年会費無料でポイントがどんどん貯まる高還元率カードをお探しなら、オリコカード THE POINTは有力な選択肢になること間違いなし!

クレジットカードとしての優れた性能から、価格.comの2018年度下期の人気ランキングでNo.1に輝きました。現在でもコスパを重視する多くの方に人気の定番カードとなっています。

今回はオリコカード THE POINTの持つ数々の魅力に迫ります。

ポイントをしっかり貯めていろいろな特典にしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ポイント還元率・コスパを重視するなら!オリコカード THE POINTは見逃せない

クレジットカードを選ぶならやっぱりポイントが貯まりやすいものを!と考える方にとって必見のカードの1つが、オリコカード THE POINTです。カードの機能から、ポイントが貯まりやすい仕組みになっているのです。

オリコカード THE POINTの概要

まずはカードの概要について見てみましょう。

年会費 永年無料
家族カード なし
ポイント還元率 1.0%~
国際ブランド Mastercard、JCB
ETCカード 年会費無料
海外旅行傷害保険 なし
国内旅行傷害保険 なし
申し込み資格 満18歳以上で電話連絡が取れる方(高校生は対象外)

年会費は完全無料

オリコカード THE POINTの年会費は無料となっています。他のクレジットカードによくあるような、利用金額〇〇円以上、利用回数〇〇回以上、といった制限は一切ありません。

つまり年間に1回も利用しなくても、年会費無料で手元に置いておけるクレジットカードということです。

それに加えて、ETCカードも無料で入手できます。高速道路をスイスイ通過するのに欠かせないETCカードですが、他社のクレジットカードでは、発行手数料や年会費が発生することも。

オリコカード THE POINTなら本人の年会費に加え、ETCカード関連の余計なコストも一切かかりません。もちろんETCカード利用分の請求はオリコカード THE POINTに来ますので、請求がバラバラになって面倒なことになることもありません。

ポイント還元率は常に1.0%以上!

オリコカード・THE POINTが多くの支持を集めている大きな理由がこちら。いつ・どこで・どのような利用をしても、必ず1.0%以上のポイント還元をしてもらえます。

このような還元特典があるクレジットカードは、実はそれほど多くありません。クレジットカードの平均的な還元率は0.5%ですし、1%以上をアピールしているカードのなかには、利用店が限られていたり、年間利用額など条件が儲けられたりするものも珍しくありません。

一般ランクより1つ上のゴールドカードなら1.0%の還元率は珍しくありませんが、年会費が10,000円~30,000円ほどかかります。毎月の出費に換算すると、およそ1,000円~2,500円ほどかかり、せっかくポイントがやや多めに貯まったとしても、年会費で相殺されてしまうかもしれません。

年会費が完全に無料&ポイント還元が常に1.0%という条件を満たす、数少ないクレジットカードの1つがオリコカード・THE POINTというわけです。

さらに入会後6か月間はポイント還元率が2.0%以上!

オリコカード THE POINTのさらに優れた機能として、入会後は通常の2倍の2.0%の還元率となることも挙げられます。

国内のクレジットカードで、利用店舗に関係なく2.0%以上の還元というカードはほぼありません。期間限定とはいえ、半年間も続くのはお得だと感じる方も多いのではないでしょうか。

もし国内外の旅行・ブライダルなど、まとまった費用の支払いを予定しているのなら、この期間の還元率アップを見逃す手はありません。入会してから半年以内にオリコカードで支払うことにより、2%という国内クレジットカード屈指の高還元率で大量ポイントを獲得できます。

例えば二人で20万円の海外旅行を企画すれば、その2%分の4,000円がポイントとして戻ってくることになります。

要注意ポイント!ポイント還元率アップには上限がある
ただし、この特典の要注意点として、上限が設定されていることが挙げられます。ポイントアップで得られるのは、5,000ポイントまでという上限があるのです。

5,000ポイントをオーバーした分については、通常どおり1.0%の還元率となってしまいます。よって、上限をあまり超えないように工夫して利用したいところです。

例えば50万円分カードで決済したケースでは、通常1%=5,000ポイントに加え、特典1%=5,000ポイントで、合計10,000ポイントを獲得できます。50万円を超えた分は、還元率1.0%になる計算です。

このため半年間2.0%にアップの特典を必要最小限で活用するなら、6か月間の決済金額を50万円以内にすることもおすすめです1カ月あたりに換算すると約83,000円となります。

