転職ノウハウ 転職先の費用負担について

何をどこまで会社は出してくれる?

転職が決まった際、相手先の会社ではどれくらい諸費用を持ってくれるのでしょうか。

「会社による」、というのが正直なところですが、私の場合は、健康診断の費用のみでした。

 

引っ越し費用、勤務地へ移動するための旅費は全く出ませんでした。 同時期の入社組には元々海外に勤務しており、戻ってこられた方がいましたが、負担はかなり大きかったと思います。

健康診断は自分で病院を探して受診し、入社後に費用請求するというものでした。

健康診断は大体先方から受診科目を指定されるので、お住まいの場所によっては遠くまでいかなければならないこともあります。

まあ、費用負担については、普通はこれくらいのものなので、過度に期待しない方が良いでしょう。 引っ越し代などが出る企業は、かなり優良だと思います。良い会社に入れたと喜んでよいと思います。

ちなみに、新卒時はいずれも費用が出ました。最初は実費で、後々請求するという形です。

 

新卒時、キヤノンの先輩は支度金50万がでたそうです。

寮が基本的にない会社なので、諸々含めての経費という感じですね。それを考慮しても、大変恵まれた企業だと思います。

 

基本は「何もなし」という考えが無難

以上のように、普通はゼロベースです。

当然出るものと思って打診したりすると、機嫌を損ねるので聞かない方が良いでしょう。ここを交渉するよりは、年収を交渉した方がよっぽど建設的です。

 

やはり、中途入社だと新卒時と比べてちょっと対応が落ちますね。大丈夫だとは思いますが、諸経費の貯蓄くらいはしておきましょう。

転居を伴う場合、転職先が社宅などを用意してくれるなら良いですが、ない場合はそちらの確保費用も自腹でかかりますので計画的にいきましょう。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です