社内SEの仕事 社内SEが持っておくと良いスキル(汎用型)

汎用型は幅が広い

(A)リーダー型
(B)汎用型
(C)専門スキル型

を挙げましたが、次は、(B)汎用型を見てみたいと思います。

 

これは、IT部門の力が低下してきているので、ある程度若くて総合力のある人を補充したい場合などにあります。(A)に比べるとPM的な要求は低めで、スキルが明示されていたります。

  1. 要件定義の経験
  2. コミュニケーションスキル
  3. SAPの基礎知識

といった具合に、(A)に比べると要求の度合いが低く、中~上流のSEでもトライ可能です。

要件の中に社内システムの使用言語(COBOL、JAVA、VB.netなど)が併記されている場合がありますが、あくまで環境を指しているだけであって、実際にプログラミングして下さい、というケースは少ないです。内容は理解出来て下さいというレベルで、入社後プログラミングが必要なら、その旨明記されている場合がほとんどです。プログラミングが好きな方なら、むしろWELCOMEだと思いますので、意図して狙ってみると良いでしょう。

 

個人的には、これが一番おいしいと思います。

というのも、バリバリの企画系は精神的にかなりきつく、専門スキル系はハードルが上がると共にその後も継続して勉強する必要に迫られますので、要求そこそこのこのパターンは、比較的マッタリノンビリできるという社内SEに最も近いパターンだと思います。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です