【初心者向け】ビットコインの歴史やメリット・デメリットを簡単解説

仮想通貨の代表格とも言えるビットコイン。すべての仮想通貨の中でも最も広く名前が知り渡ったこともあって、使えるお店がインターネット・実店舗を問わず徐々に増えてきています。

その影響もあって価格も上昇を続けており、2017年の年始には1BTC=12万円前後に過ぎなかった価格は、2017年年末1BTC=160万円にまで上昇。わずか1年で価格が13倍以上になるという、圧倒的な成長を見せつけました。このような急激な価格の高騰を見れば、「ビットコインは儲かる投機の対象である」という印象を持つのは当たり前のことです。

しかし、ビットコインの本質は投機や投資の対象ではなく、あくまでも通貨、つまり決済手段としての能力です。通貨としての能力が極めて優秀であるために多くの人が魅力を感じ、ビットコインを買うようになったので、結果として価格が上がったに過ぎません。

ビットコインがどのような点が通貨として優秀なのかを理解すれば、その価値をさらに深く理解できますし、ビットコイン以外の仮想通貨の中から魅力的なものを探し出すのもより簡単になります。

今回の記事ではビットコインがなぜ通貨として優秀なのかはもちろん、抱えている欠点についても余さず説明いたします。「ビットコインは知ってるけれど、どこが凄いのかよくわからない……」という方必見の内容となっていますので、ぜひご一読下さい。

ビットコインは「仮想通貨の中でも最も有名なもの」である

ビットコインは仮想通貨の一つです。ビットコインと仮想通貨を全く同じものだと捉えている方も少なからずいらっしゃるようですが、それは間違いです。仮想通貨という大きなくくりがあり、その中でも最も有名なのがビットコイン、という関係です。ちなみに、ビットコイン以外の仮想通貨は、まとめて「アルトコイン」といいます。

では仮想通貨とは何なのかといいますと、

仮想通貨不正流出事件ランキング

  1. インターネットを通じて不特定多数との取引に使用できる
  2. 公的な発行機関・管理者が存在しない
  3. 法定通貨(円やUSドルなど)、もしくは法定通貨建てでない
  4. 電子的に移転できる

という、4つの条件を通貨のことです。逆に言えば、これらのうち3つの条件を満たしても、1つを満たしていなければそれは仮想通貨とはいえません。

まず、仮想通貨と混同されることが多い電子マネーですが、これは3の条件を満たしていない(電子マネーは通常法定通貨建てです)ので、仮想通貨ではありません。

次に、企業などが発行するポイントですが、これは1の条件を満たしていないので、やはり仮想通貨ではありません。例えば楽天ポイントは楽天やその提携サービスでしか使えず、不特定多数との取引に利用できるとはいえません。

 

一方、ビットコインは上記の4つの条件をすべて満たしていますので、仮想通貨です。

なお、「仮想通貨は発行主体や管理人がいない」というイメージをお持ちの方も少なくないかと思いますが、これは正しくありません。発行主体や管理人がいても、それが私人や私企業ならば仮想通貨です。

たとえばリップル(XRP)はリップルラボ社が発行・管理していますが、リップルラボ社は私企業であり公的な機関ではないので、仮想通貨の条件は満たしています。

 

ビットコインは誰が作ったの?

ビットコインはナカモトサトシという人物が発表した論文を元に、世界中の開発者が協力して作った仮想通貨です。

ナカモトサトシという名前はペンネームである可能性が高く、その人の国籍、性別、年齢などは一切不明です。

当初の開発陣はこれがのちに大きな価値を持つとは思っていなかったようで、初めてのビットコイン取引はエンジニアが1万BTCでピザ2枚を注文する、と言うものでした。仮にピザ2枚で3000円だとすれば交換レートは1万BTC=3000円、つまり1BTC=0.3円で、現在のレートの約500万分の1ということになります。

 

ビットコインは法定通貨と比べてどこが優れているの?

最初は上記のような超低レートで交換されたビットコインですが、その性能の優秀さから次第に信頼を勝ち取り、その価格を上げていきます。

ビットコインの優秀な点は上げればキリがありませんが、特に大きいのは以下の4点です。

  1. 世界共通の通貨である
  2. 海外送金が安くて早い
  3. 中央管理者がいない
  4. ブロックチェーンを採用している

 

世界共通の通貨である

現存する法定通貨は、どれも原則として一部の国や地域でしか使えません。

最も普及しているUSドルですら、使えない国や地域のほうが遥かに多いです。日本で決済時にUSドルを出したらおそらく断られるでしょう。

しかし、ビットコインは世界共通の通貨なので、国や地域を気にすることはありません。もし普及すれば、北米でも、アジアでも、欧州でも、アフリカでも、全く同じように使用できます。

そうなれば海外旅行・出張時にいちいち換金する必要はなくなります。開発当時はもちろんビットコインは普及していませんでしたが、普及した時のメリットの大きさは間違いなく期待されていました。

