資格所得ノウハウ 英語編:高校卒業レベルまでの底上げ方法

一定レベルまで基礎力を引き上げておくと効率が良い

私は英語は基本的にはゲームなどで楽しく勉強すれば良いと考えていますので、あまりアカデミックな方向に力を入れる必要はないと思っています。

しかし、任天堂DSの英語漬けの簡単なレベルでつまづく形であれば、少し過去を振り返って頂き、高校で学習した内容をおさらいすることも手かと思います。

 

具体的には、

  1. 文法を復習する。
  2. 文章に慣れ親しむ。
  3. 最低限の単語を覚える。

 

という形になります。

 

文法の学習

文法の参考書、薄めの問題集を1冊購入頂き(学校で配布されたものが残っていましたら、それで良いです) 時間を決めて、集中して反復します。

学校で配布されたものがイマイチな場合は、本屋に行き自分がしっくりくるものを選んで頂ければよく、何を購入してもそれほど差は生じません。期間が空くと直ぐに忘れてしまいますので、できるだけコンスタントに取り組むようにすると良いでしょう。と言っても、毎日やる必要は全くなく、週に2、3日、1日30分~1時間程度できれば十分です。

また、網羅的にやる必要はありません。基本問題など、代表的な部分に取り組めば十分です。

 

もう少し高みを目指した文法学習法

一通り終わり、やる気と余裕がありましたら、Next Stageを参考書代わりに手元に置き、 即ゼミ3を解く方法をお勧めします。これらはかなり良い書籍です。

ただし、最初は全く解けないと思います。やる意味があるのかと思うかも知れないが、分からなければ答を直ぐに見て紙に書く、再度解いてみる、をひたすら繰り返す形を取ります。苦痛で仕方ないと思いますが、結局これの繰り返しが一番合理的です。(なお、やるのは第1章~4章まで)

 

文法に関しては、基本的にこれ以外の本は買わなくて良いです。

さらに、学校で配られる参考書がしっかりしている場合は、Next Stageも不要となります。

(私は偏差値の低い高校に通っていたため教科書がビックリするくらい薄く使い物にならなかったため、わざわざ即ゼミ3とNext Stageを購入しました)

 

文章と単語の学習

文法をひたすらやった後は、英単語を覚え出します。

と言っても、単語帳を開いて丸暗記を試みても、恐らくすぐに忘れますし、いかにも勉強してる感が出ており、個人的には好きではありません。それこそ、社会人になってからやる方法としては効率が悪いです。

私がお勧めするものは、英語の文章を読み、話の内容を頭に入れながら文章中に出てくる英単語を自然に覚えていくという方法です。

 

受験生の間では定番ですが、以下の2つを揃えると良いです。

  1. 速読英単語 入門編 (Z会)
  2. 速読英単語 必修編 (Z会)

2冊もやる気が出ない方は、本屋でペラペラとめくってみて、2.が頑張れば理解できそうなら2.を、無理そうなら1.を買うのがよろしいかと思います。

 

面食らい投げ出したくなると思いますが、文法をきちんとやっていればある程度構文は読めるようにはなっているはずです。最初は、分からない部分を辞書で訳したりしながら(書き込んでも良いです) 1つの文章を理解するよう努めます。

 

一度内容を理解したら、通勤時の電車の中など暇な時に英文を何度も流し読みします。

これを繰り返しているだけで、出てくる英単語は大体覚えれるようになりますし、長文もある程度読めるようになってきます。これまた、最初は苦痛ではありますが、文法をきっちりやっていると意外と早い時期に楽になってきます。定期的に繰り返せていれば、少なくとも任天堂DSの英語漬けが全くお手上げになることはなくなると思います。

 

ポイントはやはり「反復する」ことです。

 

社会人になると忙しいですし、私は怠け癖がついていたため、なかなか実践が難しく幾度となくサボっていました。ただ、英語の勉強で培った繰り返しやるという習慣は後々色々な局面で役立ちますので、人生のポイントと捉え何とか頑張ることをお勧め致します。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です