私は社会人になってから、5年間社内SEをしてきました。

一度転職しているため、経験した会社は2つになりますが、同じ社内SEでも、驚くべきことに会社や所属する部署によって仕事内容は大きく異なっていました

ここでは、普通のSEとは少し違う社内SEの生態や転職方法を、自身の経験や見聞きした内容を基にご紹介しています。

知られているようで知られていない社内SEの仕事

「社内SEってやっぱり楽なの?」

「毎日定時で帰れるの?」

このように社内SEは楽でおいしい仕事という印象が強いですが、実際のところは入社する会社・配属される部署によって全く状況は違ってきます

ITベンダーより忙しくプレッシャーの大きい会社もあれば、適当にやっていても高給が貰える会社もあります。

仕事内容もコーディングをバリバリやらされる会社もあれば、ベンダーに丸投げして定時で帰っていれば良い会社もあります。

ここでは、私の経験を中心に社内SEの実態について詳しく説明していきたいと思います。

(このページの下部にドンドン更新していますので是非ともご覧下さい!)

 

社内SEの年収は高い? 低い?

「広告に出てた社内SE 年収700万ってあり得るの?」

「社内SEになるとベンダーの時より年収は下がるの?」

給料の高低は正直いって転職してどの業界・会社に入るかによって変わります。

同じ仕事内容でも会社によって年収に2倍以上の差が付きます

なお、私は転職エージェントを介して別の会社に転職し年収1.5倍を達成しました

その際に利用した転職エージェントや活用法・ノウハウは以下の記事に纏めています。

転職サイトエージェント比較おすすめランキング 年収1.5倍になった口コミ評判体験談

 

ただ、社内SEに転職する場合は目先の年収ではなく、後々のキャリアを良く考えて転職先を選ぶことが大切です。

何となく良さそうな求人に飛びついてしまうと「こんなはずじゃなかった…」という状況によく陥ります。

私は2回転職していますが、1回目はパっと見て良さそうな会社に転職したのですが、業績がすぐに悪化してリストラされるという悲劇を体験しました

そのような事態を避けるためには、現場や将来性を踏まえたアドバイスを受ける必要があります。具体的な転職法やおすすめの転職エージェントについては以下の記事で纏めています。

ITエンジニア・社内SE向けおすすめ転職求人サイトエージェント比較ランキング

 

新卒向けの会社案内なんかによくある1日のタイムスケジュールを書いてみたいと思います。もちろん、会社によって社内SEの仕事は変わるのですが、私のような企画・運用系の社内SEのケースについて以下に示してみます。

 

私の1日

9:00~9:30 出社し勤怠処理を行い、メーラー・スケジューラーを立ち上げる。

9:30~10:00 業務部門やベンダーとの打ち合わせの調整を行う。

10:00~11:30 打ち合わせを行う。

11:30~12:00 システムがトラブっているのでベンダーに対策を依頼

12:00~13:00 お昼休み。きちんと食事を取る。

13:00~14:00 打ち合わせを行う。

14:00~15:00 ユーザからの依頼対応

15:00~16:00 議事録を作り展開する。

16:00~17:30 提案・管理資料の作成

17:30 定時退社

 

という感じで1日が終わります。打ち合わせが少ない日はひたすら提案資料の作成や、ユーザの要望を満たすための調査をしています。

はっきり言って楽です。「社内SEで時間リッチになる!」という触れ込みがありましたが、まさに時間には恵まれています(お金には見放されましたが)。何かの作業や電話対応に常に追われることは少なく、思考しながら提案を考えたり纏めたりする仕事が中心なので、緊迫感は低めです。ちょこちょこネットサーフィンをしたり、プレゼンテーション資料用の素材を探したりと、かなり余裕を持ったこともできています。それもこれも、社内SEは工数管理されていない故の特徴であり、ベンダーにいると工数管理が徹底しているので常にフル稼働、22:00以降の退社が普通なので、比較すると1日6時間以上の自由時間を得られることになります。

ただ、わたくし事ですが、現在は不景気で保守費用がかなり絞られているため、トラブった際などに手を打ちにくいケースが多いです。ベンダーと交渉したり、ユーザに我慢してもらったりと色々と調整しながら方法を模索していくのですが、双方から責められ常に頭を下げる立場ですので、気苦労はけっこう大きいです。システム費用を落とそうとするとベンダーさんに抵抗されますし、保守費用に見合ったサービスレベルに落とそうとするとユーザに難色を示されます。とはいえ、納期を詰められて徹夜を連発していた頃に比べると天と地の差があります。いわゆる瑕疵責任というものがひじょうに軽いです。

もちろん、会社によって仕事内容は変わるので一概には言えませんが(私は前の会社でも社内SEでしたが帰宅は大体終電。鬱病続出、休日出勤は基本、休みなしの連続勤務60日何てこともありました)、世に言う社内SEはこんなものです。ただ、管理職などになるとやはり22:00くらいが普通になりますし、休日出勤も当たり前です。

一般的なホワイトカラーの職種は、夜遅くまで仕事に追われることが普通だと思いますので、それに比べるといかに恵まれているのかが分かります。

 

社内SEの存在意義

社内SEをやっていて、時々存在意義に疑問を感じることがあります。

どういったときに感じると言うと、以下のような場合です。

  1. ユーザ部門がシステムに詳しい場合
  2. ITベンダーが優秀な場合

1. についてですが、

システムを使っている業務ユーザは、使っていくうちに社内SE以上にシステムの中身に詳しくなっていくことがあります。

一方、社内SEはシステムが一度動いてしまえば、基本的にはシステムを利用しませんし、中身については忘れていきます。ユーザにマスタ管理などの作業を任せていると、自分たちでマクロを組んだりしてどんどん腕を上げていきます。ついには、ベンダーに対して自ら指示を出すようになることもあります。

