【仕事外の副収入】サラリーマンの副業(サイドビジネス)は必須?

2878_1

先日より転職先の企業でお世話になっている私ですが、周りを見るとキャリア採用の人がそこそこいました。

皆さんと色々と話をしていて気付きましたが、転職を経験した人の中には「副収入源」を持っている、もしくは作ろうとしている人が多く、安定企業に転職したからと言って油断してはいけない現状を目の当たりにしました。

 

不満で転職する人・不安で転職する人

転職する理由は人それぞれですが、大体の人は以下のどちらかです。

  • 収入に不満があったため
  • 収入に不安があったため

 

一文字しか違いませんが、これは意味的にはけっこう異なってきます。

「不満」がある人は、在籍している会社で、十分用いられているのですが、給与が働きにペイしない。

本来の評価がされていないので、もっと良い会社に入ってより成果を出し、相応の報酬を貰いたい。

と言ったイメージで、攻めの転職に近いです。

転職した先でバリバリ仕事を取ってこなして、より仕事で高みを目指していくタイプです。

 

「不安」がある人は、在籍している会社で普通にしているのですが、会社自体の先行きなどが芳しくなく、より安定した環境にいきたい。

という、守りの転職です。

自分の力ではこの先競争社会は生き残れない…、年齢が40歳に近づいてきてそろそろ安定したところに行かないとまずい…、リストラが多い業界から離れたい…

そういった理由で転職してきた人が該当します。

 

私が入社した会社でも、この両方の人がいるのですが、「不安」が原因で転職してきた人が多く、副業をしている確率も高かったです

 

不安から副業に至る心理

私の周りには不安から副業をしている人が多かったのですが、その理由は、

今後も安定して収入が得られる気がしない

というものがほとんどでした。

 

不安で転職した人は、前職で色々と生活設計に悩みを抱え転職しています。

その時の葛藤は転職した後でも簡単には消えず、心のどこかで「安定した会社に入れたけど、これがずっと続くわけがない」と感じています

そして、不満で転職した人に比べると、スキルや意欲で劣っていることを自覚しているため、万が一に解雇、減給された場合に何とか生活を保てるような術を模索している人が多いのでした。

その方法として、FX・株式売買・不動産投資・アフィリエイトなどをやっている人がたくさんいました。

確かに、東京電力などの電力会社に入ってもいまやどうなるか分からない状態です。能力に強い自身のある人は何とでもなると思いますが、普通の人は何かあったら簡単には再起できません。

万が一に備えて、仕事以外の収入源を確保するよう努めるのは当然と言えば当然なのでしょう。

 

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ)から副業の大切さを感じた

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ)をよく読んでいるのですが、昔からやたらめったら「投資」「副業」について推奨しています。

私はリストラされるまでは、ほとんど気に留めていなかったのですが、リストラ・転職を経験してから一転してよく読むようになってきました。

FX・株式・せどり・アフィリエイト・不動産

どれも以前は業者の煽りみたいに感じて読み飛ばしていたのですが、最近になって真剣に向き合うようになって来ました。

最近読んだ号では、評論家の和田秀樹さんがサイドビジネスの重要性を説いていました。

  • 今後は会社の給与が保障される時代ではない
  • 本業以外で副業を持つことは生き残る意味で大切

こんなことをコメントされており、副業の必要性を理論的に説明してくれていました。

私事ですが、和田さんの大学受験対策の本を高校生の時に読み、その合理的な方法に大変関心して実践した思い出があります。

以前は、「副業は必須!」という言葉を聞いても普通に流すだけでしたが、生活に不安を感じて転職した今となっては、真剣に向き合っていかなければならないと思っています。

 

副業は守りから攻めに移れるキッカケにもなる

副業は、単にお金儲けという意味だけではなく、自分の幅を広げるという観点でも有効です。

自分で何かをやって収入を得るには、

  • ビジネスモデルを考える頭
  • 実現するための手段・方法
  • 収益を上げるための人脈

などなど、色々な要素が要求されます。

どんなものであれ、サイドビジネスをやることで知見や力は尽きますし、それは本業にも良い影響を与えるでしょうし、自身の新たな道を見つけるきっかけにもなるかも知れません。

これまで守ることしか出来なかった人が、自分でビジネスを成功させる攻めの姿勢に転換できるチャンスと言えます。

 

まとめ

これまでは「本当に一部の人だけがやっているもの」と思っていた副業ですが、意外にもやっている人が多いことに驚きました。

そして、やる人はこれからも増えるでしょうし、むしろやっていない方がマイナーになる日がそう遠くない未来にくるかもしれません。

本業をしながらあれこれ考え実行するのは面倒かつ大変なことではありますが、会社が守ってくれないこの時代では、やらざるを得ない状況なのでしょう。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です