昨今のニュースで大きく取り沙汰されている仮想通貨。仮想通貨は値動きの激しさが大きな特徴ですが、中には大きな利益を得ている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな仮想通貨ですが、株式投資や投資信託等の他の融資商品と比較すると、まだまだ法律の整備が進んでいません。

もちろん、仮想通貨の税金に関しても同様です。2017年12月1日に国税庁の個人課税課より、「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」という情報が公開されましたが、仮想通貨の収益や損益を計算する場合、前提として取引明細が必要になってくるんですよね…。

では、この取引明細はどうやって入手するのでしょうか?

この記事で解説する内容

  • 代表的な仮想通貨取引所について
  • 各取引所の取引明細の取り扱いと入手方法
  • 取引明細の項目
  • 仮想通貨の利益算出式
  • 雑所得か事業所得か

「取引明細の入手方法が知りたい」「仮想通貨の税金計算で困っている」という方にとって役立つ情報をピックアップしていますので、よろしければ参考になさってください。

代表的な仮想通貨取引所の特徴と取引明細の入手方法

まずは、代表的な仮想通貨取引所の簡単な特徴と、取引明細の入手方法をご説明していきますね。

「税金の計算のために取引明細を手に入れたい」という場合は、利用している取引所の項目をチェックしてみてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは、東京都港区に本社を構える「株式会社bitFlyer」が運営している仮想通貨の取引所です。

取扱い銘柄は、「ビットコイン」「ビットコインキャッシュ」「イーサリアム」「ライトコイン」「イーサリアムクラシック」「モナコイン」「リスク」の7種類です。

専用の取引アプリも提供されており、初心者でも非常に使いやすい取引所ですね。

注意点として、スプレッド(※購入側と売却側の差額のこと)が非常に広いので、売却と購入を繰り返すと損益が広がりやすいです。頻繁な売買には少し注意しておきましょう。

取引明細の対応

ビットフライヤーの取引明細は、下記のような手順で確認することができます。

  1. パソコンで公式ホームページからログイン後、画面左メニュー上から7番目のお取引レポートをクリック
  2. 必要に応じて、「すべての取引」「仮想通貨のお取引」「入出金」「残高履歴」などを選択
  3. ダウンロードする場合、画面右上緑色のボタンをクリックすればダウンロードメニューが開く

ビットフライヤーの取引明細確認手順は、このように手続きを行います。ちなみに、BitcoinFXでの取引は、「Lightningの全履歴」から明細をダウンロードすることができます。

 

Zaif(ザイフ)

剛力彩芽さんがCMに出演している仮想通貨取引所の「Zaif(ザイフ)」は、手数料の安さで人気の取引所です。

運営会社は大阪府大阪市に本社を置く「テックビューロ株式会社」です。ザイフの大きな特徴として、「取引板」で全ての仮想通貨を売買できる点があります。

取引板とは、市場の動きに合わせて、売買価格が即時反映される取引場所のことです。他社の仮想通貨販売所はスプレッドが非常に広いため、手数料がかさんでしまうという懸念があります。

対して、ザイフの取引板であれば、非常に安い手数料で売買することができます。ザイフの取り扱い銘柄は、「ビットコイン」「イーサリアム」「ネム」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」「その他トークン」の6種類ですね。

取引明細の対応

ザイフの取引明細は、下記のような手順で確認することができます。

  1. パソコンでザイフのホームページからアカウントにログインする
  2. 画面右上、「取引」ボタンをクリック
  3. 画面右下部、「注文と履歴」をクリック
  4. さらに右下に表示される「取引履歴を見る」をクリック
  5. 取引履歴内上部、「CSV download」で履歴を印刷

ザイフの取引明細は、このような手順で確認することができます。

ザイフの取引明細は「開始日」と「終了日」を指定することができるので、税金の申告等で利用する場合は、該当年度の1月1日~12月31日の分をダウンロードするようにしてください。

 

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

GMOコインは、「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所です。こちらは東京都渋谷区に本社を置いています。

グループ会社に「GMOインターネット株式会社」「GMOペパポ株式会社」などがあります。GMOコインの公式ホームページ内で「GMOコインは取引所ではありません」と記載されているように、GMOコインでは取引板の取り扱いがありません。

GMOコインが取り扱っているサービスの中で特徴的なのは、「仮想通貨FX」です。仮想通貨FXは、仮想通貨にレバレッジ(※証拠金を入金することにより元手の何倍もの取引を可能にするシステム)をかけることで、小さな元手でも大きな利益を得ることができるものです。

しかしその分、相場がマイナスに動くと損益が何倍にも膨らむことから、リスクが非常に高いです。したがって、GMOコインのイメージとしては「プロや中級者が活用する」という感じですね。取り扱い銘柄は、「ビットコイン」「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」「ライトコイン」「リップル」の5種類です。

