社内SEの仕事 社内SEは会社によって仕事内容が異なる(アプリ編)

社内SE(アプリ系)の仕事内容

各社の募集要項を眺めていると分かりますが、社内SEと言っても色々なパターンがあります。今回はアプリケーション系から見てみようと思います。

細かく分けだすときりがないのですが、私は大きく以下の3つだと思っています。

 

1. 企画・取り纏め型

仕事内容が企画やPM業務を中心としたものです。

ユーザ部門に積極的にヒアリングし、自ら(若しくは業務部門に依頼し)企画書を仕上げ上層部を説得、予算が取れたらRFPを書いてベンダーに提出します。

プロジェクトが開始すると、管理業務なども自らこなし全体の取り纏めを行うため、かなりのプレッシャーとなります。場合によっては、設計・開発の現場にまで顔を出し、ユーザへのヒアリングの実施、ベンダーの設計レビューや要件を詰めたり、と色々な役割を担うことになります。

 

下手するとベンダーと同等、若しくはそれ以上に大変なので、楽を求める人には不向きです。

ただ、纏め役としての力が身についていきますし、業務や技術にも詳しくなります。加えて、社内外の人とのコネクションが築けますので、出世や転職先の候補拡大にも繋がってきます。

こういった人は万年不足しており、社内でも末永く重宝されるので、見返りは大きいです。

 

2. 運用・管理型

仕事内容が運用・管理を中心としたものです。

ユーザ部門の要望に対して特に積極的にヒアリングするでもなく、ベンダーに提案を持ってくるよう丸投げするパターンです。

要件定義から何から任せてしまい、ユーザテストあたりからやっと本格的に参画し、業務用件と適合しているか、使い勝手はどうかなどを見て、検収します。

カットオーバ後は運用をやりますが、システム的なところは丸投げという形です。あとは経費を利用部門に振り替えたり、契約更新時に手続きしたりするくらいです。

 

少し極端に書いていますが、これに近いことしかしていない人はかなりいます。

全く体力、精神的にきつくないため年をとっても働ける上、大きめの会社だとこれだけの労働で年収700万などもらえたりします。PM、設計、開発業務などをやっている人が発狂しそうな話ですが、古き良き日本社会には本当にこういった人が大勢いました。

個人的には、ある事柄のスペシャリストでも管理職でもないなら、50歳で年収500万貰えてれば良いのでは、と思うのですが甘い企業が意外と多いです。

もっと安くて何倍も働ける人なんてごまんといるのにもったいない話です。ただ、今日日は企業側も緩い人を養う余力もないので、今後は徐々に減ってくると思います。

 

3. 自社開発型

自分達でシステムを作り、運用してしまおうというパターンです。

予算に余裕のない企業はこれに該当することがあります。また、大企業でも小さな本部や事業本部では勝手にシステムを作ってしまうことがあります。

便利なIT屋さんは周りからかなり重宝されますが、そこで終わってしまうことが多いので個人的にはお勧めしません。所詮、世間的な格付けはプログラマーの域を出ません。開発に没頭せず、管理職になることを意識しておかないと、低賃金のまま良いように使われてしまいます(逆にこれで年収600万等もらっているなら大問題)。

 

開発・保守費用がかからない点が魅力的ですが、個人的にはほどほどが良いと感じます。

重要度の高いシステムは、やはり投資対効果を算出し、幹部を説得した上で、外部ベンダーに委託する方が賢いと思います。素人が作ったシステムは穴が空きやすいので、それにより個人情報や会社の機密情報を流出させてしまうと、洒落になりません。また、セキュリティ上の脆弱性が見つかってもスキル不足で塞げない、ということも起きかねません。社外公開サイトやBS/PLに影響するシステムは、やはり外注かパッケージが良いと思います。一方、ちょっとしたシステムなんかは自社スタッフで開発しても良いでしょう。

 

どのパターンが良いか

転職するときに、どれを選ぶのが良いのでしょうか?

これはその人のビジョンによると思いますので、答えはありません。自分のスタンスに最も合う、というものをお選びください。

敢えて言うなら、キャリアを積み上げていくなら、「企画・取り纏め型」、のんびりやりたいなら、「運用・管理型」、ベンダーでデスマに巻き込まれるのは嫌だけど開発はしたいという方は、「自社開発型」ですね。

 

面白いことに、同じ会社内でも上記が入り乱れているパターンがあります。そんな場合は、一通り経験しておくと幅が利いて良いですね。幸か不幸か私がこのパターンですが、色々と経験できて楽しませてもらっています。後は、器用貧乏にならないよう、各要素を深化させていこうと考えています。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です