業界研究 合成繊維業界の動向・年収 大手企業を調査・比較

3089

日本の経済は敗戦後、繊維業を中心に復興を遂げてきました。

この記事では、そんな高度成長の立役者である繊維業界のうち「合成繊維業界」に着目して動向・年収 、大手企業の調査・比較をしていきます。

 

合成繊維業界概要

生活の三大要素として「衣・食・住」の一番目に来ますのが衣、その中心になるのが繊維です。

繊維には、植物や蚕などから作られる天燃繊維と、科学的な手法で作られる化学繊維、あるいは人造繊維があります。

これには再生繊維(レーヨン,キュプラ,リヨセル),半合成繊居(アセテート)、無機繊維(ガラス繊維、炭素繊維、金属繊維など)などあり、その中で中心となっていますのが合成繊維です。

 

この合成繊維は、1935年アメリカのデュポン社が、世界で初めて合成繊維ナイロンを開発しました。

そしてイギリスでポリエステルが生まれ、次いでアクリルが生まれ、衣料用の3大合繊時代が、フッション界をリードすることになります。

日本では、京都大学の櫻田一郎博士により、ビニロンが誕生しました。石油から作られる合繊と言っても、多岐に渡っており、特に衣料用に使われているのがこの3大合繊です。

 

ポリエステルは、婦人のスーツ、ジャケット、ブラウスボトムなどのアウターウェアから下着などのインナーウェアまで、幅広く使用されています。

アクリルはジャージや、セーターなどニット製品が主力です。

ナイロンはランジェリー、スポーツウェアなどに使われています。

最近注目されていますのが「ナノファイバー」と呼ばれる超極細の糸です。

織物やニット市場に使われ、注目の素材です。

日本を含む東アジア地域は、世界の合繊の大半を生産する大産地です。

 

東レ、帝人、旭化成、クラレなど日本のメーカーは開発、生産技術では世界の最先端を行くトップメーカーと言えましょう。

ひと頃から比べて、各メーカーが扱う合繊比率は減少したとはいえ、世界の合成繊維のリーディングカンパニーであることは変わりません。

こうしたことを考えれば、成長産業の一つと言えるでしょう。

 

繊維産業は空洞化が進行

いま日本の繊維産業は、空洞化が急速に進んでいます。

その中で合繊の生産量は、中國を始め、台湾・韓国などアジアの成長国に押されているのが現状です。

こうした激化する国際的な競争、取り巻く環境の変化に対応するため、合繊各社が独自の事業戦略を打ち出しています。

また自動車や航空機に使われる炭素繊維の将来性は明るく、この汎用性の高い繊維の用途開発が進んでいます。

 

そのため、国際競争に立ち向かえる優秀な人材を求めているのは確かです。

就職・転職希望者にとっては一つのチャンスかもしれません。

年収は他の業界と比較して高値にあり、650~750万が平均年収と言えましょう

 

合繊産業の企業群

  • 東レ
  • 旭化成
  • 帝人
  • 東洋紡
  • 三菱レイヨン
  • クラレ
  • セーレン
  • ユニチカ
  • 東邦テナックス

 

合成繊維大手企業の概況

【東レ】

繊維売上高7098億円、総売上高1兆5923億円 営業利益834億円、平均年収834億円(36歳)

合成繊維最大の総合繊維メーカーで、合成繊維を一早くデュポンと提携し、日本の合成繊維ブームを作った素材メーカーです。

異形断面氏糸「東レシルック」を開発、初めてデパートと素材メーカーの共同キャンペーンを打ち出し、日本のファッション界をリードしてきました。

連結事業は、繊維40,プラ・ケミ25、情報通信15、炭素繊維5、環境・エンジニアリング11、ライフサイエンス4、他1となっています。

最近は、炭素繊維に続き、紙おむつに使われる不織布をインドネシアで生産拡大、また国内でユニクロと提携したことで話題を呼びました。

主な製品は炭素製品、水処理膜、衣料戦維。

 

【帝人】

繊維売上高3483億円、総売上高7457億円 営業利益124億円。平均年収679万円(41歳)

東レと並んで、合成繊維の大手原糸メーカーです。

繊維、フイルムで、構造改革を実施、大きく変貌しています。

炭素繊維では東レに次いで世界第2位を占め、現在は、医薬品、在宅医療で大きく進展しています。

連結事業は、高機能繊維・複合材料15、電子材料・化成品24、ヘルスケア19、製品32、他11となっています。

 

【クラレ】

繊維持売上高413億円 総売上高3694億円 営業利益492億円 平均年収679万円(41歳)

特に高機能素材に強い化学メーカーです。

水溶性樹脂ポバール、ガスパリア樹脂エバールは世界トップです。

米デュポン社の、ビニルアセテート事業を買収し、米国自動車向けや韓国等における補完は好調に推移しています。

連結事業は、樹脂34、化学品13、戦維11、トレーディング29、他13となっています。

 

合成繊維業界への就職・転職アドバイス

今、日本の合繊産業は、生き残るために、高機能繊維の開発が重要視されています。

その一つの例として、飛行機や自動車に使われています、炭素繊維です。これは、これまで、汎用繊維を中心とした衣料分野でも、高機能繊維が続々と誕生し、活用されています。

トップメーカーの東レなど好成績を残した要因ともなっています。そのため採用者は増員し、適性に合った人材確保を求めています。

しかし自ら活躍の場を求めた前向きな就職・転職でも、希望通りの仕事や会社に出会えるとは限りません。

そこで、現在の生活や、家族の将来を考慮し、どの辺なら妥協できるか、事前に考えておくのも必要でしょう。

この「妥協ライン」を明確にすることも就職・転職する際には大切な事と言えましょう。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です