サブプライムのド不景気での転職8 企業の採用ホームページからの直接応募

企業の募集要項に直接応募

転職には人材紹介会社を利用する以外に、直接応募する方法があります。
会社が独自のホームページを持っている場合、専用の求人ページを開いていることがあります。
そこに求人情報や応募方法が書いてあり、直接エントリーすることができます。
大体が宛先に対して書類を送付する形式ですが、ある程度大きい企業ですと、システム化されているところもあります。

 

あまり主流の方法ではありませんが、転職サイトに公開される場合と異なりライバルが少ないため、意外とあっさり内定をもらえるかも知れません。
また、転職サイトに公開しつつ、独自のホームページでも公開している場合があります。

 

実は、私は直接ホームページから応募し、内定を取りました。
リクナビネクストに掲載されている情報を見て、直接会社のホームページへアクセスしたところ、募集要項が出ていたため、そこから応募し内定を取りました。

個人で募集するのは正直どうなのか

このケースはけっこう稀で、ほとんどの方は人材会社を通じて転職されますし、その方が確度が高いはずです。
転職経験者のブログなどを見ても、大体が転職支援会社を利用して転職されています。その中でも、電車の広告などを見るとリクルートエージェントの利用がダントツだと書かれていますので、私のようなケースは稀でしょう。

 

ただ、企業側にしてみれば、直接応募の場合は人材会社にマージンを払わなくても良いため、不況で1円でも支出をしたくない場合はメリットのある方法なのかも知れません。実際、こういった部分で費用をケチる会社は沢山あります。

 

デメリットとしては、企業ホームページで募集してしまうと、応募者が殺到した際に対応にひじょうに手間がかかるということがあります。
そういった意味では、人材会社を挟むことである程度フィルタができるため、多少お金を払っても効率的であるとは言えます。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です