Google Analytics サイトリニューアル直後のアクセス数の増減について

3239

私が務める会社ではGoogle Analyticsを用いた自社ホームページのアクセス解析を行っています。

あまり社内SEが携わる領域でもないのですが(広報がSEOコンサルに依頼して勝手にやっていることが多いです)、少しでも存在価値をアピールするために関わらせてもらっています。

リストラに近い職種 社内SEである私の新しい活路として、アクセス分析のスキルを身に着けることにしました。

 

Google Analyticsって導入している会社は多いの?

Google Analyticsですが、そもそもどれくらいの企業が導入しているのでしょうか?

Googleに自社のアクセス情報を全てすっぱ抜かれるというリスクがあるため、導入を嫌がる企業も多いと思います。

気になって調べてみた結果、以下のような数値がありました。

  1. 調査期間 : 2013年7月~8月
  2. 調査対象 : 東証/札証/大証/福証/名証/ジャスダック/マザーズ に上場する3564社のコーポレートサイト
  3.  調査方法 : 独自プログラムを用いたWebサイトクローリングによるソースコード調査

 

結果:上場企業の64%がGoogle Analyticsを導入済み

 

こうしてみると、導入している企業はかなり増えていることが分かります。

導入していない企業もまだまだ多いですが、これからWEBで集客・販促をしようと考えている企業にとってはGoogle Analyticsの利用は避けられないでしょう。

なお、私が書くトピックについてですが、さすがに自社の具体的な数値を出すことはできないので、取組の事例に触れてみたり、このブログのアクセス結果などを用いて情報を発信していこうと思います。

 

サイトリニューアル直後のアクセス数の増減について

今回はサイトをリニューアルした前後のアクセス数の変化について考えてみました。
リニューアルと言っても色々ありまして、

  • ①サイトデザイン(テンプレート)を変えた
  • ②コンテンツを変えた(リライト)
  • ③他のサイトと統合した

①サイトデザイン(テンプレート)を変えた

個人的な経験ですが、サイトデザインを変えた場合は

(a)アクセス数が増える
(b)アクセス数が変わらない
(c)アクセス数が一時的に落ちていく

の3パターンがあると感じています。

恐らく、HTMLの構造が変わることで、Googleのアルゴリズムによる評価が変わるのではないでしょうか。

(a)アクセス数が増える

ファイルが軽い、若しくは内部リンクがしっかりしたテンプレートに変えた際に起きるように思います。

Googleは軽い、内部リンクがしっかりしておりリンクジュースがいきわたり易いテンプレートを評価するので、検索順位にも影響を与えると思います。

(b)アクセス数が変わらない

特に何にも引っかからなければアクセス数が変わらないように思います。大体がこのケースです。

(c)アクセス数が一時的に落ちていく

テンプレートの構造をガラっと変えた際によく起きるように思います。

まず、キーワードの順位が低下し、それに連動してアクセス数も減ります。

私は5回くらいこの現象を経験していますが、めげずにコンテンツを一定のスパンで投入し続けると復活します。

放置していても、どこかでアクセス数が戻ってくることが多いので黙って数か月様子を見るのも吉です。

 

②コンテンツを変えた(リライト)

サイトの構成はほとんど変えずに記事に加筆した場合です。

リライトして記事の品質を良くするとアクセス数が増えてくると良く言われます。

実際、ほとんどのケースではそうなることが多く、~3ヶ月くらい経つと大体効果が出てきます。

ただ、注意したいことは「単純に文字を足しても駄目」なことも多いという点です。

特に、競合の多いキーワードの場合は文章を水増ししてもアクセス数が増えないことがよくあります。

この場合は、質の良い情報(=他のサイトにない役に立つ情報)を書き続けることが必要です。

 

③他のサイトと統合した

複数サイトがある場合、他方のコンテンツを引越しし旧コンテンツからはリダイレクトする方式です。

単純に考えると、アクセス数はリダイレクト先 + 元サイトの総和になるような気がします。

…ただ、経験上なぜか両サイトの総和にならず、7分掛けくらいになることもありました。

リダイレクト元のアクセスはきちんと転送されているはずなのですが、なぜかアクセス数が減っていました。理由を探ろうとオーガニック検索からのアクセス、URL参照からのアクセスを調べてみましたが、どうにも理由が分かりませんでした。

 

ただ、心配は要りません。

しばらくはアクセス数がやや少ない期間が続きますが、1~2ヶ月程度経つとアクセス数が増えてきます。

私が担当していたサイトもその後はアクセスは順調に増加していきました。

リダイレクトするとページランクがいくらか減少するため、その影響からアクセス数が減っていたのかも知れませんが、今一つ理論的に説明できません。

理論通りにならないのがWEB力学の不思議ですね。

 

こんな感じで私が日々感じたGoogle Analyticsのことを書いていこうと思います。

私の書くことは自分のサイトと自社サイトの事例だけで、内容も素人レベルですので、より専門的な事柄は海外SEOの鈴木さんやSEO 検索エンジン最適化の 太陽さんなどプロの方のブログを参考にしていただければと思います^^;

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です