転職活動のWEBテスト・テストセンターは新卒時と対策はあまり変わらない

1227

さてさて、転職活動の選考が進みSPIを受けることになりました。

就職・転職活動選考時のテストは大体以下の3パターンです。

  1. 自宅WEBテスト
  2. テストセンター
  3. 企業毎の実施(試験会場)

 

1、2などはSPI、GABなど種類が色々あります。新卒の時は全種類対策していましたが、今となってはノウハウをかなり忘れています。

色々と調べてみると、中途採用でも選考時のテストはかなりの確率であるようです。特に、大手企業は大体プロセスの中に入っているので、採否判定に占めるウェイトは違えど、最終面接前までにはほぼ受けさせられます。

私は新卒時はそれなりの良い点を取れたんですが、前回転職活動した際は準備が足りず散々な点数になりました。それでも1社は内定が出ていますが(今の会社)、基準が緩かったんでしょうね。

 

対策本買いました

正直、すぐ迫っている選考には全く間に合わないのですが、どうせ今後やる機会はどんどん出てくると思うので、一式揃えました。

  1.  [テストセンター対応] これが本当のSPI2だ! (2014年度版)
  2. 直前でもOK! [パソコン版SPI2] これが本当のテストセンターだ! (2014年度版)
  3. 転職者用SPI2攻略問題集

ちなみに、3は前回利用したものです。東京の秋葉原近くの本屋で買いました。

「また、転職する機会もあるだろう」

と想定して残しておいたのですが、まさか本当に利用するハメになるとは… やれやれですわ…

 

得点はどれくらいを狙うか?

この手のテストは大手企業は大体8割以上取っておかないと危険です。

例えば、4割などの数字をたたき出すと、まあどんなに経歴が光っていても落ちる、…んじゃないかなと予想します。少なくとも、私が採用側だったら採るのをちょっと躊躇します。

大手は諸々の基準が社内で作られており厳守される傾向があるので、例外で通ったりすることが少ない印象があります。キャリア採用などは、さも相手の仕事の能力のみで採用を決めている気がしますが、テストの点などもしっかりと基準値が設けられています。

極端な話、採用する側がキャリア採用に慣れていないことも多く、結構新卒を採るときと変わりない基準のみで合否を決めてしまうこともあります。そういう意味で、テストの点は高めにこしたことはありません。

 

ということで、私は8割を目標に勉強していこうと思います。中途採用でも多分テストセンターは使いまわせると思うので、どっかで良い点が出てくれれば良いなぁと考えています。

求人も魅力的なものをチラホラ見かけるようになってきたので、受けまくっていれば、何かの弾みで採用されるかも知れません(めっちゃ前向き)

 

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です