電子マネーではiDとQUICPayの2種類が使える

キャッシュレスへと向かう社会が話題になっている現在、クレジットカードも含めて、現金以外の決済手段には注目が集まっています。

オリコカード THE POINTには、電子マネーとしてiDとQUICPayの2種類が搭載されています。ダブル搭載しているのはクレジットカードでは比較的珍しいケースで、通常は1種類だけ、電子マネー機能がまったくないカードも珍しくありません。

両者ともチャージ不要で、後払い方式の決済手段ですが、iDはNTTドコモ、QUICPayはJCBが開発という背景から、使えるお店には違いがあります。

よってiDもQUICPayも利用できるオリコカード THE POINTなら、これ1枚でキャッシュレス決済ができる場所が多いということです。

iPhoneをかざして決済!Apple Payの利用もできる

Apple Payとは、iPhoneを利用したキャッシュレス決済のこと。クレジットカードをあらかじめ登録しておき、iPhoneをかざして決済する仕組みです。

後払い方式のため、nanacoやPASMOなどとは違い、あらかじめチャージしておく必要がないのも便利なポイント。

一度登録しておけば、Apple Payを利用する限りは、クレジットカードを持ち歩く必要がなくなります。もちろんクレジットカードとしての機能はそのままのため、Apple Payに登録してもオリコポイントの還元率などは変わりません。

Apple Payにオリコカード THE POINTを登録すると、QUICPayに対応しているお店で使えます。以下のように数多くの有名店で利用でき、便利なことは間違いないでしょう。

QUICPayの対応店

お店のジャンル 代表店
コンビニエンスストア セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ
スーパーマーケット イオングループ、イトーヨーカドー、イズミ、イズミヤ、アピタ、
ガソリンスタンド ENEOS、昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラル
ドラッグストア コクミン、ツルハドラッグ、スギ薬局、ウエルシア、キリン堂、
家電・パソコン ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップ、コジマ、エディオン
飲食店 マクドナルド、ロッテリア、バーミヤン、ロイヤルホスト、吉野家、タリーズコーヒー、リンガーハット

 

オリコポイントのお得な貯め方・活用方法

オリコカード THE POINTは、やや極端な言い方をすると、徹底的にオリコポイントを貯めて活用するためのクレジットカードです。そのため、ポイントが貯まる仕組みをうまく利用していくことが大切。

また、クレジットカードを選ぶときにポイント還元率を重視する人は多いですが、使い道までしっかり考えている人は意外と多くありません。しかしポイントは貯まればいいのではなく、自分に合った用途で使えるかどうか、そのときに損をしないかという視点も大切です。

オリコポイントにどのような使い道があるのかをしっかり把握することで、自分に合っているかを判断する材料の1つになりますよ。オリコポイントをもっと効率的に貯めるためのコツも併せておさえておきましょう。

ネットショッピングならオリコモールは必須!

オリコポイントをどんどん貯めていくなら、オリコモールはぜひとも活用したいサイトです。オリコカードが運営するポイントモールで、このサイトを経由してネットショッピングをするともらえるオリコポイントが通常よりも増えます。

例えばAmazonは普通にオリコカードで購入するともらえるポイントは1%ですが、オリコモールを経由してAmazonを利用すれば、1.5%になります。オリコモールを経由するだけでお得になるので、オリコカード利用者には見逃せませんね。

オリコモールに掲載されている有名なサイト
オリコモールでは以下のような有名なサイトも数多く掲載されています。

お店のジャンル 代表店
総合ネット通販・カタログ通販 Amazon、楽天市場、LOHACO、ベルメゾンネット、セシールオンライン
トラベル じゃらんnet、楽天トラベル、Yahoo!トラベル、一休.com、エクスペディア
家電・PC ビックカメラ.com、Joshinネットショッピング、ヤマダ電機 WEB.COM、ノジマオンライン、Apple公式サイト
美容・健康 DHCオンラインショップ、世田谷自然食品公式オンラインショップ、ドクターシーラボ、オルビス、ファンケル、サントリーウェルネスオンライン

この他にも、対象となるショップは多数あります。ネットショッピングをしようと思ったら、オリコモールにあるかチェックしてみましょう。

オリコポイントのおすすめの交換先

オリコポイントは、多種多様なポイント・ギフト券と交換できます。500P=500円相当から交換できるものもあり、貯まったオリコポイントはこまめに換えていくのもおすすめです。

