退職の意思を上司に告げました

2603

先日、製薬会社の処遇を聞きその内容に満足したため、早速上司に退職の旨を伝えることにしました。引継ぎや年休消化などを考慮し急いで伝えると同時に、退職に向けた準備を進めることにしました。

 

次の会社に入社するまでの期間は?

私の話を書く前にまずは一般論を見てみます。

転職する際は、引継ぎの期間を考慮し、1ヶ月~2ヶ月程度で内定先に入社することが一般的です。

相手の会社はほぼ間違いなく「早く来て欲しい」と思っており、2週間程度で何とかしてくれ、と言ってくる場合もあります。ただ、正直2週間では社内規約的にもアウトな場合が多いので(大体の企業は2週間以上前に退職を申し出るような規定を作っていることが多いです)、現実的なところで最低でも1ヶ月は時間が必要です。

ちなみに、私は以前の転職活動は転職エージェントを利用しなかったためこのあたりのノウハウを知らず、何と「5ヶ月」先に入社日を設定してしまいました。今思えば、よく了承されたなぁという感想です。普通は絶対無理です。

 

内定が出て転職の決心をしたらすぐに告げるのが世間のルール

内定を貰い(厳密には内々定)その会社に転職しても良い。と決めたら上司に退職の意を告げる必要があります。なお、「退職届け」は管理職が会社に対して出すもので、平社員の場合は「退職願い」になります。ただ、基本的には何か文章をしたためて会社に渡す必要はなく、直属の上司に「辞めます」と言えばOKです。

上司に対する報告は、世間の常識的には出来るだけ早く(翌日などに)することが正しいようです。これは至極まともな意見で、グズグズしていると引継ぎ期間がどんどん減っていき在籍している企業に迷惑がかかりますし、年休消化などができなくなります。

 

今回の私のケース

先の記事で書いていませんが、先方からは入社の気持ちがあるなら、1ヶ月を目処に来て欲しいと言われていました。

私が現在持っている仕事量を考慮すると1ヶ月では全く足りません。現実的に1ヶ月半~2ヶ月先だろうと予想されました。そこで、「1ヶ月~2ヶ月程度はやはり必要と思われますが、上司と相談し出来るだけ早い日程に済むよう調整し改めてご連絡致します」と伝え、先方の会社を後にしています。

なお、転職活動自体はまだ続けてはいましたが、私の中ではこの会社にお世話になることにほぼ決めました。段階を追って、他のエージェントとのコンタクトを止めていく予定です。

 

上司に辞意を告げる

さて、今回は余裕を持って引継ぎをし年休消化もしたかったため、とにかく早めに告げることにしました。

「お話があるのですが…」

とメールをうち、上司の予定と会議室をおさえました。

 

そして、二人きりになったところで、

「実は辞めようと思っています…」

と伝えました。

私が辞めようと考えている、とは全く想像もつかなかったらしく、かなり意外そうな顔をされました。

退職理由も聞かれましたが…

 

「リストラされて待遇も悪化し将来性が微塵も感じられず、正直やってられないので辞めます」

 

とはさすがに言えないので、遠まわしな理由を述べました。会社のことは決して悪く言わず、とにかくご迷惑をおかけして申し訳ありませんと低姿勢でいきました。途中で焦りも生じて、かなりグダグダな答弁になりましたが、一応は納得してもらえたようです。

「考え直す気はない?」

と聞かれましたが、そう言われて悩む程度なら正直辞意など告げるわけもないことは相手も十分に分かっています。考え直す気はない事を伝えると、強い引止めはありませんでした。

退職日は引継ぎ等を考えると1ヶ月~2ヶ月程度は必要、ということになり、転職先への入社は1ヶ月半後に決定しました。後は引き継ぎ準備をしていくことになりましたが、実はこの後にかなり面倒な展開が待っていました…

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です