社内SEの仕事 社内SEと品質管理技術(システム稼動後の対応方法)

カットオーバ後の品質確保

品質を確保する2つ目のポイントは、システム構築後(運用時)です。

どちらかと言うと、不手際の事後処理に近いニュアンスです。

 

システム構築時に手を抜くと、運用開始後にトラブルが多発することがあります。

こうなると、不備の調査やシステム改修に費用がかかってしまい、結局お金がかかってしまいます。

一般的に、前工程の不良を後工程で修正した場合は、数倍以上のコストがかかります。いわんや、カットオーバ後のシステム修正には多大な量力を要します。品質の悪いシステムはユーザに利用されなくなるため、結局は無駄な投資に終わってしまうこととなります。

開発・保守を請け負うベンダーにとっては、継続して案件が手に入るため必ずしも悪い話ではないのですが、社内SEの立場ではこういった事象を低減していくことがキーポイントとなります。

 

進め方としては、現状の課題をリスト化し、重要度に応じた対応優先度を付けます。

手持ちの保守枠を用いて、クリティカルな問題から片付けていきます。

 

ポイントは捨てる部分を見つけることです。

優先度の低いものは、次のリプレースで修正する。運用でカバーするなど柔軟な方策を考え、ユーザに提案します。利用頻度の少ないシステム、機能は停止するなどの方法も考えられます。

 

とにかく、手持ちのリソースを考慮し、効率のよい選択肢を取ることがポイントです。

こういったところで知恵を絞ることが腕の見せどころであり、結果的にシステム費用の低減等にも繋がります。大変泥臭い仕事ですが、こういった火消しのような作業を率先してできる人が社内SEに向いています。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です