 

海外送金が安くて早い

通常、国際送金を行う際には複数の金融機関を通さなければならないため、送金するお金とは別に手数料も支払わなければなりません。比較的マイナーな国への送金だと、送金するお金が1万円なのに送金手数料が3000円もかかる、と言ったような自体もしばしば発生します。また、複数の金融機関を通すため、時間もかかります。

一方、ビットコインは直接送金なので手数料は安く、おまけに送金も極めて早いです。理論上は10分での送金が可能です。

 

中央管理者がいない

ビットコインには中央銀行や国、あるいは銀行のような管理主体がありません。管理主体がいないと聞くと不安に思われるかもしれませんが、管理主体がいないことによるメリットは実は大きいのです。

例えば銀行の場合、取引データは中央集権的なシステムで管理されています。この仕組みはハッキングに弱く、取引データを偽造される可能性があります。システムの管理料もかかり、それが利用者の手数料に転化されるため、サービスの利用にもお金がかかります。

一方、ビットコインの取引データは世界中のコンピュータに分散保存されています。分散されているため、その一部を改ざんすると、正しいデータとの間に齟齬が生まれるため、直ぐにバレます。かといって過半数を改ざんするのは非常に難しく、手間も時間もかかるのでやる意味がないので、取引データは極めて健全に保たれます。

 

ブロックチェーンを採用している

ビットコインの取引データは、ブロックチェーンという形式で分散保存されています。ブロックチェーンとは、個別の取引を複数格納した箱(ブロック)を時系列順に一方向に繋いでいった鎖(チェーン)のようなものです。

ビットコインの場合は10分に1回新規ブロックを作成し、直前に作られたブロックに接続するという作業を延々と繰り返します。

この接続作業をマイニングといい、マイニングは全世界のマイナーによって行われています。マイニングを成功させた人には報酬(新規発行分のビットコイン)が支払われるため、時間とお金を掛けてでもマイニングに励む人はたくさんいます。

ブロックチェーンは全世界に公開されており、誰でもその内容を見られます。どのアドレスからどのアドレスに送られたかは外からまるわかりです。ただし、そのアドレスが誰のものなのかは本人以外にはわからないので、匿名性は保たれます。

ブロックチェーンのあるブロックを改ざんすると、それよりも新しいブロックの内容が変わってしまうので、改ざんがバレてしまいます。ブロックをバレずに改ざんするためには、それ以降のブロックも合わせてすべて改ざんしなければなりませんが、それは(ほぼ)不可能です。

 

なぜビットコインは仮想通貨の中でも最も時価総額が高いの?

これについては明確な答えはありませんが、かなり早い段階で作られたから、というのが最も大きいかと思います。

早い段階で作られたので早いうちに有名になって時価総額が高まり、有名になったことで利用できる機会が増えてさらに時価総額が高まる、というスパイラルに入ったわけです。

ただし、最近は全仮想通貨の時価総額に占めるビットコインの割合は徐々に低下してきています。ビットコイン自体が値上がりして上昇の余地が以前と比べれば少なくなったこともありますが、それ以上に有望アルトコインの成長の影響のほうが大きいです。

 

ビットコインの抱えている問題点は?

上記のように優れた性能を持つビットコインですが、一方で問題点がないわけではありません。代表的な問題点は以下の2つです。

 

ブロックサイズが小さい

ビットコインのブロックチェーンのブロックのサイズは、上限が1MBと決められています。ビットコインの取引が活発でなかった以前はこれでも十分だったのですが、取引が活発になるにつれてこのブロックサイズの小ささが問題視されるようになりました。ブロックサイズが小さいと取引に時間がかかり、ビットコインの利点である「送金時間が短い」という点が失われてしまいます。

これを解決するためにブロックサイズを拡大したり、取引データを圧縮したりという工夫が行われていますが、根本的な解決にはまだ時間がかかりそうです。

 

マネーロンダリング・犯罪に使われる可能性がある

ビットコインは匿名性が高い仮想通貨であるため、マネーロンダリングや違法薬物・児童ポルノなどの販売に使われる可能性があります。

これはビットコインに限らず仮想通貨全般が抱えている問題とも言えるのですが、仮にこれらが問題視された場合、各国政府が仮想通貨そのものに対する圧力を強める懸念があります。

 

まとめ

  • ビットコインは仮想通貨を代表する存在
  • ビットコインは世界共通の通貨で、海外送金に便利
  • ブロックチェーンによって取引の安全性が保たれる
  • 一方でブロックサイズの小ささ、犯罪との相性の良さなど、懸念点も

ビットコインは当初より仮想通貨を牽引し続けてきた仮想通貨の王様です。

今後もしばらくはその地が揺らぐことはないでしょう。ビットコインが今後どこまで成長を続けるのか、今後も要注目ですね。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です