ANAマイルを貯めたい陸マイラーの方は、必ずANAカードを発行しておきましょう。
ANAカードを利用すれば、航空券の購入時に割増マイルがもらえるほか、入会時と継続時にもANAマイルがもらえます

とはいえ、ANAカードは種類がたくさんあるため、どのカードに申し込めばいいのか分からないという方もいるはずです。
そこで今回はそんな方のために、ANAカード全種類とそのスペックについて一挙紹介していきます。

 

ANAカードの種類!国際ブランドとグレード

ANAカードの種類は、2019年8月時点で21種類あります。

ANAカードには5つの「グレードがあり、さらに5種類の「国際ブランドがあります。
ここではまず、この国際ブランドとグレードについて紹介していきましょう。

ANAカードの国際ブランド

ANAカードには、以下の国際ブランドのカードがあります。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Expresss
  • Diners Club

国際ブランドとは、クレジットカード決済ができるシステムを提供している会社のことです。
ANAカードでは、同じグレードでも、国際ブランドによって、利用できる機能やマイル還元率、年会費などが異なります。

ANAカードのグレード

ANAカードのグレードは、以下5種類あります。

  • 交通系IC一体型カード
  • ANA一般カード
  • ANAワイドカード
  • ANAゴールドカード
  • ANAカード プレミアム

※厳密にはこの他に、法人用や学生用、海外在住者用のカードもある

交通系IC一体型カード」は、「ANA一般カード」に「PASMO(パスモ)」や「Suica(スイカ)」などの交通系ICカードの機能が搭載されたカードです。
グレード的には、一般カードに相当します。

グレードは「プレミアム」が最も高く、次いで「ゴールドカード」「ワイドカード」「一般カード」の順になっています。
グレードが高いほど特典も豪華で、マイルも貯めやすくなりますが、そのぶん加入のための審査も厳しく、年会費も高額です。

では次から、各グレードのANAカードの種類と、それぞれのスペックについて紹介していきましょう。

 

陸マイラー必携!ANAの交通系IC一体型カード

ANAの交通系IC一体型カードには、以下の種類があります。

  • ANA To Me CARD PASMO JCB
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード
  • ANA VISA nimocaカード
  • ANA VISA Suicaカード

ここでは、それぞれのカードについて、一つずつ紹介していきます。

ANA To Me CARD PASMO JCB

【ANA To Me CARD PASMO JCBの主なスペック】

  • 国際ブランド…JCB
  • 年会費…2,000円(初年度無料)
  • 入会時・継続時のボーナスマイル…1,000マイル
  • フライトボーナス…10%
  • マイル還元率…1% or 0.5%
  • マイル移行手数料…5,000円(10マイルコースの場合)
  • 交通系ICカード…PASMO

ANA To Me CARD PASMO JCB」は、「ソラチカカード」とも呼ばれています。
年会費は2,000円ですが、初年度は無料です。

カード入会時と毎年の継続時には、ボーナスマイルとして1,000マイルがもらえます。
また、航空券の購入時、通常もらえるマイルの10%が「フライトボーナス」として付与されます。

カードを支払いに利用したときのポイント還元率は、1,000円=1ポイントです。
このポイントのマイル換算率は、登録したコースによって異なります。

コースは「10マイルコース」と「5マイルコース」の2種類があり、10マイルコースなら1ポイント=10マイル(マイル還元率1%)、5マイルコースなら1ポイント=5マイル(マイル還元率0.5%)に交換可能です。
10マイルコースの場合、年6,000円のマイル移行手数料がかかりますが、5マイルコースなら移行手数料はかかりません。

ソラチカカードは、陸マイラーにとって必携のクレジットカードです。
なぜならソラチカカードがあれば、「モッピー」や「ハピタス」などのポイントサイトのポイントを交換レート81%でANAマイルに交換できる「ソラチカルート」を利用できるからです。

【ソラチカルート】

ソラチカカードは、東京の地下鉄である「東京メトロ」のクレジットカード「To Me CARD」でもあるため、「メトロポイント」が貯められます。
このメトロポイントをANAマイルに交換するためには、ソラチカカードが必要です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード

