CATEGORY 社内SEの実態

社内SEの仕事・スキル

大手ITコンサル・SIerを辞めて社内SEになる人の実例

私は新卒からずっと社内SEをやっています。その間、2回転職をしていますが、いずれも社内SE職で会社を変えてきました。私のようなケースはけっこう珍しく、転職して社内SEになる人は大体がITコンサルかSIer出身の人がほとんどです。中には大手から転職してくる人も多いのですが、今回はその事例と理由を書いてみたいと思います。

社内SEの仕事・スキル

社内SEとユーザのITリテラシー 日系はおんぶだっこ・外資系は複雑なシステムでも運用可

社内SEは業務効率を向上させるためにビジネス部門が使いやすいシステムを構築する必要があります。この「使いやすい」というものが結構曲者で、日系企業の場合はかなり手厚いものを準備しないとすぐに不満が爆発します。一方の外資系はITリテラシーが高い社員が多いこともあって、複雑な操作を要求するものでもスっと使ってくれることが多いです。

社内SEとサーバー管理

社内SEとサーバー管理(初歩的な運用管理)

サーバー管理というと、テクニカルなものを想起しますが、今回はもっと低次元のお話です。IT統制が効いていない、若しくは低い会社や部署ではシステムを搭載している業務サーバーの管理がけっこうずさんなことが多いです。これらは普通に運用している分には意外と問題を生じさせないことが多いのですが、サーバ移行の際にものすごく困ります。

社内SEの仕事・スキル

社内SEの仕事 社内SEとコミュニケーション能力

社内SEの仕事のほとんどは調整事です。システムトラブルの場合のベンダーとユーザ部門間の調整、スケジュール管理、ユーザの御用聞き、ベンダーとの折衝、そこにテクニカルな要素は意外と少なく、人との付き合いがメインです。それでは、明るく積極的で人に好かれやすいタイプほど有利かと言うとそうとは限りません。

社内SEのキャリア構築

社内SEの仕事 社内SEのモデル年収はどれくらい?

基本は、在籍している企業の給与体系に従うのですが、それでも役割に応じて大まかな基準があるように思います。ポイントとしては、やはり他職種に比べて提示年収がやや低く、買いたたかれているように感じることです。良く見かけるのは、400万円という数値ですね。その割には、応募条件が厳しいことも多く、割に合わない現実が垣間見れます。

社内SEのキャリア構築

社内SEの仕事 社内SEの転職に繋がる社外とのコネの作り方

このご時世、定年まで働ける企業は今後どんどんなくなっていくのではないかと思います。いつクビになってもおかしくないと肝に銘じておくのが正しい考え方だと思います。会社が傾く可能性はいくらでもある。となりますと、自社からリリースされてしまった際に行き先を確保できるか、というところが課題になってきます。

社内SEとシステム品質管理

社内SEの仕事 社内SEと品質管理技術(システム稼動後の対応方法)

品質を確保する2つ目のポイントは、システム構築後(運用時)です。どちらかと言うと、不手際の事後処理に近いニュアンスです。システム構築時に手を抜くと、運用開始後にトラブルが多発することがあります。こうなると、不備の調査やシステム改修に費用がかかってしまい、結局お金がかかってしまいます。

社内SEとシステム品質管理

社内SEの仕事 社内SEと品質管理技術(システム構築時の対応方法)

「品質」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。どちらかと言うと、車や家電製品などの物の良さ、使いやすさ、が直ぐに出てくると思いますが、システムに関しても本概念はあります。ニュアンスも大体似ています。例えば、システム不良(バグ)が少なくユーザの要望通りに機能することを品質が良いと言います。製品の質という意味ではこれが最も直観的です。

社内SEとシステム品質管理

社内SEの仕事 工数の見積り技術について

見積りについては、基本的にはベンダーが提示してくるものなので、社内SEが精通する必要はありません。例えば、積み上げ法、ファンクションポイント法、COCOMO、などの工数算出方法は理解していなくても良く、「どういう概念で算出されているか」、程度が分かっていれば良いです。社内SEがチェックするものは、作業項目の妥当性です。