多く「こんなひどい会社もあるんだ…」「自分だったらこんな会社スグに見切りをつけるのに…」と感情移入して読む記事もたまにありました。

働くことに真剣な人にはスッと入ってくる記事が多いと思います。

キャリコネニュースのことはここまでとし、これより「キャリコネ転職サービス」についてお伝えします。

 

これは、転職エージェントではないのですが、調べてみると、転職活動に導入してもいいのかなと思えることばかりで意外でしたので「キャリコネ転職サービス」の特長からお伝えしていこうと思います。

キャリコネは、2014年から転職サービスを開始したようです。2006年開始以来、企業の評判や年収、面接対策などがわかる日本最大級の企業口コミサイトに成長してきたキャリコネ。口コミは100万件を超えているそうです。

企業の口コミを多数保有するキャリコネが展開する転職サービスとはどのようなものでしょうか? 細かく見ていくようにします。

 

キャリコネはこちらです。

http://careerconnection.jp/

 

キャリコネ転職サービスの特長3つ

1.大手転職サイトと求人提携

キャリコネの大きな特長は、大手転職サイトと求人提携を行っていることです。

@typeやパソナキャリア、イーアイデムなど多数で、キャリコネで求人検索をすると、これらの転職サイトの求人も出てきます。

宿泊するホテルを探すときに利用するtrivago(トリバゴ)みたいな一括検索サイトの転職版といえそうですね。

 

2.コンサルタントも探せる

また、人材紹介企業のコンサルタントを検索できるのも魅力的な特長だといえます。

メーカー、商社、ソフトウェア・ネットワーク系、地元企業など、業界・職種・分野別に条件を絞ると、写真入りでコンサルタント一覧が出てきます。

写真を見て「頼れそう」「親身になってくれそう」「転職活動において気が合いそう」などピンときたら、その方の担当している求人に応募してみる。こんな転職活動のやり方もできそうです。

 

3.転職祝い金がもらえるかも

まずは、キャリコネに会員登録します。そして転職サービスにも登録します。

キャリコネに登録するとリクナビNEXTやDODAにも同時登録になるようです。どうやらキャリアシートが連携しているため実現していることのようです。

キャリコネ転職サービスに登録すると、一石三鳥くらいのメリットがありますね。

 

転職祝い金の記載がある求人に応募し、採用されたら、初出社後、転職祝い金を申請します。

勤務開始日より95日の継続勤務の確認がとれたあとに晴れて転職祝い金が支給されるとのことです。

リクナビNEXTやDODAに登録しようとお考えの方は、その前にキャリコネに登録すると複数登録作業をする必要がなく時短ができそうです。

 

4.リアルな口コミが確認できる

これが、一番気になるところですよね? 登録しなくても求人ページからその会社の口コミにアクセスできます。

その投稿の一部は読めたりします。投稿者の年代や年収なども確認できますので、その企業で大体どのくらいもらえるのかもわかりますね。

内情などを投稿しているものも見受けられますので、参考にされると良いでしょう。

 

次に、キャリコネ運営企業が展開する転職エージェントについてお伝えします。

 

転職エージェント「Globalway転職エージェント」は、自分たちをどのような転職エージェントだと謳っているの?

転職エージェント「Globalway転職エージェント(https://rs.globalway.co.jp/)」は、外資系IT、コンサルティング、メディカル業界で転職成功実績No.1と謳っています。

外資系IT企業、外資系企業、コンサルティングファーム、製薬・医療機器メーカーなど1000社との取引実績があるそうです。

また、業界出身のコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

なかにはシリコンバレー出身という経歴をもつ方や英語での面談対応も可能な方などもいて外資系に強いのも納得です。

 

転職エージェント「Globalway転職エージェント」の求人分布

サイト内に円グラフがありまして、それを見るかぎり、半数以上が外資系ITで、全体の7割が外資系です。

参考までにですが、業種別では、営業が28%、コンサルティングが25%、エンジニアが20%となっています。

特に外資系を転職先企業として考え、営業やコンサルティング・エンジニアの仕事を志望している方は「Globalway転職エージェント」への相談は必須のようです。

 

ただし、「Globalway転職エージェント」のサイトには、求人検索も登録フォームもありません。転職の相談フォームが用意されているだけです。

よく調べてみると求人検索も登録フォームも、グローバルウェイが展開するもうひとつの転職サイト「121転職サービス」に用意されていました。

そこで、次は「121転職サービス(https://121tenshoku.com/)」についてもお伝えしておきます。

 

転職エージェント「121転職サービス」は、自分たちをどのような転職エージェントだと謳っているの?

僕は、ここである結論を出さなければならないと思いました。「Globalway転職エージェント」=「121転職サービス」だということです。

それを証拠に、求人分布の円グラフなど「Globalway転職エージェント」と同一のものが使われていますし、コンサルタントの顔ぶれも同じでした。

「121転職サービス」は、IT業界や外資系に特化した転職サイトだと謳っていますので、その求人分布にも納得せざるを得ません。

 

121転職サービスの特長としては主に3つ提示されています。

 

121転職サービス3つの特長

1.転職コンサルタントは業界出身・トップクラス

IT・コンサルティング・メディカル系業界出身の方がコンサルタントとして在籍されているそうです。

業界を熟知した支援内容に定評があるとのことです。年収交渉を得意としており、好条件での入社ができるといいます。

また、面接対策にしっかりと力を入れており、その結果、合格率も高くて多数の転職成功実績があるとのことです。

 

2.企業の経営層とのネットワークがある

グローバルウェイは多数の企業の経営層と強いネットワークを構築しているそうです。つながりの深い企業との面接となれば、最初はカジュアルな雰囲気からスタートすることもできるようです。

堅苦しい場が苦手な方にとっては少しだけハードルが下がりますね。僕も緊張しやすい性格なのでカジュアルだと助かります。

また、その逆なのですが、社長や役員との面接を最初から設定することもできるようです。

経営層から直接、戦略的なポジションの人材確保の依頼を受けることもあるそうで、非公開求人も多いようです。

 

3.業界No.1の転職成功実績

これは、先ほどの「Globalway転職エージェント」のところで、お話したとおりです。

繰り返しますが、外資系IT企業、外資系企業、製薬・医療機器メーカーなど1000社との取引実績があるそうです。

 

転職エージェント「121転職サービス」の求人情報検索はこんな感じ

キーワード・勤務地・職種・年収のほか、求人特徴、たとえば、上場企業・中途入社5割以上・フレックス勤務など魅力的な好条件で探すことができます。非常にシンプルな求人検索となっています。

まずは、希望勤務地のエリアで検索されて、どのくらい求人が出ているのかを見てから、絞り込み検索をされることをおすすめします。

 

転職エージェント「Globalway転職エージェント」「121転職サービス」の基本情報

■会社名

株式会社グローバルウェイ

■所在地・お問い合わせ先

〒105-0013 東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル

TEL 03-5441-7193

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。