【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードの主なスペック】

  • 国際ブランド…Mastercard
  • 年会費…2,000円(初年度無料)→割引後751円
  • 入会時・継続時のボーナスマイル…1,000マイル
  • フライトボーナス…10%
  • マイル還元率…1% or 0.5%
  • マイル移行手数料…6,000円(10マイルコースの場合)
  • 交通系ICカード…PASMO

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード」は、「三井住友カード」です。
年会費は2,000円ですが、マイ・ペイすリボ」に登録し、年に1回以上カードを利用すれば、年会費が751円に割引されます。

マイル還元率はソラチカカード同様、10マイルコースなら1%、5マイルコースなら0.5%です。
ただし10マイルコースを選んだ場合のマイル移行手数料は、ソラチカカードよりも高い6,000円となっています。
5マイルコースの場合、マイル移行手数料はかかりません。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードは、東急百貨店などでおなじみの「TOKYU CARD(トーキュー・カード)」でもあります。
このカードがあれば、モッピーやハピタスのポイントを75%のレートでANAマイルに交換できる「TOKYUルート」が使えます

【TOKYUルート】

TOKYU CARDを加盟店での支払いに利用すれば、「TOKYU POINT」が貯まります。
このTOKYU POINTは、ANAマイルに交換可能です。

TOKYU POINTのANAマイルへの交換レートは50%ですが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードに限っては交換レートが75%になっているため、効率的にANAマイルを貯められます。

ANA VISA nimocaカード

【ANA VISA nimocaカードの主なスペック】

  • 国際ブランド…VISA
  • 年会費…2,000円(初年度無料)→割引後751円
  • 入会時・継続時のボーナスマイル…1,000マイル
  • フライトボーナス…10%
  • マイル還元率…1% or 0.5%
  • マイル移行手数料…6,000円(10マイルコースの場合)
  • 交通系ICカード…nimoca

ANA VISA nimocaカードは、先ほど紹介したANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードと基本的なスペックはほとんど変わりません。
こちらも三井住友カードなので、マイ・ペイすリボに登録+年1回のカード利用で、年会費が751円に割引されます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードと違うのは、搭載されている交通系ICが「nimoca(ニモカ)」だという点です。
nimocaは、九州地方で使える交通系ICカードです。

ANA VISA nimocaカードがあれば、モッピーやハピタスのポイントを70%のレートでANAマイルに交換できる「nimocaルート」が利用できます

【nimocaルート】

ただしnimocaのポイントは、専用の「ポイント交換機」でしかANAマイルに交換できません
ポイント交換機は九州と函館にしかないため、これらの場所に行く用がない人にとっては、あまりメリットがないカードだと言えるでしょう。

ANA VISA Suicaカード

【ANA VISA Suicaカードの主なスペック】

  • 国際ブランド…VISA
  • 年会費…2,000円(初年度無料)→割引後751円
  • 入会時・継続時のボーナスマイル…1,000マイル
  • フライトボーナス…10%
  • マイル還元率…1% or 0.5%
  • マイル移行手数料…6,000円(10マイルコースの場合)
  • 交通系ICカード…Suica

ANA VISA Suicaカードのスペックは、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードやANA VISA nimocaカードとほとんど同じです。

ANA VISA Suicaカードも、マイ・ペイすリボに登録+年に1回のカード利用で、年会費が2,000円から751円になります

搭載されている交通系ICカードはSuicaで、首都圏のほか、仙台や新潟でも利用できます。

ANA VISA Suicaカードは、ここまで説明してきたカードと違って、所有することで使えるようになるポイントルートはありません。

 

年会費が安い!ANA一般カード

続いて、ANA一般カードについて紹介していきましょう。
ANA一般カードには、以下の種類があります。

  • ANA JCB一般カード
  • ANA VISA一般カード
  • ANAマスター一般カード
  • ANA JCBカードZERO
  • ANAアメリカン・エキスプレスカード(一般)

