パソナキャリアは業界先駆者!評判の良い専門分野に特化したアドバイザーが支援

パソナキャリアはパソナグループ内で転職支援を行っている会社です。

パソナキャリアのパソナといえば、派遣会社としても有名ですが、パソナキャリアは派遣の斡旋ではなく、あくまでも転職の支援を行います。

パソナグループの会社沿革を見てみると、2007年1月にパソナキャリアアセットとパソナキャレントが合併して、日本初の全国47都道府県に拠点を持った転職・再就職支援を行うパソナキャリアが営業を開始したと書かれていました。

パソナキャリアは、全国規模で展開する転職エージェントの先駆者だといえます。

そこで、数ある転職エージェントのトップバッターとして最初にお伝えすることにしました。

 

全国47都道府県に拠点を持つ転職エージェント「パソナキャリア」についてまとめてみた!

パソナキャリアは、自分たちをどのような転職エージェントだと謳っているの?

パソナキャリアによると、これまで25万人の転職を支援してきたそうです。

求人件数は25000件以上、取引先は16000社以上、年収アップ率は67.1%と謳っています。

非公開求人の保有はもちろん、エントリーするだけで希望求人があれば連絡をしてくれるスカウトサービスもあり支援内容は充実しています。

パソナキャリアは、ホームページにおいて、パソナキャリアの転職支援サービスを利用するメリットを5つに分けて紹介しています。

 

1.12000社以上から寄せられる求人の中から選べる

パソナキャリアによると、大手・優良・外資・ベンチャーなど毎日多数の求人が寄せられているそうです。

パソナキャリアなら業界や職種を問わず幅広い求人情報が見られます。

そのため、思い切った業界の転換や未経験職種への転職も夢ではないのかもしれません。

実際、私は電機業界から製薬業へと大きく業界を変えましたが、こういった大胆な変更が効く理由はこういった幅広い求人を持っている転職支援会社の力があってこそといえます。

 

2.はじめての転職でも安心のカウンセリング

パソナキャリアのキャリアアドバイザーがカウンセリングから転職完了まで一貫してサポートしてくれます。

仕事の悩みの相談にも乗ってくれますので、今まさに在籍している会社で仕事の悩みを抱えている人も、転職活動と並行して仕事の悩みについても打ち明ければ、一緒に解決策を探してくれたり、ヒントをもらえたりするのかもします。

転職の相談に行くと、いきなり転職活動の開始を迫られると思う人も多いと思いますが「まずは相談から」といったスタンスで応じてくれる会社は多いです。

パソナキャリアはその典型例と言えます。

 

3.転職による年収アップ実績は67.1%

冒頭の説明を繰り返しますが、パソナキャリアの年収アップ実績率は67.1%です。

しかしながら、パソナキャリアが信頼できる転職エージェントなのかもと思えたのは、ネガティブな情報も一緒に伝えているところです。

転職をしたけど年収は変わらなかったよという方は5.3%、そして、逆に年収がダウンしたという方も27.6%いたそうです。

転職の厳しさと転職は年収アップだけではないという実情が垣間見えた気がします。

 

4.転職に有効なアドバイスをしてくれる

パソナキャリアは応募書類の書き方、面接の受け方、退職手続きについてもアドバイスをしてくれます。

企業によって好ましい履歴書などの書類の書き方や面接の受け方があるます。

また、以下のような「はじめての転職必勝ガイド」という本を相談者に無償で提供してくれます。

pasonacarrer_1

いわゆる、転職ノウハウ本ですが、とにかく手順や解説が丁寧であり、この本を1冊読めば転職の流れが完璧に理解できます。

また、実際の転職者の声や座談会の様子も載っていますので、よりリアルな意見を聞くことができます。

pasonacarrer_2

5.すべて無料

これは他の転職エージェントも同じですが、パソナキャリアの転職支援サービスを利用するのは無料です。

また、カウンセリングも平日の夜や土曜日に受けることができるのはうれしいところです。

 

