社内SEの仕事 工数の見積り技術について

やり方程度は理解しておくと良い

見積りについては、基本的にはベンダーが提示してくるものなので、社内SEが精通する必要はありません。

例えば、積み上げ法、ファンクションポイント法、COCOMO、などの工数算出方法は理解していなくても良く、「どういう概念で算出されているか」、程度が分かっていれば良いです。

 

社内SEがチェックするものは、出てきた作業項目の妥当性です。

作業項目の特定の工数が異常に大きい場合や、必要性が感じられない項目などがある場合にベンダー側に指摘を行います。特に管理工数を多めに積んでくる傾向があるので、小さなプロジェクトの場合は当該作業を簡素化することで、低減する方法がよく見られます。

 

とは言え、無理やり工数を減らすと品質が低下するため、さじ加減が重要です。

工数が厳しくなると、レビューやテストが簡素化されがちですが、仕様不良や残存バグが増える傾向があるので要注意です。大きくケチをつけなくても良いので、「出てきたものを鵜呑みにするのではなく、しっかり確認し見積りの妥当性を吟味する」くらいの気概で良いかと思います。

 

仮に、ご自身がベンダーサイドに立つ機会がありそうなら、この限りではありません。

中~上流工程の仕事の中心は、「見積もること」と「管理すること」です。

関連書籍も大量に売られていますので、時間をかけて勉強することをお勧めします(ただ、見積もり系の本はあまり役に立ちそうなものは少ないです。やはり、経験則に依るところが大きいですね)。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です