資格所得ノウハウ 英語は楽に身につけよう

気軽に時間をかけて習得

私の基本的な学習スタンスは、「英語は片手間に楽して身につけよう」というものです。

毎日決まった時間、学習書を読んだり、英会話に行ったり、という形はとらず、ダラダラと時間をかけて少しずつ取り組んでいきます。

いわゆる王道なやり方や、すぐに上達するノウハウは、幾らでも有名なサイトがありますので、そちらをご参考いただいた方がよろしいかと思います。

 

私は元々勉強が苦手なので、きっちり決まった学習を続けることができませんでした。

こと英語に関しては、中学校時代は赤点ギリギリでしたし、アルファベットが覚えられず放課後に居残りさせられていたくらいでした。

現在も、TOEICのスコアは人並み程度にありますが、「レストラン」や「火曜日」の綴りが書けなかったり、初歩的な文法を普通に間違えています。いかにきちんと勉強していないかが分かります。

 

自分の趣味に英語を絡めて学ぶ

何とも情けない状態ですが、最低限の英語の読解力と意思疎通能力はあります。

ビジネスには通用しませんが、恐らくは生活を営めるレベルには達していると思います。むしろ、体系立てたアカデミックな内容ではなく、そういった一般生活で必要とされる英語の習得に力を注いだからです。

 

その方法ですが、私がやった基本的なことは以下の3点です。

  • 家に居るときは洋画のDVDを流しっぱなしにする
  • 電車内で任天堂DSの英語漬けをする
  • TOEIC試験前だけ公式問題集を解く

 

英会話教室に通うことも、留学することもせず、これだけで、TOEICのスコアが550点から850点に上がりました。

 

その代り、上記3点をダラダラと2年程度続けました。全く何もしなかった期間も間にかなりあります。

このような方法をとった理由は、単純に私が映画とゲームが好きなだけでした。

自分の好きな物の中で英語を絡めれそうなものを選び行う。これが、最も負担なく英語を身につける方法です。

 

ビジネスマンにとって英語は必須ではありますが、磨くべき本質は業務スキルなので、英語は所詮それをサポートする手段の1つに過ぎません。多くの労力を注ぐことなく効率よく勉強し、必要最低限のものを、自然と身につける方法をお勧めいたします。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です