パソナキャリアの転職支援担当者のことを「キャリアアドバイザー」というそうです

ここまでの文中にも登場していましたが専任担当者のことをキャリアアドバイザーといいます。

IT・WEB、ものづくり、メディカル、金融、コンサルティング、販売・流通・サービス、営業職、管理部門、エグゼクティブ、グローバル、関西エリア、東海エリアと各専門分野に分かれ、それぞれに特化したキャリアアドバイザーの存在がパソナキャリアの強みです。

 

転職エージェント「パソナキャリア」の求人情報検索はこんな感じ

パソナキャリアは、さすが、転職支援業界の先駆者ということもあり「派遣」や「再就職支援」のサイトも公開していますので間違えることがないようにリンクを貼っておきますね。

パソナキャリアの公式ページ

http://www.pasonacareer.jp/

サイト内では「転職成功ノウハウ」や「はたラボ ~働くコト研究所~」などお役立ち系・読み物系コンテンツも多数ありますので、転職ノウハウ本などを買う前に一見の価値があると僕は思います。

pason-1

求人情報検索では、職種・業種・勤務地・求人特徴・年収・経験やスキル・資格・キーワードで探すことができます。

pason-2

画面をスクロールしていくと、職種ごとの求人件数も一緒に出てきました。

やはり、転職の求人って営業がダントツで多いのでは? と思って見てみると、2016年6月8日現在、パソナキャリアの営業職種の求人数は6721件に対し、電気・電子・機械・化学エンジニアは7181件、IT・Webエンジニアも6183件といずれも豊富な求人があるのがわかります。

理系の求人が多いのかなという印象ですが、実際は文理で転職結果に差異は生まれません。

 

また、着目すべきは「こだわり条件から探す」です。

求人特徴別では、正社員、上場企業、外資系企業、スタートアップ、管理職・マネージャー、女性が活躍、英語が活かせる、未経験可、第二新卒可、学歴不問、土日休み、車通勤可など細かくいろいろな切り口から分類されています。そのほか転職先で活かしたいスキルや資格といったところからも求人を探すことができます。

 

年収診断・年収査定シミュレーションをやってみた!

パソナキャリアのトップページの下のほうに進むと、年収診断・年収査定シミュレーションができるようになっています。

私は2013年の転職活動の途中で一度試してみました。

リストラされたので転職支援サイトに再びエントリー

2013.04.02

一問一答に答えて、最後に自分自身の基本情報を入れます(個人情報は誕生日だけです)。

 

その結果…

年収相場は450~510万円と出てきました。

その時点での年収が370万円ほどでしたので、もしそれが実現するのであれば80~140万円も年収がアップすることになります。

これを見たときは、実際に転職がまだ決まったわけでもないのに、興奮して部屋の中で飛び跳ねてしまいました。

(下の階の方、すみませんでした…)

 

転職を考えるときに覚えておきたいキーワード①ライフワークバランス

パソナキャリアの年収診断・年収査定シミュレーションを行ったときにライフワークバランスというキーワードが出てきました。

これは、仕事と生活の両立です。

内閣府によると「やりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができる」ことが仕事と生活の両立ができている状態であると考えているようです。

引用:内閣府 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章

http://wwwa.cao.go.jp/wlb/government/20barrier_html/20html/charter.html

私は転職活動を始めた当時は独身で30歳でしたので、それほど気にしませんでした。

ただ、将来的に家庭を持ったり、年齢を重ねて体力が落ちたりしていくと、今の会社だとしんどいだろうな…

と、感じた記憶があります。

 

転職エージェント「パソナキャリア」の基本情報

■会社名

株式会社パソナ

■所在地・お問い合わせ先

本部

〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-4

人材紹介事業部門

TEL 03-3243-1555

管理本部

TEL 03-3243-1586

新丸の内ビルディング

〒100-6514 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング14F

人材紹介事業部門

TEL 0120-837-001

大阪支店

〒541-0047 大阪市中央区淡路町4-2-15

人材紹介事業部門

TEL 06-7636-6170

名古屋支店

〒460-0008 名古屋市中区栄3-6-1 栄三丁目ビルディング

人材紹介事業部門

TEL 052-238-3401など

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です