紹介された求人に不用意に興味を示すとゴリ押しされる可能性がある

1461

これは慎重に活動をしたい人向けの意見で、積極的にどんどん案件を受けたい人向けの話ではありません。

活動をしていると、エージェントから色々と案件の提案を受けるようになります。基本的には先方に伝えた意向にそった案件を紹介されますが、中にはどうでもないものが結構混ざっています。

 

求人選択は慎重に

この時、とにかく色々と見てみたい人や、とにかく内定を取りたい人は受けても構わないのですが、慎重に様子を見ながら受けている人や、希望内容が明確に固まっている人は、キッパリと

  • 「見送りますと返答する」
  • 「若しくは受けないと言う」

方が望ましいです。

ひとたび、興味を示すと、そのまま電話越しに説得されて応募をゴリ押しされる可能性がかなり高くなります。

その時、決まって言われるセリフは

  • 「受かってから考えれば良い」
  • 「受かっても、断れば良い」

ですが、1件応募するために履歴書・志望理由を考え、書類が通過した場合に面接に行くことはかなりの労力です。

また、エージェントによっては、意向からかなり外れている案件でも平気で勧めてきますので、下手に興味を示すと本当に無駄な時間になります。既に応募者も多くおり、締切が近いから急いだ方が良いですよ、と気持ちを揺さぶってくる場合もあります。

場合によっては、

  • 「既に先方に話を伝えてあり、とても興味を示している」
  • 「断るんですか? 白紙に戻すというのですか?」

などとふざけたことを言ってくる場合があります。とくに電話越しですと、かなり高圧的に迫ってくるので競り負けることが多いです。

向こうも商売ですので、多少はやんちゃなことをしてきます。

 

興味のない求人に時間を取られるリスク

押しに弱い人や、転職活動慣れしていない人、活動に焦りを感じている人は、ついついこれで申し込んでしまいますが、平気で3、4日は時間を使ってしまうことになるので、あまり興味のない案件には乗らないようにしましょう。

私はこのパターンで2件程申し込んでしまいましたが、それほど乗り気でもないのに選考が進み、そんな案件に限って難解な課題などを振られてしまい、かなり難儀しました。さすがに手を抜くのも気が引けたので及第点程度になるように課題をやりましたが、気も使いますし、やはり色々と面倒でした。

それだけやっても、最終的には断ることになる可能性が高いので、あまり有意義なプロセスではありません。

そして、そんな案件に限って、仮に内定が出たら、

さっさと承諾しろ!

とクロージングを迫ってくることがほとんどです。

 

こちらも防衛しましょう

エージェントも成約を取ってナンボですので、どの会社を使っていても、やはりある程度押し込んでくる傾向があります。支援してくれる、と言っても向こうも商売です。時には利益相反行為をすることもあります。

こちらも、自分が希望するラインはある程度決めておき、一致しない案件が来たら、理由をつけて断りましょう。ポイントは幾つか条件を作っておき、それと合致しないものがあれば断ることです。

  • 勤務地
  • 年収
  • 職種
  • 業界
  • 元請けか下請けか

これくらいで固めておき、当てはまらない案件がきたら理由にして断りましょう。

勿論、条件には会いませんが、本当に興味をもった場合は受けても良いと思います。あくまで、悩むような案件の場合の対処法です。

 

個人的には、数を撃って狙いにいく転職はお勧めしません。自分で納得感が得られるようなものを見つけ、内定を取ることを目指しましょう。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です