ここでは、各カードのスペックについて説明していきます。

ANA JCB・VISA・マスター一般カード

【ANA JCB・VISA・マスター一般カードの主なスペック】

国際ブランド JCB VISA マスター
年会費 2,000円(初年度無料)
割引後年会費 1,025円
入会時・継続時のボーナスマイル 1,000マイル
フライトボーナス 10%
マイル還元率 1% or 0.5%
マイル移行手数料 5,000円 6,000円

ANA JCB・VISA・マスターの各一般カードの基本的なスペックは、交通系ICカード機能が搭載されていないこと以外は、ここまで紹介してきたカードと同じです。

ただし、「ANA VISA一般カード」と「ANAマスター一般カード」は、マイ・ペイすリボに登録して年1回以上カードを利用することで年会費が1,025円になります。

10マイルコースを選んだ場合、JCBは5,000円、VISAとマスターは6,000円のマイル移行手数料がかかる点は交通系IC一体型カードと同様です。

交通系ICカードと違って、所有することで利用できるようになるポイントサイトのルートはありません。

ANA JCBカードZERO

【ANA JCBカードZEROの主なスペック】

  • 国際ブランド…JCB
  • 年会費…無料(5年間)
  • 入会時・継続時のボーナスマイル…なし
  • フライトボーナス…10%
  • マイル還元率…0.5%
  • マイル移行手数料…なし

ANA JCBカードZERO」は、学生を除いた18~29歳が対象のカードです。

ANA JCBカードZEROの年会費は、5年間無料となっています。
そのかわり、入会時と継続時にボーナスマイルはもらえません。

ポイント換算率は一律1ポイント=5マイルとなっており、マイル還元率は0.5%です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)

【ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)の主なスペック】

  • 国際ブランド…アメリカン・エキスプレス
  • 年会費…7,000円
  • 入会時・継続時のボーナスマイル…1,000マイル
  • フライトボーナス…10%
  • マイル還元率…1%
  • マイル移行手数料…6,000円

ANA一般カードのなかで、アメリカン・エキスプレスだけは年会費が高くなっています。
ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)」の年会費は7,000円です。

入会時・継続時のボーナスマイルやフライトボーナス、マイル還元率は他の一般カードと変わりません。
ただし他の一般カードの場合、ポイントのANAマイルへの移行は「1,000円→1ポイント→10マイルですが、ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)は「100円→1マイル」です。
100円単位でマイルに交換できるぶん、ANAマイルが貯まりやすくなっています。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)では、ポイント移行コース」に登録すると、クレジットカードのポイントの有効期限が無期限になります。
さらに、このカードがあれば、アメリカン・エキスプレスが提供する「空港ラウンジ」を無料で利用可能です。

 

フライトボーナス25%!ANAワイドカード

ここまで説明してきた一般カードの一つ上のグレードが、「ANAワイドカード」です。
ANAワイドカードには、以下の種類があります。

  • ANA JCBワイドカード
  • ANA VISAワイドカード
  • ANAマスターワイドカード

それぞれの主なスペックは、以下のとおりです。

国際ブランド JCB VISA マスター
年会費 7,250円
割引後年会費 6,275円
入会時・継続時のボーナスマイル 2,000マイル
フライトボーナス 25%
マイル還元率 1% or 0.5%
マイル移行手数料 5,000円 6,000円

ワイドカードの年会費は、どれも7,250円となっています。
ただし「ANA VISAワイドカード」と「ANAマスターワイドカード」の2つは、マイ・ペイすリボに申込み+利用で、年会費が6,275円に割引されます。

入会時・継続時のボーナスマイルはいずれも2,000マイルで、フライトボーナスは25%です。

 

マイル移行手数料無料!ANAゴールドカード

ワイドカードの一つ上のグレードが、「ANAゴールドカード」です。
ANAゴールドカードには、以下の種類があります。

  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ANA VISAワイドゴールドカード
  • ANAマスターワイドゴールドカード
  • ANAダイナースカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

各カードのスペックは、以下のとおりです。

国際ブランド JCB VISA マスター ダイナース アメックス
年会費 14,000円 27,000円 31,000円
割引後年会費 9,500円
入会時・継続時のボーナスマイル 2,000マイル
フライトボーナス 25%
マイル還元率 1%
マイル移行手数料 無料

