一般的に「ニート」とは働けるのに働かない人を指します。
実際に1年ほどニート生活をしていた経験がありますので、今回の記事ではニートの生活費や節約の方法について体験談を織り交ぜて紹介いたします。
節約することで毎月10万円程度でも生活が可能となるでしょう。
ちなみに今回紹介するのは親に養われているニートではなく、実家という恵まれた環境を捨てつつも貯金で生活できていたときのお話です。
親に養われているニートに比べて現実的な生活状況を知ることができます。

ニートの生活費はどのくらい?


実家で親に養ってもらうニートとは違い、1人で暮らす場合は生活を維持するのが非常に難しいです。
幸い、友人と2人暮らしをすることで生活費を節約することができましたのでその時の金額を以下にまとめました。

 

家賃


家賃は月額33,000円です。
トイレと風呂が別でロフト型の30㎡程度のアパートに住んでいました。
学生という年齢ではありませんでしたが、大学の近くにあるアパートに住んでいました。大学の近くには学生向けの安アパートが多く、その1つに入居していたため一般的な住宅に比べて家賃が安く済みました。

 

光熱費

2万円〜3万円程度です。
携帯電話で6,000円、水道代・電気代・ガス代・ネット代で2万円程度です。
今でこそ携帯電話は格安の契約会社がありますが当時は大手キャリア3社くらいしか選択肢はなく通信費がかさんでいました。

 

食費


2万円程度です。外出しないため食事の回数自体が少なく、自炊が中心でしたのでさほど高いというわけではありません。

 

娯楽費

0円と言いたいところですが、ニート時代はネットゲーム廃人として生活していましたので毎月1万円以上の課金を行っていました。常にトップクラスのプレイヤーとして活躍するために課金のみならず使える限りの時間を費やしていました。

 

交際費

家に引きこもってネットゲームを行っていましたので0円です。基本的に外では誰とも会いませんでした。

 

保険料・税金


3万円です。年金は0円でしたが国民健康保険で毎月2万円以上がかかり、住民税でも1万円程度がかかっていました。

 

上記を合計して毎月10万円程度でした。
友人と一緒に暮らしていましたので家賃や光熱費は半分にできたのが大きかったでしょう。

 

ニート時代の1日のスケジュールを知ろう


ニート時代の1日の行動は以下のようになっていました。

1. 午前8時に起床してゲーム開始
2. ゲームをしながら昼食や夕食
3. 午前0時頃にゲームを終えて就寝

驚くほど簡潔なタイムスケジュールですね。
ゲーム中に休憩時間はありません。常に画面に張り付きっぱなしで疲れても構わず遊び続けていました。
ゲームのイベントやモチベーションによっては1日3時間の睡眠でゲームをし続けることもありました。
起きてから寝るまでのほぼすべての時間をゲームに費やしていましたが、友人と同居していましたので食事や買い物に出かけることも稀にありました。

 

体験談から得たニートの節約術はコレだ!

親に養ってもらうのでもない限り、ニートで1人暮らしをすると結構な出費がかかります。
このため可能な限り長くニート生活を続けるために以下のような節約術があります。

 

他人と同居する

非常に有効な手段です。2人暮らしをするだけで家賃や光熱費、食費が半分程度になるため同じ貯金額でも2倍の期間をニートとして生活することができます。近年ではシェアハウスという他人と同居することを前提とした住居もありますので、お金を節約したい人は利用を検討してみると良いでしょう。

 

失業保険の受給

失業してから間もない人で雇用保険に加入していたのなら失業保険を受け取れる可能性があります。
自己都合退職でも失業保険は働いていた時期の6割程度の金額が受給できますので、生活費の足しになるでしょう。
実際、ニート時代には失業保険だけで40万円以上のお金を手に入れてましたので使わない手はありません。

 

保険・税金の免除申請

前年度の所得が300万円を超える場合、失業直後の保険料と年金、住民税は毎月5万円以上かかります。しかし年金は離職票を役所に持っていくことで0円にすることが可能です。
また、国民健康保険や住民税は前年に仕事をしていると減額は難しいですが、もし前年度にまったく働いていないのであれば免除してもらえる可能性があります。

 

NHKの解約


毎月2,000円以上を支払っていたNHK料金ですが、ニート時代には既に契約をしてしまっていたため解約することにしました。
当時は解約するのは容易ではなかったためNHKの集金をしている人と交渉して解約することに成功しました。
滞納していたNHK料金をすべて支払ったあとに「家にはゲーム用のテレビしか無い」と主張すると「電話でNHKにテレビを捨てたと伝えれば解約できる」と言われたので実際にNHKに電話をかけました。
しかし電話すると「テレビを廃棄したのならリサイクルシールの番号を教えて下さい」と言われてしまいましたが、観念して「NHKの集金者からこう伝えれば解約できると聞いた」と伝えるとあっさりと解約に応じてくれました。

 

服はいらない

もともと服装にはこだわらない上に外出をほとんどしなかったためニート時代に服を買ったことは1度もありませんでした。
2着程度しか持っていませんでしたが特に困ることもなく、下着さえあれば大きな問題は起こりません。

 

娯楽代は必須

娯楽費用は最も節約するべきだと思われるかもしれませんが、実際には節約しないほうが良いです。毎月何万円も使ってしまうのは考えものですが、遊ぶお金を無理に節約してしまうとニート生活に充実感を得られずに後悔するでしょう。
ネットゲーム廃人をしていた時もゲームに課金するお金だけはほとんど節約しませんでした。

 

今の時代は家でも簡単にお金を稼げる


これをやってしまうとニートではなくなるのですが、インターネット上で稼ぐ方法が現在はたくさんあります。
せどりやブログのように家から一歩も出ること無く簡単に稼げる仕事があるため毎月数万円程度であれば節約することが可能です。
ゲーム感覚で稼げるものもあるため興味がある人は試してみて下さい。
もし家に不要な物があるのならメルカリで販売するだけでも簡単にお金が手に入ります。

ニートにとって今の時代は昔に比べて非常にお金を稼ぎやすい環境なのです。

 

ニートは無理をして節約するとイライラする

ニート生活の節約で注意してもらいたいのは、無理をして生活費を絞らないようにすることです。ニートは働くのが嫌であったり他人と関わりたくないから家に引きこもる人が多いです。
しかし生活費が徐々に減っていくため節約しなくてはと考えていきます。
節約だからといって好きな趣味のお金や美味しい食べ物を我慢してしまうと次第にイライラし始めます。
イライラしながら節約していてはせっかくの自由なニート生活が無意味なものとなるでしょう。
節約にこだわりすぎてニートの生活を満喫できないのであればさっさと働いたほうがまだマシでしょう。
働いてみてまた嫌になったのならニート生活に戻れば良いだけなので、無理をして節約するのだけはやめましょう。

 

まとめ


親に養ってもらうのでもないかぎり、ニートとして生活するには貯金が必須です。
100万円程度の貯金があったとしても失業保険を含めても1年ほどでお金は尽きてしまうでしょう。
特に生活費を圧迫するのが国民健康保険と住民税です。
この2つは支払う義務があるため滞納すると取り立てがありえます。たまにこれらを支払っていないと話す人もいますが、放置すれば滞納金が膨れ上がって合計で数十万円を一括請求される恐怖があります。