スキルチェンジ案件への応募

1362_2

色々と情報収集も終わり、そろそろ何かに応募することにしました。

いきなり本命を攻めても良いのですが、筆記試験や面接の勘を取り戻す必要があるため、初回は少し変わった案件に募集してみました。

 

自社プロダクトの開発エンジニアに応募!

  • 【内容】:自社プロダクト(ソフトウェア製品)の開発
  • 【要件】:C、C++言語での開発経験

私はこれまで業務系アプリケーションしかやっていないので、キャリアを鑑みると、

「はぁ? なんでそうなるんだよ?」

という感じの案件ですね。

実際、私もそう思いますが、ちょっと面白そうなので応募してみました。

まあ、決して自発的なものではなく、エージェントさんに勧められたのがきっかけですが。

「合いそうに思ったので、ご推薦してみました。待遇もそんなに悪くないですよ?」

小さめの会社さん(100名以下のベンチャーレベル)ですが、その割には財務基盤もしっかりしており確かに良さそうです。

ただ、直近のスキルと異なるので年収はそれほど出なさそう、と言いますか少なそうです。更には、実力主義で年俸制のため、残業代がつきません。

 

天秤にかけると、明らかに応募するメリットがない気もしますが、初手の肩慣らしとしてはとても良い気もしました。

と言っても、やはり面倒くさかったので、

「とりあえず、本当に私のスキルで良いのか先方に確認してください。それでも良い、というなら考えてみます」

と回答しました。

まあ、これで話が流れるだろう。と思っていたら…

 

先方が異様に乗り気になってしまいました

数日後…

「話をしたら先方が大分乗り気になり、会いたいと言われています」

あれ、何か想定と大分違うですね…

 

となるとどうにも断れないし、何だか面白そうなので受けてみることにしました。

内容は筆記をすっ飛ばしていきなり面接です。

しかも、下手すると幹部クラス(社長とか)が出てくるそうです。

普通はラインの課長か部長だと思うのですが、一次面接でここまでやるとは… ベンチャーレベルの企業ならではの特質なのでしょう。

どちらかと言うと、筆記やラインレベルの面接に慣れたかったので、ちょっと意図と異なりますが、

…まあ良いでしょう。

 

なお、普通に転職活動をしていたら、こんな形式の選考はほぼないです。ほぼ全てが新卒の時と同様の、もっとお堅い選考になります。

 

気軽に面接日程組んでみました

 1362

面接は本当なら体調を整えた上で、年休等を使って挑むのですが…

  • 前々々日:飲み会^^v
  • 前々日 :飲み会^^b
  • 前日  :飲み会^^ノ
  • 当日  :直前までお仕事

お前!!! やる気あんのかぁ!!!!

いや~、やっぱ飲みニケーションは大事ですからね、出世の秘訣ですからね(秋までには辞めるつもりの会社ですが)

良い子のみんなはマネしちゃダメですよ☆

ということで、面接の日程をエージェント経由で設定し、本番に挑むことにしました。

久しぶりの面接ですが… さてさて、どうなるでしょうか?

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です