社内SEの仕事 社内SEからITベンダーに戻るという選択

社内SEからITベンダーに戻るパターン

珍しいですが、たまに発生するパターンです。

転職者に共通しているケースは、社内SEレベルでの仕事では飽き足らず(若しくはスキルがつかないので将来に不安を感じ)、ベンダーサイドで力を発揮したい、というものが多いです。

 

社内SEは会社が継続して存在してくれないと、高齢になってから放り出されると転職先に苦労します。社内SEでも、バリバリの技術よりか、企画やPM業務をやっている人なら道はありますが、温いポジションだと傾いた際にきついです。高齢で予算管理くらいしかやっていないという人や、スキルや業務知識に汎用性が無い人はどこも欲しがりません。

 

ITベンダーに戻った例として、私が知っているパターンで以下のようなものがありました。

  • 東芝 ⇒ SAP
  • 日立製作所 ⇒ 日立システムズ(旧日立情報システムズ)
  • 三菱重工 ⇒ クレスコイーソリューションズ

 

世間的には大企業であっても、意外と辞めてますね。

転職者はいずれも20代後半~30代半ばの方でした。これくらいなら、ある程度のスキルを持っていれば、ベンダーサイドにも移れるということです。

 

ベンダーと社内SEの力量差

ベンダーと社内SEでは育つ速度が全く異なり、高齢になるほどスキルに天と地程の差ができ兼ねないので、たとえ転職できたとしても入社後に肩身の狭い思いをします。

これは、親会社のIT部門からシステム子会社などに出向した場合も同一で、システム子会社プロパーとの力量差に愕然とします。早く慣れるように頑張りましょう。

 

社内SEは人気で数は少ないのですが、このようにおいしそうな椅子でも何らかの理由でアッサリ手放してしまう人がいるので、とにかく気長に求人情報を見ていくと良いと思います。意外とおいしい案件がポンと出てきたりします。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です