資格所得ノウハウ 英語編:洋画を飽きるほど繰り返し見る

気軽に時間をかけて習得

洋画視聴は英語を身につけるのに最適な方法です。

具体的には、TUTAYAなどに行き、自分の好きな洋画を借りてきて、それをひたすら流します。

最初は、英語音声・日本語字幕で良いです。どのシーンで何がどんな内容を言っているか、覚えるくらい繰り返し見ます。

 

続いて、英語音声・英語字幕に変更します。

最初は全く意味が分からないと思いますが、英語音声を聞きながら英語字幕を目で追います。ある程度の語彙力があれば、何度か見ていると音声と字幕の対応が少しずつ取れてくるようになります。ただ、基本的には長期間を要するので、力を入れすぎずに軽い気持ちで続けて下さい。

 

個人的に検証した洋画

前述の通り、ご自身の好きなもので結構なのですが、話題作やSFが好きだった私が見たものの中から、幾つか感想を述べておきます。

 

お勧めできるもの

スパイダーマン…主人公の口調がゆっくりで聞き取りやすいです。

ナイトミュージアム…聞き取りやすく、全体を通じて爆音などもないため良いです。

エバン・オールマイティ…話も分かりやすく、静かな雰囲気でとても聞き取りやすいのでお勧めです。

シックスセンス…落ち着いた雰囲気で聞き取りやすいです。ただ、時々効果音が怖いです。

トランスフォーマー…シャイア・ラブーフの声が聞き取りやすい。ただ、少し爆音が多いです。

 

微妙だったもの

ロードオブザリング…聞き取りやすいですが、単語がやや専門的

ハリーポッター…Part1.2は聞き取りやすいですが、全体的にBGMや叫び声がやかましく耳障りです。

スターウォーズ…早口かつ専門用語が多い。さらに、爆音が多く耳障りです。

グーニーズ…子役が多いので聞き取りやすいと期待したのですが、イマイチでした。

ダイ・ハード…聞き取りやすいのですが、爆音が多いです。

 

以上は一例ですが、お好きなものを時間をかけて視聴いただければと思います。

長期間が続けても全く頭に入ってこない場合は、文法・語彙力が不足している可能性がありますので、別コラムでご紹介する方法で補填下さい。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です