試薬系化学業界の今後の動向・年収・大手企業の調査・比較【2017年度】

今回は、2017年の最新版として試薬系化学業界の動向と転職・就職に役立つアドバイスを紹介していきたいと思います。

化学業界は、石油化学、無機化学、電子材料など、取り扱う素材が幅広いため、当サイトでは「試薬系」など、ピンポイントに絞り込み、お伝えすることにしています。

試薬系化学業界の基本情報

試薬とは?

化学・生物・材料分野における研究や分析、臨床検査の際に使うために、小分けされた化学薬品のことです。

化学会社からも試薬となる薬品を購入することができます。しかし、化学会社では100㎏単位やトン単位での販売しか行われていません。

そこで、試薬会社が大手の化学会社から薬品を仕入れて25gや500gといった単位で小分けにして販売することで、また、試薬会社のほうで、さらに純度を上げるなどの処理を行うことで、少量かつ高純度の試薬の購入を希望する大学や研究機関などのニーズに応えています。

 

試薬の歴史

試薬の歴史は、100年以上前から始まっていたといわれています。日本で試薬という名称をはじめて使ったのは江戸時代の藩医で蘭学者であった宇田川榕菴で、1832年に著したとされる書「舎密試薬編」に書名として用い、約50種の試薬の製造方法を掲載したとされています。

それからのち、試薬が公に用いられるようになったのは1942年以降とされ、それまでは「分析用薬品」「試験薬」などと呼ばれていましたが、当時の軍需省の要請で一般化学工業用薬品と区別するために試薬という名に統一され定着したといいます。

参考:一般社団法人日本試薬協会 試薬とは

http://www.j-shiyaku.or.jp/About/Reagent1

試薬の種類

試薬の種類は、化学的性質により、

  • 無機化合物
  • 有機化合物

に分類されます。また、試薬は、

  • 病理研究
  • 法医学研究
  • 残留塩素測定
  • ペプチド合成
  • 糖合成
  • アルデヒド検出
  • 微生物検出

などに必要とされています。試薬の分類については次のとおりですが、各試薬について詳しく説明している2016年版もぜひ、参照ください。

  • 一般用試薬
  • 特定用試薬
  • 標準物質・標準液類
  • 生化学用試薬
  • 臨床検査用試薬

 

試薬系化学業界 ~今後の展望~

2016年版でお伝えしていた試薬系化学業界の今後の動向キーワードは『海外事業の拡大』でした。

2016年版を公開したあと、国内の試薬系化学業界に大きな変動がありましたので、2017年版で詳しくお伝えします。1つ目のキーワードは『買収』です。

試薬系化学業界大手の和光純薬工業が富士フイルムホールディングスに買収されました。もともとは武田薬品工業の子会社でしたが、富士フイルムの化学薬品部門などとともに、新設されたファインケミカル事業部に統合されています。

“■富士フイルムホールディングス 4日、武田薬品工業の試薬子会社和光純薬工業の株式公開買い付け(TOB)が3日に終了したと発表した。富士フイルムは和光純薬工業の出資比率を93.5%まで高めた。21日に連結子会社化する予定。今後、株式交換などを通じて完全子会社化する計画だ。買収額は約1550億円。”

引用:日本経済新聞 富士フイルム、和光純薬のTOB終了

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ04HMV_U7A400C1TI1000/

また、和光純薬工業の獲得をめぐり富士フイルムホールディングスなどと争奪戦を展開した日立化成は、診断薬事業を手がける協和メデックスを買収すると発表しています。

関連して日本経済新聞はこのような社説も出していました。2つ目のキーワードは『再生医療』です。

“再生医療に使う多数の細胞を効率よく作るには、大量の試薬や培地が必要だ。これらを得意とする和光純薬の製品や技術は、高品質な治療用細胞の供給に役立つ。”

引用:日本経済新聞 社説 再生医療の産業化を進めよう

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO11065370W6A221C1PE8000/

この記載からも、試薬系化学業界各社は、これから発展していくであろう再生医療にどう関わっていくかが課題だといえそうです。

 

試薬系化学業界の主要企業

大手

  • 和光純薬工業
  • 関東化学

準大手

  • ナカライテスク
  • 同仁化学研究所
  • 林純薬
  • 純正化学
  • 東京化成工業

 

試薬系化学業界を代表する企業の基本情報

和光純薬工業

和光純薬工業は、試薬、化成品ならびに臨床検査薬の製造・販売を行っている国内トップの総合試薬メーカーです。前述したとおり、武田薬品工業グループでしたが、富士フイルムホールディングスに買収されました。

