転職ノウハウ 英語などの語学力はどれくらい評価されるか

語学力の市場価値は?

転職活動において英語などの語学力はどれくらい評価されるのでしょうか?

結論から言うと、かなり重要視されます。

 

「英語ができても実務ができなければ意味がない」

とよく言われることもあり、さも不要のように取られることもがありますが、やはり必要だと思います。

 

たとえ、国内顧客のみの会社であっても、プラントを海外に持っていたりすることは往々にしてありますし、今後そうなる可能性も考えられますので、やはり出来るにこしたことはありません。また、募集要件に書いていなくても、実はTOEIC○○点以下の者は落としている(私の内定先がそうでした)、というケースもあるので、語学ができるとやはり有利です。

 

外国語の習得に疎い日本人が、非ネイティブにも関わらず一定水準まで達するには、相当の努力が必要です。

そういった結果が出せる人であれば、通常業務でも同等の成果を上げ、貢献できると会社側は考えますので、採用上のアドバンテージとなります。

 

私の会社では、課長職昇格条件にTOEIC600点以上が必須となっています。 (海外と仕事をしない職場でも適用されています。)

これに引っ掛かり昇格できない40、50代が山のように存在します。

こうなってしまうと収入は頭打ち、リストラコースまっしぐらなので、自分の身を守る上でもやはり語学力はあった方が良い、と考えます。 これまでは昇格できなくても会社に残れましたが、今後はそうはいかないでしょう。

 

習得する言語はやはり英語ですね。次点で中国語、というところだと思います。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です