取引明細の対応

GMOコインで取引明細を確認する手順は下記のとおりです。

  1. GMOコインの公式ホームページからアカウントにログインする
  2. ログイン後の会員ページ内、「口座情報」をクリック
  3. 「帳票」ボタンをクリック
  4. 「取引報告書 兼 受取証書」が表示されるので、必要な明細を選択してダウンロード

GMOコインでは、上記のような手順で明細を確認することができます。

GMOコインで確認できる明細の種類は、「現物取引明細」「証拠金取引明細」「証拠金取引・決済取引明細」「証拠金取引・保有建玉明細」「仮想通貨受払明細」「入出金明細」「残高明細」の7種類です。

税金の申告時には利益計算が必要になりますので、年間の残高推移、その時の売買レート、数量が記録されている明細を確認しておきましょう。

 

bitbank.cc(ビットバンク)

Bitbank.cc(ビットバンク)は、「ビットバンク株式会社」が運営する仮想通貨取引所です。

高いセキュリティと使いやすい操作性が特徴になっており、快適かつ安全にトレードすることができます。

取り扱い銘柄は、「ビットコイン」「リップル」「ライトコイン」「イーサリアム」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の6種類です。スマホでの操作性にも優れていますので、仮想通貨投資家の間でも人気の取引所になっています。

取引明細の対応

ビットバンクで取引明細を確認する手順は下記のとおりです。

  1. 公式ホームページからビットバンクのアカウントにログインする
  2. 「取引履歴」ボタンをクリック
  3. 取引履歴をダウンロード

ビットバンクの取引明細確認手順はこのような流れになります。

他社に比べて操作が少ないため、取引明細の入手も比較的スムーズだと思います。税金を計算する際は、明細をダウンロードするほうがスムーズですね。

 

DMM Bit coin(ディーエムエムビットコイン)

DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)は、「株式会社DMM Bitcoin」が運営する仮想通貨取引所です。

GMOコインと同じく、ビットコイン以外の仮想通貨でもレバレッジ取引を行うことができるため、少ない元手でも大きな利益を期待できます。

しかしその反面、相場が想定外の方向に動いたときは大きな損失を被ることになるので、どちらかといえば経験者向きの取引所かもしれません。

操作の面でも少し難しめなので、FX等の取引を経験している方のほうが適しているといえますね。

取り扱い銘柄は、「ビットコイン」「イーサリアム」「ネム」「ライトコイン」「リップル」「イーサリアムクラシック」「ビットコインキャッシュ」の7種類です。

取引明細の対応

DMM Bitcoinの取引明細を確認する手順は下記のとおりです。

  1. 公式ホームページからDMM Bitcoinのアカウントにログインする
  2. 画面左側、「トレード口座」ボタンをクリック
  3. 画面左上部のメニューを開き、「注文履歴」「約定履歴」「取引口座履歴」「残高履歴」のうち、必要な情報をクリック
  4. 取引情報を確認する

DMM Bitcoinの明細確認は、上記のような手順で行います。

注意点として、スマホからでも履歴の確認は可能ですが、印刷等に利用する場合はパソコンからログインしたほうが使いやすいです。

また、DMM Bitcoinはレバレッジ取引がメインとして扱われていますので、入金してある証拠金もしっかりと把握しておきましょう。

 

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は、「コインチェック株式会社」が運営している仮想通貨取引所です。

コインチェックは2018年にハッキングされ、歴史上で最大級の被害を受けました。なので、「名前は聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか。

2018年2月現在、仮想通貨の取引は停止されていますが、今後再開する見通しになっています。

取り扱い銘柄は、「ビットコイン」「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」「リスク」「ファクトム」「モネロ」「オーガー」「リップル」「ネム」「ライトコイン」「ダッシュ」「ビットコインキャッシュ」「ジーキャッシュ」の13種類です。

取引明細の対応

Coincheck(コインチェック)の取引明細確認手順は下記のとおりです。

  1. コインチェックのホームページからアカウントにログインする
  2. 「取引所」ボタンをクリック
  3. 「設定」ボタンをクリック
  4. 「取引履歴」をクリック
  5. 指定した期間分の明細をダウンロードする

Coincheck(コインチェック)の明細確認は、上記のような手順で行います。

ただし、2018年2月現在取引が停止されていることに加え、ハッキング被害によって口座も凍結されているような状態です。

したがって、動かせない状態の資金もあるかと思います。そのような場合においても利益部分には税金が発生しますので、取引履歴をしっかり確認しておきましょう。

 

Binance(バイナンス)