営業拠点は、大阪、東京、北海道、東北、筑波、甲信越、藤沢、静岡、東海、北陸、中国、九州にあり、生産拠点は、東京、愛知、三重、大阪、播磨、大分に。研究開発拠点は東京、大阪に構えています。また、ドイツ、アメリカ、中国にも拠点があります。

基本情報

  • 売上高:815億1000万円
  • 経常利益:77億7400万円
  • 社員数:562名(試薬)
  • 平均年齢:40.5歳
  • 平均勤続年齢:16.3年
  • 平均年収:7,274,503円

 

関東化学

関東化学は、基礎研究用試薬から高機能薬品及びその材料の開発まで携わる総合試薬メーカーです。同社は、

  • 次世代超LSI製造技術
  • エネルギー、環境負荷を低減する化学プロセス
  • 医療検査

の分野の発展に貢献してきました。

東京に技術・開発本部、埼玉に中央研究所、神奈川に伊勢原研究所があります。また、社名は関東ですが、埼玉、神奈川のほか、岩手、三重、岡山、福岡にも工場を有しています。

基本情報

  • 売上高:721億円(平成28年度グループ全体として)

※有価証券報告書なし

 

ナカライテスク

ナカライテスクは、大学の研究室や企業の研究部門で行なわれる試験や分析、研究等に用いられるリサーチケミカル(試験研究用試薬)を提供しているメーカーで、そのほか、ファインケミカル(化成品)、臨床検査薬、関連機器・機材を営業品目としています。

1846年、初代半井萬助が和漢薬業を開いたのが最初で、その後、ドイツより化学薬品を直輸入。試薬部を分離し、半井化学薬品が設立されました。1988年にナカライテスクに名称変更しています。

基本情報

  • 売上高:157億9955万円(2016年9月期)

※有価証券報告書なし

 

同仁化学研究所

同仁化学研究所は、酸化ストレス関連試薬といった生化学関連試薬、キレート試薬といった分析関連試薬、Self Assembled Monolayer 研究用、機能性有機材料を取り扱っている準大手試薬メーカーです。

熊本に本社を置くほか、東京、神奈川、アメリカ、ヨーロッパ、中国にも拠点があります。

基本情報

  • 売上高:27億4675万円(2016年5月)

※有価証券報告書なし

 

参考文献

  • 和光純薬工業株式会社第144期有価証券報告書

 

転職・就職へのアドバイス

大手・準大手各社、有価証券報告書を公開していないところがあり、平均年収等を割り出すことはできませんでしたが、大手の和光純薬工業の売上高が815億円で平均年収が727万円。この値がひとつの参考・指標となりうるでしょう。

今後、公開予定の化学業界の動向・年収も参考にしていただければ幸いです。

化学業界のうちの試薬メーカーということで、化学構造式に関する基礎知識、いえ、より高度な知識があることが、面接を突破するカギとなるでしょう。

試薬メーカーは、幅広い化学薬品・試薬を取り扱っており、たとえば、和光純薬工業の試薬検索サイト「Siyaku.Com」で取り扱っている試薬は他社品も含め約80万品目といわれています。

試薬メーカーでは、これだけの試薬を把握できる専門知識や、品質管理を厳密に行う姿勢が求められているといっても過言ではありません。

また、新しいものに興味が持てる、日々、知識を取り入れることが好きな人でなければ、続けていくことが難しい職業だと私は考えています。

主に理系出身者が活躍できる業界なのですが、生化学、バイオ、薬学を専攻していた方のほうが向いています。

主な職種

  • 研究開発部門
  • 営業部門
  • 営業支援部門
  • 製造部門
  • 品質管理部門

試薬系化学業界では次の3つが望ましいスキルとして求められていると思われます。

  • 顧客や取引先の声を聞き、ニーズを把握し、試薬の提案ができるコミュニケーション能力
  • 海外でも活躍できる語学力に加え柔軟にどんなことも挑戦できるグローバル思考
  • 再生医療やバイオ医薬への興味や好奇心と、それらに取り組むことができる高度な知識

試薬系化学業界への転職を志す方には、

  • 研究職転職ナビ
  • RDサポート正社員転職
  • WDB株式会社(旧・理系の転職株式会社)

といった転職エージェントの利用がオススメです。

その他のサイト・エージェントについては以下のページで解説していますので、併せてご確認頂けますと幸いです。

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です