資格所得ノウハウ 会計編:SE必須の会計知識を身につけましょう

基礎から学ぶ SEの会計知識

SEの方に個人的にお勧めの本をご紹介します。

割と以前から売られており、改定も繰り返されている良書です。ただ、そろそろ過去の本となりつつあるのか、在庫もすくなくなってきている模様です。

専門書ではなくビジネス本の類ですので、読みやすさが重視されており、少し会計が分かる程度の人なら十分に理解することができます。

特にSEだから、という内容ではなく、一般的な会計知識でありますので、SE以外の人にも効果的な書籍だと思います。

システムを作る際のお金の考え方が分かりやすく書かれており、普段どのような観点でシステムを導入し、運用していくべきかを会計の側面から理解できます。

 

工事進行基準のコラムがお勧め

最近のバージョンは、工事進行基準に対応している点も魅力的です。工事進行基準は人によってはほぼ関りがない場合もありますが、ITを仕事とする人はやはり知っておいた方が良いと思います。

 

進行基準を学ぶと、見通し予算を立て、先の収益・原価を予見するという考え方が身に付きます。

これは結果的に、自分たちが行う事業活動の採算性を数値的に把握し、実施・修正していくことにつながります。また、進行基準は、売掛や検収などの業務に応じて、作業高の取り崩しなどを行うため、関連業務と密接にかかわっています。

よって、進行基準に関わることで、業務全体の流れが把握できます。

 

私自身は、本書よりもっと高度なことをしていたので、少し物足りないのですが、しばらく別の業務を担当したりして、内容を忘れてきた場合は本書に立ち返っています。

同シリーズは幾つか出ていますので、併せて読んでみるのも良いでしょう。SAPのFI、CO、PJにも繋がっている知識ですので、社内SEではなく業務SEの方にもお勧めです。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です