社内SEの仕事 社内SEの1日のお仕事

社内SEって1日何をしているのか?

新卒向けの会社案内なんかによくある1日のタイムスケジュールを書いてみたいと思います。もちろん、会社によって社内SEの仕事は変わるのですが、私のような企画・運用系の社内SEのケースについて以下に示してみます。

 

私の1日

9:00~9:30 出社し勤怠処理を行い、メーラー・スケジューラーを立ち上げる。

9:30~10:00 業務部門やベンダーとの打ち合わせの調整を行う。

10:00~11:30 打ち合わせを行う。

11:30~12:00 システムがトラブっているのでベンダーに対策を依頼

12:00~13:00 お昼休み。きちんと食事を取る。

13:00~14:00 打ち合わせを行う。

14:00~15:00 ユーザからの依頼対応

15:00~16:00 議事録を作り展開する。

16:00~17:30 提案・管理資料の作成

17:30 定時退社

 

という感じで1日が終わります。打ち合わせが少ない日はひたすら提案資料の作成や、ユーザの要望を満たすための調査をしています。

はっきり言って楽です。「社内SEで時間リッチになる!」という触れ込みがありましたが、まさに時間には恵まれています(お金には見放されましたが)。何かの作業や電話対応に常に追われることは少なく、思考しながら提案を考えたり纏めたりする仕事が中心なので、緊迫感は低めです。ちょこちょこネットサーフィンをしたり、プレゼンテーション資料用の素材を探したりと、かなり余裕を持ったこともできています。それもこれも、社内SEは工数管理されていない故の特徴であり、ベンダーにいると工数管理が徹底しているので常にフル稼働、22:00以降の退社が普通なので、比較すると1日6時間以上の自由時間を得られることになります。

ただ、わたくし事ですが、現在は不景気で保守費用がかなり絞られているため、トラブった際などに手を打ちにくいケースが多いです。ベンダーと交渉したり、ユーザに我慢してもらったりと色々と調整しながら方法を模索していくのですが、双方から責められ常に頭を下げる立場ですので、気苦労はけっこう大きいです。システム費用を落とそうとするとベンダーさんに抵抗されますし、保守費用に見合ったサービスレベルに落とそうとするとユーザに難色を示されます。とはいえ、納期を詰められて徹夜を連発していた頃に比べると天と地の差があります。いわゆる瑕疵責任というものがひじょうに軽いです。

もちろん、会社によって仕事内容は変わるので一概には言えませんが(私は前の会社でも社内SEでしたが帰宅は大体終電。鬱病続出、休日出勤は基本、休みなしの連続勤務60日何てこともありました)、世に言う社内SEはこんなものです。ただ、管理職などになるとやはり22:00くらいが普通になりますし、休日出勤も当たり前です。

一般的なホワイトカラーの職種は、夜遅くまで仕事に追われることが普通だと思いますので、それに比べるといかに恵まれているのかが分かります。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

2 件のコメント

  • おお、早く帰れるのはイイですね!
    やっぱり自分の時間を少しは作らないと精神的にまいっちゃいますからね♪

    > 帰宅は大体終電。鬱病続出、休日出勤は基本
    これはホントに厳しい(´・ω・`)

  • >Tさん
    いつもコメントありがとうございます!
    はい、やはり余裕がない時期は本当に厳しい日々でした^^;
    すごく暇になるのも考え物ですが、やはりある程度自分の時間が取れないと人生駄目かなぁと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です