オリコポイントの交換先としておすすめのところを、以下の表でご紹介します。

交換先 交換レート
Amazonギフト券 500円分=500P

2,000円分=2,000P

nanacoポイント 1,000円分=1,000P
楽天スーパーポイント 1000P=1,000P
Tポイント 1000P=1,000P
dポイント 1000P=1,000P
ファミリーマートお買い物券 500円分=500P
すかいらーくグループご優待券 5,000円分=5,00P
LINEギフトコード 500P

上記の例は、有名なポイントであること、ポイントが利用できる場所が多いこと、ポイント交換の条件が不利ではないことを基準に選びました。

ネット通販をよく利用する方なら、Amazonギフト券や楽天スーパーポイントは魅力的な交換先でしょう。あらゆるショップでの通販に利用できるポイントで、等価交換が可能です。

また、Amazonギフト券・LINEギフトコード・Tポイントなどはリアルタイム交換が可能です。特典が届くまで待つ必要がなく、すぐに使えるようになるため便利ですね。

 

オリコカード THE POINTの審査基準・落ちやすい人の特徴

オリコカード THE POINTに魅力を感じて申し込んでみたい…でも審査に通るのか心配…という方も多いでしょう。

オリコカードに限らず、クレジットカードの審査基準の詳細は明らかにされていないことがほとんど。しかしネットの投稿内容を見ると、ある程度推測できることがあります。

この章では、オリコカード THE POINTの審査の難易度、審査にパスするために工夫できることについて解説します。

入会資格

18歳以上で、電話連絡を取れる方となっています。未成年でも申込み可能ですが、高校生は対象外です。

クレジットカードの申込み資格はいくつかのパターンがありますが、オリコカードTHE POINTは、そのうち最もハードルが低いパターンです。

オリコカード THE POINTの審査基準は難しくない

入会資格を見てわかるとおり、年齢以外の条件はほとんどないに等しいです。18歳以上であれば、学生の方でも申し込めるクレジットカードです。

クレジットカードの申し込み基準としては、もっとも簡単な部類に入るので、年収や棋院族年数などを問われる可能性は低いです。総じて、オリコカード THE POINTの審査基準はそれほど難しくないことが伺えます。

審査に落ちてしまう人の特徴

審査に通るのが比較的簡単な傾向にあるとはいえ、もちろんすべての方が入手できるわけではありません。審査にパスできない方の主な傾向として、以下の3点が挙げられます。

  • 他社のクレジット・ローンサービスで返済事故を起こしてしまった
  • 多重申込みと判定されてしまった
  • キャッシング枠が認可される限度額を超えてしまった

では1つ1つ解説します。

他社サービスでの返済事故
どんなに審査が厳しくないクレジットカードでも、返済事故を起こしてしまった場合は話が別です。期日までに返済できない、信用のない人とみなされ、審査にパスすることはありません。

他社なら問題ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、クレジットカードやローンの返済状況は、信用情報機関に登録されています。金融会社は必要があれば、他社も含めたその人の返済状況を参照することができるので、誤魔かせません。

多重申込み
多重申込みとは、短期間でクレジットカードを複数作ることで、クレジットカード会社からの印象はあまりよくありません。申込みについても返済状況と同じく、信用情報機関に記録が残ります。

多重申込みとみなされないためには、6カ月以内の申込み枚数を2枚までにしておきましょう。

キャッシング枠
総量規制の関係で、キャッシング枠は年収の1/3までと決まっています。複数のクレジットカードのキャッシング枠やカードローンなどを合わせて1/3までなので、他社との合計が超えると問題になります。

キャッシングの枠が承認されないことで、クレジットカード自体の審査にも落ちてしまうことに。審査にパスしたいなら、キャッシング希望枠は0円にすることもおすすめです。

 

オリコカード THE POINTの入手方法・流れ・審査について

こちらのクレジットカードを入手するための申し込み方法、手続きの流れなどについて解説します。

オンラインで申込み

オリコカード THE POINTの申込みには、オンライン申込みと郵送申込みの2種類があります。

早くカードを手にしたい場合におすすめなのがオンライン申込み。申込みフォームに必要事項を記入・送信すれば、最短8日でカードを入手できます。ただし未成年・学生の方は郵送申込みとなるため、注意しましょう。

