資格所得ノウハウ 応用情報技術者試験(ソフトウェア開発技術者試験)

特にインセンティブはないが保険で取っておく

こちらも基本情報技術者試験と同様、キャリアアップの観点では必要ありません

ただ、これを取ると、次は高度情報試験(セキュリティ、ネットワーク、ITストラテジ)などの土台となる知識は身に付きますので、それらへのステップとしてとりあえず持っておくと良いでしょう。年齢が若ければ(20代前半)、持っていると社内で多少評価されるかも知れません。

また、IPAの陰謀か、癒着か知りませんが、やはり某大手電機メーカーの課長昇進要件にこれがあり、これを取る暇がないため、主任で人生を終える人がたくさんいます。あとはこれさえ持っていれば、という状態で足踏みをしている人を何名か見てきました。また、ITベンダーだとある程度の年齢でこれすら持っていないと肩叩きの対象になる、という噂を聞いたことがありますので、自己啓発の一環、という意気込みで取っておくと良いかもしれません。のんびりした企業で一生を終えれる人は基本的にIPAの資格は必要ありません。

取得する場合の勉強方法

市販の参考書、問題集をそれぞれ1つずつ購入し、解いておけば大丈夫です。一応、幅と深みが基本情報処理よりはあるので、問題集は2冊程度やっても良いかもしれません。問題を解いてみれば分かりますが、実務に即したような問題が多いので、SEを何年かやっていれば、後は参考書の知識を補填することで割と簡単に解けるようになります。

私はソフトウェア開発技術者の頃に取りましたが、応用情報になってから選択の幅が広がったので点が取りやすいのではないでしょうか。あまり勉強していなくても何度か受けていれば通ると思います。基本情報をすっ飛ばして、これを取ってしまう人も多いので、コンピュータに詳しい人や既にSEな人はそちらをお勧め致します。

これを取った後は、ご自身のジャンルに応じて高度情報を取っていくことになりますが、私は投資対効果が微妙だと思い止めてしまいました。最終的には、プロジェクトマネージャーあたりしか転職時には役に立たないと思っています。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です