大阪の人気勤務地ランキング 私は難波か梅田が好きです

1270_1

転職するに当たって勤務地は結構大きなポイントです。

私はできれば大阪・兵庫、それ以外でも自宅から1時間半以内で通える場所に絞って活動をしています。

ただ、「良いなぁ」と感じる案件は大体遠いことが多く、条件が良い案件でもこれがネックで受けない、というケースがままあります。エージェントさんにも勤務地の条件は伝えてありますが、結構ずれたところを推薦されることもあります。

 

大阪の人気勤務地ランキング

大阪で働くならどこが良いのでしょう?

参考までに、2chに書かれていた、大阪の勤務地ランキングを書いてみました。

 

S—中之島【西日本の中枢】

関西電力本社、朝日新聞大阪、三井物産(支)、東レ大阪本社、レンゴー、
ダイドードリンコ、博報堂(支)、味の素、住金物産、カネカ、旭化成(堂島から移転予定)


A—淀屋橋【西日本の公的機関・住友財閥の集積地】

日本銀行大阪支店、大阪市役所、武田薬品ほか製薬業界主要企業、
住友財閥系企業多数(通称:住友村)、日本生命、三菱東京UFJ銀行大阪営業部、みずほコーポレート銀行大阪営業部
大阪ガス、関西ペイント本社、日本触媒、阪和興業


B—北浜【東京兜町とともに日本証券界の枢要をなす】

大阪証券取引所、日本郵政グループ大阪ビル、カプコン、大林組、大正銀行本店
岩井証券、荒川化学工業、大塚化学ホールディングス、コニシ、ナカバヤシ
—肥後橋(江戸堀・土佐堀界隈)
大同生命、東洋ゴム工業、キンチョー、三菱重工(支)、近畿ろうきん
アズワン、石原産業、キリングループ(支)
—-堂島
NTT村、東洋紡績、サントリー、電通(支)、西日本高速道路、JFEグループ、野村総合研究所(支) 、エディオン
—-本町【大阪のビジネス街】
竹中工務店、丸紅(支)、伊藤忠、日本ハム、清水建設(支)、ユニチカ
りそな、帝人(堺筋本町だが) 信金中金(支)、農林中央金庫(支)、IBM、錢高組、赤ちゃん本舗
岩谷産業、長瀬産業、三共生興、倉敷紡績、マイカル、淀川製鋼所


C—梅田【大阪の二大繁華街】

毎日新聞大阪本社、阪急百貨店、阪神百貨店、ヤンマー、毎日放送、阪急電鉄、ダイキン、ピアス
ダイワハウス、積水ハウス、東芝(支)、日東電工、アストラゼネカ、バイエル薬品(新大阪から移転予定)
グンゼ、ドコモ関西、オリックス、NTTデータ関西、鴻池組、CCC大阪本社、ニッセイ同和損保 池田銀行大阪梅田営業部
日本合成化学、クラレ、三菱商事(支)、ダイセル化学工業、JR西日本、カメヤマ(ローソク)
ダイハツディーゼル、日本ペイント、キヤノンマーケティングジャパン(支)


D—心斎橋【西の心斎橋、東の銀座】

大丸、そごう、関西アーバン銀行本店、豊田通商(支)、エア・ウォーター、
稲畑産業、栗本鐵工所、ジェイテクト、井澤金属(長堀橋だが)、富士火災(長堀橋だが)


—-新大阪【西日本一のベンチャータウン】
リクルート新大阪ビル、ライフコーポレーション、沢井製薬
—-福島
大阪トヨタ自動車、イカリソース、朝日放送
—-阿波座
山善


E—西中島南方

日清食品、キーエンス
—-難波【大阪の二大繁華街】
高島屋、南海電鉄、クボタ、ピクセラ、泉陽興業、ニコニコのり
—-天満橋
大阪府庁、京阪電鉄、トランスコスモス、象印マホービン