ANAゴールドカードの年会費は、JCB・VISA・マスターが14,000円、ダイナースは27,000円、アメックスは31,000円です。
どのカードも入会時・継続時のボーナスマイルは2,000マイルで、フライトボーナスは25%です。

マイル還元率も全て1%ですが、JCB・VISA・マスターは1,000円=1ポイント=10マイル、ダイナースとアメックスは100円=1ポイント=1マイルとなっています。
ゴールドカードの一般カードやワイドカードとの大きな違いは、マイル移行手数料がかからないという点です。

また、ゴールドカードを所有すれば、空港の「ゴールドカードラウンジ」を無料で利用できます
ゴールドカードラウンジとは、ゴールドカード会員だけが入ることを許されたラウンジです。
ゴールドカードラウンジでは、ドリンクが飲み放題、雑誌が読み放題となっています。

ANAゴールドカードのなかで特におすすめなのが、「ANA VISAワイドゴールドカード」と「ANAマスターワイドゴールドカード」です。
これらは三井住友カードで、「カードご利用代金WEB明細書サービスの利用+マイ・ペイすリボの申し込み+利用」で、翌年度以降の年会費が14,000円から9,500円になります

これらのカードなら、他の国際ブランドに比べて圧倒的に安い年会費でANAゴールドカードを利用できます。

 

入会時・継続時ボーナス10,000マイル!ANAカード プレミアム

ANAカードのなかで最もグレードが高いのが、「ANAカード プレミアム」です。
ANAカード プレミアムには、以下の種類があります。

  • ANA JCBカードプレミアム
  • ANA VISAプラチナプレミアムカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
  • ANAダイナースプレミアムカード

それぞれのスペックは、以下のとおりです。

国際ブランド JCB VISA アメックス ダイナース
年会費 70,000円 80,000円 150,000円 155,000円
入会時・継続時のボーナスマイル 10,000マイル
フライトボーナス 50%
マイル還元率 1% 1.5% 1% 1.5%
マイル移行手数料 無料

ANAカード プレミアムの年会費はJCBが70,000円、VISAが80,000円、アメックスが150,000円、ダイナースが155,000円とどれも高額になっています。

入会時と継続時のボーナスマイルはどのカードも10,000マイルで、フライトボーナスは50%です。

マイル還元率はJCBとアメックスが1%、VISAとダイナースが1.5%です。
ポイントの換算率は、それぞれ以下のようになっています。

  • JCB…1,000円=1ポイント=10マイル
  • VISA…1,000円=1ポイント=15マイル
  • アメックス…100円=1ポイント=1マイル
  • ダイナース…100円=1.5ポイント=1.5マイル

ゴールドカード同様、どのカードもマイル交換手数料はかかりません

また、プレミアムカードの所有者は、ANAの最上級会員しか入れない「ANAラウンジ」が利用できるようになります。

 

まとめ

学生用や法人用、海外在住者向けを除いたANAカードの全種類は、以下のとおりです。

【ANA交通型IC一体型カード】

  • ANA To Me CARD PASMO JCB
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード
  • ANA VISA nimocaカード
  • ANA VISA Suicaカード

【ANA一般カード】

  • ANA JCB一般カード
  • ANA VISA一般カード
  • ANAマスター一般カード
  • ANA JCBカードZERO
  • ANAアメリカン・エキスプレスカード(一般)

【ANAワイドカード】

  • ANA JCBワイドカード
  • ANA VISAワイドカード
  • ANAマスターワイドカード

【ANAゴールドカード】

  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ANA VISAワイドゴールドカード
  • ANAマスターワイドゴールドカード
  • ANAダイナースカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

【ANAカード プレミアム】

  • ANA JCBカードプレミアム
  • ANA VISAプラチナプレミアムカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
  • ANAダイナースプレミアムカード

ANAカードは、各国際ブランド1社ずつと、交通系ICカード1枚ずつの計9枚まで所有できます
まだANAカードを持っていないという方は、ぜひこの記事を参考にして、欲しいカードを探してみましょう。