転職における社名非公開求人の実名特定方法 Google検索を利用

イーキャリアFAや転職はエン転職コンサルタント、天職×転職、その他諸々の転職サイトには様々な求人が掲載されています。

これらのサイトでは求人を出している企業名を公開していないことが多いですが、実は簡単に特定する方法があります。

 

Google検索で以外とすぐに判明します

転職サイトは利用者登録を行ったり、転職エージェントに合わなくても、ネット上で簡単に求人を検索できます。

ただ、登録なしで検索できるサイトは求人の一部しか公開していないことがほとんどです。

また、登録する際は担当者やエージェントと電話/面談しないといけないことが多いため、結局のところ本格的に転職活動を始める気がないと、あまり求人を見ることができません。

 

その中でも、

  • イーキャリアFA
  • 転職はエン転職コンサルタント

は担当者に合わなくてもネット上で大量の求人を見ることができるので大変おすすめです。

私も転職を意識し出した最初の頃は、リクナビNEXT、イーキャリアFA、転職はエン転職コンサルタントの3つのサイトを中心に情報を集めていました。

ただ、これらのサイトでは社名を伏せていることが多いです

社名が分かると、どのような企業が求人意欲が高いかも分かりますし、その気になれば個人応募もできるのですが…何とも歯がゆい話です。

 

匿名でも意外と分かってしまう

社名を公開していない会社ですが、実はGoogleなどの検索エンジンをうまく使うと、アッサリ分かることが多いです。

募集要項の下の欄に会社の概要文が書かれていることが多いのですが、これをワンセンテンスくらいコピーしてGoogleなどの検索エンジンを用いて検索します。

会社によっては、会社概要の文章をそのまま持ってきて募集要項に載せていることが多いので、これでサイトがHITしどこの会社かが判明します。

339_1

これで無理な場合は、所在地の都道府県、設立年度や特定のキーワード(例えば、事業領域や製品など)を組み合わせて、検索を繰り返せばいずれ会社のホームページにたどり着きます。

(例)大阪 ワイヤーハーネス 1950 電機

 

運が良いと会社のホームページ自体で募集をかけていることもあるので、そこから募集することも可能です。

もちろん、こんなことをしなくても、エージェントさんにコンタクトを取れば社名を教えてくれます。

ですので、「要綱を見て興味はあるがわざわざコンタクトを取るほどではない」という方にはお勧めの方法です。

転職活動を開始する前にこの方法で、

  • どのような企業が求人を出しているか
  • 自分が希望する勤務地ではどれくらい求人が出ているか
  • 求められるスキルのレベルはどの程度か
  • 年収はどれくらいが現実的か

を把握しておくと良いです。

この方法は、リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用するつもりでいる人にも有効な事柄です。

いきなり転職エージェントを利用するとキャリアドバイザーの言うことを鵜呑みにしてしまい乗せられた挙句、適当な会社に放り込まれることがあります。

自分で事前にしっかりと学習しておくことで、そういった事態を回避でき、本当に希望する企業に入社することができます。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です