低スペックSEでも大手の社内SEとして入りやすい業界

1777

大きい企業の社内SEは募集要件が年々高くなってきています。

特定の業務知識(≠業界知識)やSAPなどのパッケージ製品の知識を要求してくることもありますが、正直これらは関われるかどうかは運の要素も大きいです。

ということで、現在非常に苦戦している私です…

ただ、業界によっては大手でもあまりスキルを求めない会社もあります。

 

システム成熟度は業界によって大幅に異なる

システム化の進み具合は企業はもちろんのこと、業界によっても差異があります。

例えば、繊維は歴史ある産業ですが、システム化については他分野と比べて1~2周程度遅れています。業界大手でも未だに生産計画を紙で管理していたりするところもあり、システム化がほとんど進んでいない会社がたくさんあります。所謂、属人化の嵐です。

WEB化はもちろんのこと、オープン化すらできておらず、ホストでバッチ処理が動いているだけといった場合があります。

そういった会社の場合、

  • VBによるクラサバシステムの開発経験
  • JAVAやC#でのWEB開発経験

あたりが数年あるだけででも採用されます。

要件定義や基本設計の経験が薄くても意外と大丈夫ですし、特に専門の業務知識やパッケージの経験は問われません。そのようなスキルでも、業界大手に入れてしまいますし、年収も大幅に改善されます。

その他のシステム化があまり進んでいない産業には以下のものがあります。

  • ゴム
  • 化学(一部)

システム化が進んでいる業界

逆にシステム化が進んでいる業界は自動車、製薬企業などです。

儲けが良く、お金に余裕があるのか、割と初期からシステム投資を行ってきました。例えば、1回目に転職し入社した会社。丁度同時期に自動車業界から転職してきた人がいました。その人とシステムの話題になったのですが、

「どうしてこんな使い勝手の悪いシステムを使っているのだろう…」

「明細はSAPを使ってチョイチョイ…、と取ってこれるのが普通なのに、なぜ意味の分からんホストからデータを出力して、うんぬんかんぬん…」

とぼやいておられました。いやー、製造業は案外そんなもんですよ。

 

特に、製薬は新しいもの好きの傾向があり、SAPなどの業務パッケージなどが発売されると、すぐに適用する傾向があります。完成度も高いことが多く、うまく運用できている会社さんが目立ちます。即ち、これらの業界の社内SE案件は、募集要件が高くなる傾向があります。

 

ということで、社内SEのレベルは大手企業でも大したことがない場合もあります。

そのようなところが丁度良く募集をしていると潜り込めたりします。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です