業界研究 電力業界の動向・年収 大手企業を調査・比較

3125

電力については、これまで、規制を受け持つ経済産業省と、電力業界,機器を納入する重電メーカーとが、議論していればよかった時代が長く続いてきました。

しかし、スマートグリッドが語られ始めたころから、IT業界、家電業界、コンサルティング業界も加わり、より複雑化してきました。

そんな変化の中にあり、私たちのようなSEとも関係性の強い電力業界について纏めてみました。

 

電力業界の概要

1939年に、全国の発送電事業を一元的に管理する、日本発送電株式会社が誕生し、電力国家管理がスタートしました。

電力国家管理は、当初周波数の全国的統一、地域間送電連系の拡充など、高い理想を掲げてきました。

しかし、この国家管理は、日本電力業の発展にとって足かせとなったのは周知の通りです。結局12年続いた電力国家管理は、1951年に実施された電気事業再編成により、終止符を打つことになりました。

再編成は、北海道・東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州の、民間9電力会社が誕生し、9電力体制が確立しました。

そして1988年沖縄電力民営化により、10電力体制となり、この体制が現在も続けられています。

 

日本では、通常発電と送電・配電とが一体化しており、発電所と、送電網と言う巨大インフラ投資を伴う装置産業となっています。

送電を行う電力会社10社には、各地域で、独占的に、事業を行う権利が認められています。

こうした電力業界の環境を大きく変えたのが、東日本大震災福島原発事故と言えましょう。

 

原発代替の天燃ガスや、石油の燃料費が増大したことで、各電力会社は、安価な原料調達に動き出しました。

アメリカからの安価なシェールガスLNGなどの輸入です。

日本において原子力発電がスタートしたのは、1950年の事です。

しかし、現在その原発が福島の事故により、本格的な再稼働のメドは立っていないと言うのが現状です。

そうした実状は、電力各社の経営に重くのしかかっていることは否定できません。そして発送電の分離や地域独占体制の見直しを核とする、電力自由化の波も動き出すのは必至と見られています。

これが本格化すれば、他業界も絡んで、電力業界の地図も大きく塗り替わってくることでしょう。

 

今電力小売り10社の発電能力は、7400億KWhを持ち、独占的事業を続けてきた業界は、いわば一つの転換期に来たと言えましょう。

電力業界の平均年収を見ると、他業界と比べて幾分高く、650~800万円と言うところです。はたしてこの水準が保てるか否か不透明と言えましょう。

 

電力会社一覧

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

 

所要な電力会社

【東京電力】

売上高5兆9762億円 営業利益-2220億円 年間販売量2897億KWh 平均年収620万円(42歳)

東日本大震災福島第一原発事故による巨額賠償負担が経営を圧迫、大幅な赤字決算となりました。

また原子炉廃炉費用の負担が続く中、一時公的管理下に置かれるなど経営が危ぶまれるようになりました。

 

しかし、政府の出資と、値上げ攻勢で、ようやく落ち着きを取り戻しているのが現状です。原発全機廃止が続き、先行き不透明な経営状態が続きましたが、どうにか持ちこたえているようです。

経営再建へ向けリストラは続くことも予想されます。連結事業は、電機65、他5となっています。

14年4月に3年ぶりに、新卒入社330人を採用する傍ら、希望退職者を募っています。

 

【関西電力】

売上高2兆8591億円 営業利益-3140億円 年間販売量1418億KWh 平均年収783万円(41歳)となっています。

東京電力と並んで電力業界を引っ張る大手です。同社は、原発依存度が高く、その分今回の事故で、原発停止となり、経営への影響は大きいものがあります。アメリカからのLNG輸入に期待を賭けています。

注目すべきは、子会社の審電力を使い、首都圏で、電力の小売り事業に参入することでしょう。連結事業は、電機85、情報通信5他10となっています。

 

【中部電力】

売上高2兆6497億円 営業利益―145億円 年間販売量1266億KWh 平均年収801万円(41歳)

電力業界3位の大手企業です。最近は通信事業にも出資し、この経営難を乗り切る体制を取っています。

11年5月、国の要請で浜松原発を停止している影響が大きく、赤字幅を膨らませました。燃料高騰のため米国からのシェールガスの輸入を期しています。連結事業は、電機92、エネルギー2、他6となっています。

 

就職・転職へのアドバイス

電力業界の経営は、これまで順調に推移してきましたが、東日本大震災福島第一原発事故以降、各社赤字に転落し、採用状況に不安の影を落としてきました。がようやく、”アベノミクス“の影響もあり、好転の兆しが見え始めました。

電力業の業種は多岐に渡っています。その中で、転職希望者ならば、今現在持っている自分のスキルが生かされるのはどの職種なのか見極めなければならないでしょう。

一方新卒者の就職においては、自分の将来を見つめたビジョンを明確にすることが大切と思われます。

いずれにしても、福島事故の影響は、これからも続くと思われます。その中での就職・転職です。将来を見つめたビジョンが、他の職業以上に重要となってくるでしょう。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です