オンラインで申し込む場合のおおまかな流れは以下のとおりです。

  1. 会員規約などに同意し、申し込みフォームの必要事項を記入
  2. オリコカードで入力情報などをもとに審査を実施
  3. 審査結果がメールで届く
  4. 審査に通ればカードが発行される
  5. カードを受け取る

郵送で申し込む場合、申込用紙を返送することになりますが、その時に本人確認書類のコピーも同封する必要があります。運転免許証のコピーがもっとも便利ですが、ない場合はパスポート・マイナンバーカードなどで代用しましょう。

審査結果が出るまで待つ

情報を入力・送信したら、オリコカード側で審査が行われます。結果はメールで届くので、しばらく待ちましょう。審査は個人ごとに違いがあるため、何日以内に結果が来るとは断定できません。

口コミを見ると1~2日ほどで来た方もいれば、1週間ほどかかった方もいるようです。

カードが郵送される

審査を無事にパスすれば、カード発行に移ります。オリコカードから、カード発送の連絡が来ますので、引き続きメールはチェックしておきましょう。

カードは本人限定受取郵便で届くため、受け取るためには身分証明書の提示が必須です。家族などに代理で受け取ってもらうことはできませんので、必ず自分で受け取りましょう。

申し込みからカードが届くまでの日数の目安は?

オンライン申込みの場合、最短8日で届きます。審査などがスムーズに進めば、1週間と少しで手元に届くことになります。

ただし確実に8日で届くというわけではなく、2~3週間ほどかかることもあります。オリコカード THE POINTで購入したいものがある場合、期限に間に合うように十分早めに申し込むことがおすすめです。

 

オリコカード THE POINTの評判・口コミをチェック

実際にカードを保有しているユーザーがどのように評価しているのか、見てみましょう。

カードの使い勝手について

クレジットカードとしての機能については、やはりポイントの貯まりやすさにひかれて入会した方が多いようです。Amazonなど、通販での利用で活用している方も多いです。

中には、キャッシュレス決済で積極的に活用する方も。クレジットカードを紐づけておけば、スマホだけで簡単にスピード決済ができるので便利ですね。

審査について

審査に関しては、すんなり通ったという感想が数多く見られます。数十秒・数分で通った方もいるようで、幅広い方にカードを発行していることが伺えます。

その一方で、審査に落ちてしまった方もいます。審査に通りやすいといっても誰でもパスするわけではないことに注意しておきましょう。

見た目がブラックカードみたい

 

カードの券面デザインがブラックカードのようで、カッコいいという意見もありました。
オリコカード・ザ・ポイントは、黒を基調とした、余計な絵や文字が入っていない落ち着いたデザイン。

いかにもクレジットカードというようなデザインが嫌な方にもおすすめです。

 

他のオリコカードとの比較

オリコカードには、THE POINT以外にもいろいろなラインナップがあります。

どのような特徴があるか、代表的なカードをピックアップして解説します。

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

THE POINTから1ランク上の、ゴールドカードがこちら。さらにポイントが貯まりやすい特典があるうえに、最高2,000万円の海外旅行傷害保険や、最高100万円のショッピング保険が付帯します。

年会費もかかりますが、1,805円(税別)と、ゴールドカードにしては格安といえます。

他社のゴールドカードにはインビテーション(招待状)が必要な場合がありますが、こちらのカードではインビテーション不要で、申込みして審査にパスすれば手に入れることができます。

年会費が少しかかってもいいから、保険など付帯サービスをさらに充実させたいという方におすすめです。

オリコカード THE PLATINUM

THE POINTシリーズとは別のラインナップですが、オリコカードの中でもっとも最上級のランクです。2016年10月から始まった比較的新しいカードで、PREMIUM GOLDと同様に、インビテーションなしで申し込めます。

こちらのカードの主な特典は以下のとおりです。

  • 誕生月での利用はポイント還元率が2.0%
  • 24時間・365日利用できるコンシェルジュサービス
  • 国内主要空港のラウンジを無料利用可能
  • 手荷物宅配サービス
  • 厳選されたレストランでの食事が1名分無料
  • 最高1億円の旅行傷害保険や個人賠償責任保険

プラチナムの名にふさわしく、旅行・グルメ関連の特典が充実していることがわかります。年会費は20,000円(税別)と、プラチナカードの中では安いほうです。上記の特典をよく利用して、年会費のもとが取れそうなら、選ぶ価値があるでしょう。

