転職ノウハウ 転職時に入社できる会社の規模

一般的に転職すると会社の規模は小さくなる

個人的な見解もかなり含まれるのですが、転職をすると基本的に会社の規模はどんどん小さくなっていくと思っています。

能力があれば、小規模企業から大手企業に入社でき、人生大逆転!!

…というストーリーもありますが、多くはないケースだと思います。

 

このあたりは、年齢、立場、スキルに依存します。

30歳前後までは、高いスキルがあれば確かに一発逆転できる可能性が高いです。ただ、これ以上になるとスキルだけでは大企業に入りにくくなります。

そもそも、大企業は元々優秀なスキルを持った人が多いので、そこそこの人をわざわざ採る必要がありません。欲しいのは、自社にいない頭1つ飛びぬけた人材です。最近の傾向ですと、中堅年齢で事業立ち上げ経験のある人、プロジェクトマネジメント経験が豊富な人、などです。特に、30代以上になるとこの部分を問われることが多くなります。

 

よって、大企業に入るためには、

①若くして高度なスキル・経験を持つ人
 ⇒30代前半まで。初期投資(教育費用)がかからないという点で魅力的
②プロジェクトを企画・牽引している人
 ⇒30代前半から。会社戦略の中心に沿えて活躍させたい人物

が有利となってきます。
とは言え、特定年齢層が不足している場合などは、スキル・経験がいまいちでも採用されます。(私はまさにこのパターンだったので運が良かったです。)ただ、一般的に転職市場で評価を得るにはやはり上記程度の基準となります。

 

大手からランクダウンすることは比較的容易

大手以外でも欲しいのは上記のような人物像ですが、最有力候補は大手に取られてしまうため、多少ハードルを下げてきます。

不景気ゆえ買い手市場ではあるのですが、誰もが欲しがる人材はやはり良い条件で大手に入ってしまいます。こうなりますと、大手以外は「せめて自社より大きな会社で現役で頑張っている人なら採用しよう」、というくらいの考えになります。

よって、私のようなごくごく普通の人間が転職すると、基本的には会社の規模が小さくなっていきます。

 

私自身は、1回転職し、
 ・売上高:1/4
 ・従業員:1/6

程度の会社に移りました。次に転職活動をしても恐らく、従業員:500人、売上高:1000億程度のところに入れれば万々歳だと思っています。

とは言え、30代に突入してしまいましたし、その割には専門スキルがついていないので、実際は従業員:100人程のところに入れれば御の字かも知れません。現実的なところで、次転職できたとしたら日系の中堅企業。その次はもうベンチャーくらいしかないと思っています。

 

スキルアップは常に図っているつもりですが、現実こんなものでしょう。
何とか生きていくくらいなら人生何とでもなりますが、高みを目指すのはやはり大変なことだと思います。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です