転職エージェントのタイプ分けと大手企業の紹介され易さ

1257

転職活動も続いておりますが、そろそろ色々な案件を頂くようになってきました。

案件をくれるエージェントさんのタイプもまちまちですが、大きく2つに分けられるように感じます。

  • ヒアリング結果を基にフィードバックをくれるタイプ
  • 求人票を送りつけ直ぐに応募を勧めるタイプ

この2つです。それぞれタイプ別に感想を書いてみます。

 

ヒアリング結果を基にフィードバックをくれるタイプ

こちらのスキルの棚卸を中心に行ってくれ、応募を促さない感じです。現状で2社のみこのパターンでした。

ヒアリングが細やかな会社さんが多くありがたいのですが、基本的には中規模(数十~数百人くらいの)会社さんのみを勧められることが多いです。間違っても誰もが知っている大手を勧められることはありません。話をしてみたまあこの人ならここが妥当だろう、みたいなところを選んでくれている印象ですね。

こちらとしては、よく見てくれているんだなぁと思いつつも、やはり限界はこのラインか、と感じることが多いです。贅沢言ってはいけませんが、超大手ピンポイント狙いで内定を取ってきた経験が邪魔をして、少し尻込みしてしまいます。

エージェントさんによっては、伸びそうな会社を選び、理由をきちんと添えてくれることが多く、こういった配慮には頭が下がります。ただ、普通にブラック企業も混ざっていたりするので、けっこう注意してみています。

ただ、中にはチャレンジングな案件を中心に勧めてくれるエージェント会社さんもあるので、やはり色々と登録して探していくのが肝心です。

 

求人票を送りつけ直ぐに応募を勧めるタイプ

8割くらいがこちらです。

希望などを伝えると手持ちの中から合いそうなものを選び、どれに応募しますか? 見たいな感じで進める流れです。もう少し、スキルの棚卸をしたい、など応募を渋るとそこそこ嫌そうな態度を取られます。

まあ、正直そんなものだとは分かっているのですが、ベルトコンベア式みたいで私個人は結構不信感を持ちます。

ざっくりヒアリングの会社さんは、大中規模ごちゃまぜで推薦してくれる傾向があります。1回電話して、恐らく条件のみで検索抽出した求人票を10個くらいドサっと送ってくるイメージです。

希望通り、といえばその通りですが、これくらいのサポートなら自分でやった方が早いので微妙です。言うなれば、数撃てば当たるか? みたいな感じもしなくもありません。推薦してくれるの

「ここは可能性ありますかね~?」みたいな質問をすると「いや~、正直ほぼ無理かも」みたいな返事をされたりします。一瞬、ずっこけましたが選ぶ段階であまりフィルタしていないでしょうし、それもそうかとは感じます。ということで、この手の会社さんはあまり当てにしないことにしました。

 

職歴5年では大手は紹介されにくい

全体的な傾向としては、社会人経験5年程度では大手案件はほとんど紹介されない、といったところでしょうか。貰える求人票に混じっていることは多々ありますが、基本的にはプッシュはしてきません。

多分、大手企業で必要な人員のレンジが35歳前後なのでしょう。社会人経験10~15年くらいでバリバリやっている人を探しているイメージです。

逆に、小さめの会社さんはポテンシャルで取ってくれる傾向があります。特に私のような理工系の仕事は要求のハードルが異様に低いこともあります。欲を言うと大手か、小さくても成長性があり年収の良い会社に行きたいので、何とか潜り込めるよう粘りたいところです。

ちなみに、エージェントに紹介された求人は普通に企業のホームページで募集していることが結構あります。紹介後は履歴書の横流ししかしてくれないようなエージェントの場合は、自分で申し込もうかなと思っています。以前もそれで内定を取っていますし、意外と有効かもしれません。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です