F—千里中央
—-京橋
日本経済新聞大阪本社、テレビ大阪本社、読売テレビ、パナソニックグループ、住友生命
東京海上日動(支)、鹿島建設(支)、富士通(支)、NEC(支)、KDDI(支)、近畿大阪銀行本店
—-南港
ミズノ、日立造船

G—天王寺【第2のミナミ】
近鉄百貨店、奥村組
—-上本町近鉄
—-堺 シマノ 堺化学工業
—-岸和田泉州銀行本店

私が好きな勤務地

1270_2

私は繁華街が好きなので、難波か梅田が良いですね。

淀屋橋や中ノ島は綺麗ですが、あんまり楽しい場所がないので微妙かなと思っています。ゲーム好きなので、電気街のある難波はかなり有難いんですが、ここはそんなに企業さんはありません。有名所はクボタさんでしょうか。オタロードも近いし、あれは本当に良い立地です。

「繁華街なんか人だらけで嫌だろう?」

と言われそうですが、東京のそれに比べると10倍はマシです。東京の繁華街は正直目がクラクラするくらいでしたが、大阪はなんやかんやで人の密度が小さいのでそれほど辛くありません。

 

勤務地に拘ると転職は不利か?

転職の求人には勤務地が書かれていますが、その大部分は東京です。よって、東京以外で働きたい人は求人数で不利になります。よって、拘らない場合の方が、何かと有利かと思います。

また、求人票の勤務地はあくまで「初期の勤務地」であり、その後の異動は普通に発生します。「転勤できません」、と条件を1つつけるだけで採用確率はガツンと落ちます。そもそも、転勤は業務命令であり拒否できないのでご注意を。

日本企業の多くは一定周期ごとに転勤させる会社も多いです。しかし、参勤交代かの如く転勤を申し渡す国は日本くらいのものらしいですね。国土の広いアメリカでさえ、業務命令で頻繁に転勤させるようなことはないと聞きます。

ただ、「転勤なし」と明記されている求人も多いのでその場合は問題ないと思います(事情はその後変わることもありますが)。enやイーキャリア、天職×転職などは転勤がない案件は「転勤なし」マークが求人票についているので参考になります。

 

強制的な転勤のない環境で働く方が良いと個人的には思います

あくまで個人的な意見ですが、転勤のない環境で働く方が良いと思います。もちろん、「転勤したい」、と自分で申請した上で異動することは問題ありません。

家族や持ち家があると、生活や管理の面でとてもつらくなります。私も一時期関東で働いていましたが、家の用事で頻繁に大阪に帰っていました。ハッキリいってかなり大変でした。金銭面でも肉体面でもかなり消耗が激しかったです。

経験を重視してのことだと思いますが、社員をわざわざ転勤させるメリットは昔ほどないんじゃないかなぁ、と思います。それこそ、今日日はグローバル化なので、じゃあ世界中を転勤させるんですか?、と聞きたくなります。日本内だけを無為に転勤させることの意図は何なのでしょうか。固定で良いじゃないですか。

 

今回の転職でも勤務地には徹底して拘ります

ということで、私は今回も勤務地の条件は譲る気がありません。期間付きの転勤や長期出張は良いですけどね。

先日、エージェントから転居しなければならない案件を勧められので、丁重にお断りしたところ、かなりムキになられ、

「勤務地に拘っていたらどこも決まりませんよ?」

と怒った感じで言われました。

私はそもそも1回目の転職は勤務地を考慮して行って今に至っているので、ここでハイと言ってしまうと根底から崩れます。一応は納得してもらいましたが、先方は不満そうでした。気持ちは分からんでもないですけどね。

 

さらに、現在実家をリフォームしてそれを継ぐことになっているので、ここで転勤したらかなり事情がややこしくなります。多少の収入不足は副業で補う気でいるので、長期的な生活のし易さを重視した転職を目指していきたいところです。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です