最後に触れるのは、世界最大の仮想通貨取引所である「Binance(バイナンス)」ですね。

こちらの本社は香港になっているので、日本円で取引することはできません。なので利益を算出する際は、その時々のレートで換算する必要があります。

Binance(バイナンス)は取り扱い銘柄が非常に多く、主要銘柄からマイナー銘柄まで、多岐に渡る仮想通貨の取引をすることができます。

取引明細の対応

Binance(バイナンス)の取引明細確認手順は下記のとおりです。

  1. 公式ホームページからアカウントにログインする
  2. 画面上部、「Orders」ボタンをクリック
  3. 「Trade History」をクリック
  4. 明細が表示されるので、必要な期間を設定
  5. 明細を確認する

Binance(バイナンス)は海外の取引所なので、ボタン表記も英語ですね。少しわかりにくいのですが、上記手順に従って操作を進めれば、明細を確認することができます。

注意点として、Binance(バイナンス)は日本円の取り扱いがありませんので、ビットコインまたはイーサリアムで取引を行う形になっています。

したがって、利益を算出する際は当時のレートによる日本円換算が必要になりますので、覚えておいてくださいね。

 

取引明細の見方

取引明細を手に入れたら、その情報をもとに利益を算出しなければなりません。取引明細をチェックするための知識について解説していきます。

取引明細の項目

取引明細には基本的に、

  • 取引日時
  • 取引の種類(購入、売却、送金、手数料など)
  • 価格
  • 通貨の種類
  • 数量

などの項目が記録されています。上記のうち、利益を算出する際重要になるのは、「取引日時」「価格」「数量」「通貨の種類」ですね。仮想通貨の利益は売買時の差益なので、

 「購入時の価格」-「売却時の価格」=利益-取引手数料

という計算式で求めることができます。収益計算の詳細と実例は「内部リンク」で詳しく触れているので、そちらを参考になさってくださいね。

取引明細をチェックする上で注意するべきこと

取引明細をチェックする上で注意するべきことは、日本円じゃなくビットコインやイーサリアムを通貨ベアとして取引しているケースです。

この場合は、通貨ベアであるビットコインやイーサリアムも当時の日本円レートで計算しなければなりません。

つまり、取引明細で当時のレートを確認しなければならないということです。

取引明細によっては、当時のレートが記載されていないケースも結構あるので、印刷またはダウンロードをする際に確認しておいてくださいね。

 

仮想通貨の利益における税金について

仮想通貨取引の利益を計算できたら、「確定申告」で所得を申告しなければなりません。ここでは、仮想通貨における基本的な税金の取り扱いについてご説明しますね。

仮想通貨の利益は「雑所得」または「事業所得」

仮想通貨の税金は、「雑所得」で申告するのが原則になっています。雑所得の算出式は、

 売上-経費

となっています。この計算式を仮想通貨取引に当てはめた場合、

 取引で生じた利益-利益を獲得するために支出した費用

ということになりますね。この支出した費用例でいえば、取引の際に発生する「手数料」があります。何度も取引している場合手数料もたくさん発生していると思いますので、そちらは利益から差し引いておきましょう。

ただし、利益の程度や継続性によっては、「事業所得」に分類される場合もあります。では、雑所得と事業所得にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

雑所得と事業所得の違い

雑所得の場合、扱いとしては「他の9種類の所得のいずれにも該当しない所得」となっています。わかりやすくいえば、分類しようがない所得、というイメージですね。対して事業所得は、事業を展開したことで得られた所得のことです。

雑所得と事業所得の大きな違いを1つ挙げると、「税金の取り扱い」があります。雑所得の場合、「損益通算」を行うことができませんが、事業所得であれば行うことができます。損益通算とは、対象となる所得の赤字を他の所得と相殺することができるものです。例えば、事業を運営していてその事業所得が赤字になってしまった場合、不動産所得や譲渡所得、山林所得等から損失分を控除することができます。

つまりわかりやすくいうと、仮想通貨の取引を事業として行っていた場合に関しては他の所得と損益通算することができますが、雑所得の場合はできません。したがって、雑所得で多大な損失を出したとしても、一方的に損することになるということです。

ここまでの内容を見ると、「事業所得のほうが扱いやすい」と思えますが、事業所得であれば取引の明細を帳簿等に記録しておく必要がありますので、税金の申告が少しややこしくなります。さらに、本人が事業所得だと思っていても、税務署から見て雑所得だと判断された場合は、損益通算で還付された税額を再度支払わなければならなくなってしまいます。

このようなリスクがあるため、どちらの所得で申告するかは税理士等の専門家に判断を委ねる、もしくは無難な雑所得で申告する形が良いでしょう。

 

まとめ

当記事でも触れたように、仮想通貨の取引所は多種多様です。

また、それぞれ明細の入手方法も異なるため、ご自身が利用している取引所の手続き方法を事前に調べておく必要があります。

仮想通貨の税金に関しては税制の整備が完全ではないものの、利益に関しては課税が行われます。

取引明細をしっかりと確認しつつ、利益を正確に把握しておくようにしましょう。