 

オリコカード THE POINTで注意すべきデメリット・対策方法とは

年会費無料かつポイント高還元率で人気のあるオリコカード THE POINTですが、いくつか気を付けておくべきデメリットは存在します。

完全無欠のクレジットカードは存在しないため、メリットに加えてデメリットについても知っておくことで、自分に合うカードがどうかを判別できます。

なおデメリットについては、対策できることもありますので、併せて解説します。

旅行保険が付帯していない

クレジットカードというと、海外旅行や国内旅行の傷害保険の付帯を重視する方もいるのではないでしょうか。しかしオリコカード THE POINTには旅行傷害保険は一切付帯されていません。

ショッピングで大きなメリットのあるカードである分、旅行保険まではカバーできないということかもしれません。年会費無料ということも、ある程度影響していると考えられます。

この点については、ゴールド・プラチナムなどオリコカードのさらに上級のカードか、旅行保険の付帯している他社のクレジットカードを別に持って備えることがおすすめです。

他社のカードでのおすすめを2つご紹介します。

JCB CARD W
JCBが発行するプロパーカードですが、オリコカード THE POINTと特徴が比較的似ている1枚です。年会費無料で、ポイント還元率が常に1.0%以上と、通常のJCBカードの2倍の還元率を誇ります。

海外旅行傷害保険に関しても最大3,000万円まで付帯されているので、格安カードでありながら安心感もあります。

ただし入会できるのは18歳~39歳に限られています。39歳以下の方なら、検討してみる価値はあるでしょう。

なおJCB CARD Wの条件となる年齢はあくまでも入会時のみ。カードを保有した後に40歳以上になっても、そのままカードを使い続けられるので安心ですね。

エポスカード
エポスカードとは、ファッションビルで知られているマルイが発行しているカードです。年会費無料で、マルイでの買い物がお得になる特典が付いています。

「あまりマルイには行かないから」と感じる方も多いでしょう。しかし、マルイではあまり買い物しない方でも検討に値するのが、エポスカードの強みです。全国10,000店以上で優待特典を受けられるため、利用用途はマルイだけにとどまりません。

海外旅行傷害保険についても、最高500万円までが付帯となります。しかも自動付帯のため、ホテルや航空券などを他のカードで決済していても適用されます。

特定のショップではより還元率の高いカードもある

オリコカード THE POINTは高還元率であるものの、すべてのショップでいつでも最高の高還元率というわけではないことに注意が必要です。特定のショップを利用することが多い方なら、そのショップに特化したクレジットカードのほうが良いかもしれません。

楽天カード
オンラインショッピングは良く利用するけど、大部分は楽天市場という方なら、楽天カードがイチオシです。楽天カードで支払うだけでポイント還元率がプラス2倍になり、3倍になります。

楽天市場は、SPU(スーパーポイントアッププログラム)という制度が特色。楽天カードをはじめ、楽天関連のサービスを利用することで、獲得ポイントがどんどん増えていく仕組みです。

ネットショッピングはひたすら楽天!という方なら、楽天カードがおすすめです。

Yahoo!JAPANカード
Yahoo!JAPANがサービス提供しているカードで、ヤフーカード・ワイジェイカードなどと呼ばれることもあります。こちらのカードで付与されるのはTポイントです。

Yahoo関連サービスのヘビーユーザーであれば、このカードへの入会がおすすめ。特にYahoo!ショッピングとLOHACOでの利用については、付与されるTポイントがいつでも3倍になるためお得です。

また、ショッピングの補償対象には、中古品も含まれるため、ヤフオクでの中古品購入のリスクに備えたい方には心強いでしょう。

 

オリコカード THE POINTのまとめ

年会費無料でポイントが貯まる、オリコカード THE POINTの魅力について解説してきました。クレジットカードで貯まるポイントに魅力を感じる方なら、見逃せない1枚となるのではないでしょうか。

ポイントが貯まりやすいだけでなく、他社の色々なポイントに等価交換できるのも大きなメリット。自分がよく使うポイントに交換することで、普段のショッピングがお得になります。

ネット通販でもポイントが比較的貯まりやすいですが、利用するサイトが偏っていない方におすすめです。楽天・Amazon・Yahooなど、特定のサイトのヘビーユーザーであれば、そちらに特化したクレジットカードを検討するのも良いでしょう。