そういった状況になると、ユーザからあてにされなくなってしまいます。また、担当しているシステムが変わった場合などはゼロスタートとなりますが、ユーザからするとそんな事情は関係なく、知らないことを責められたろ、見放されたりしかねません。

 

次に、2. のパターンですが、

ユーザ部門とITベンダーの間に信頼関係ができている時に生じます。

ITベンダーはシステム納品後も保守を担当していくため、長い付き合いとなります。問合せを受けて不具合修正や機能変更を行うのはベンダーなので、当然システムの中身に詳しく、ユーザ側から頼りにされます。

ひどいときは、社内システム部門に全く連絡がなく、両者で勝手に話が進む可能性があります。そのような関係ができていると、社内SEの存在価値というものがぼけてしまいます。

 

社内SEとしての立ち回り方

この事は何度も経験し悩んできましたが、結論としてやることは、

  1. できるだけ早くシステムと業務を理解する。
  2. 予算などシステム関係上の管理業務をサポートする。

あたりに落ち着きました。

もちろん、ベンダーのレベルがあまり高くない場合は、全体の調整や、引っ張り役として活躍する機会はたくさんあります。

 

社内SEはタスクは楽ですが、それにかまけて自主的にポジション取りをしないと社内での立場が厳しくなります。リストラ候補者としての烙印を押されないよう、存在意義を構築していくことが必要です。

やり方だけ見ていると、社内SEと言うよりは、社内政治屋ですね。まあ、サラリーマンの一般的な姿ではありますが。

社内SEの新卒募集はどの程度?

私は新卒時に社内SEになりましたが、一般的にそのパターンは少ないです。

企業の募集要項によく、「システム職」などど書かれていますが、配属されるのは極々少数で、配属を行わない年も多々あります。狙って入りにくい職種です。

IT部門はプロフィットセンターではないので、最低限の配置しか行わない、というのが一般的ですね。

 

私が最初に勤めた会社はかなり大きかったので、社内システム部門に配属された人数は何と20名程いました。それでも、例年は5名程度で、私の入社した年がたまたま多かったというだけでした。

マンモス企業でこの程度なのですが、一般的なところですと、ゼロかせいぜい1、2程度でしょう。

以上の理由から、新卒から社内SEになれること自体が稀なのですが、仮になれたとしたら、その選択はキャリア的にどうなのでしょうか?

 

新卒で社内SEを選ぶとどうなる?

個人意見ですが、ビジネスマンとしてキャリアを積み上げていくためにはあまり良い選択とは思えません。

文系出身ならば、やはり花形の企画や人事、ハードですが営業で力をつけのし上がっていく方が出世が早いです。また、これらの能力は転職市場で評価され、色々と幅が広がります。ひどい話ですが、社内システム部門は評価が低く、「配属されたら負け組み」、と言われた時代もあります。

理系出身で、情報科学などをやっていれば多少は趣味とマッチングすると思いますが、それでも製品開発などに行く方が良いです。大変さはつきものですが、市場評価も高くなり、転職候補も広がります。

 

社内SEはSE意外の選択肢がほとんどありませんし、一般のSEと比べて力もつきません。ベンダーなどで修羅場を経験しているSEと比べると力量差は天と地ほど開きますし、恐らくついていけないでしょう。

 

加えて、基本的に立場が弱いです。

お客様である業務部門はパソコンについては素人の方も多いですから、誰でも扱えるインターフェイスを設計し、サルでも分かるマニュアルを懇切丁寧に作る必要がありますが、それでもボロクソに言われます。気がつくと、同期入社の人事や営業の人と、出世に大きく差が付いていたりもします。プライドが果てしなく高い人は絶対にできない仕事です。

 

と嫌なことばかり書いてしまいましたが、直接顧客との折衝に立たされないので、外で戦っている社員と比べると精神的にはかなり楽です。転職には困りますが、会社と一生を共にするつもりならおいしい職種と言えるでしょう。

 

個人的には、ベンダーなどで一般のSEをしばらくやって、十分にSEの苦しさを知った後に転職して社内SEになる方が、色々とありがたみが分かって良いかと思います。

事実、SIerを脱出してくる人が多いので、社内SEとは心が折れた一般SEの人生の波止場みたいなものではないでしょうか。

 

ちなみに、私は最初は「楽そうだ」、という理由で選びました。

その後、エリヤフ・ゴールドラットの制約条件の理論(TOC)やドラッカーの書籍に触れ、業務改革を進めることに楽しみに覚え、今ではそちらの動機で社内SEをやっています。

ただ、楽しい毎日ではあるのですが、給与や将来の展望面で魅力的かと言うと、やはり答えはNOです。

社内SEの仕事 調整弁として動く(主任クラス)

 

社内SEの普段の動き方はどんな感じなのでしょうか?

私は主任クラスということで、主に調整事を行い、大きな決定、予算に係る事項は課長・部長クラスが決定します。

もちろん、会社によって役割の範囲はことなりますので、この限りではありません。典型的な日系企業ですとこのようになりそうです、という参考情報として捉えて頂けますと幸いです。

 

では、調整事とはどのようなものでしょうか?

主任クラスになると、基本的には設計やコーディングはせず、提案書や資料の作成、ユーザ部門やベンダーとの作業スケジュール調整が主流になってきます。私の担当している部門はCMMIが低いため、フォローとしてマニュアル作成や業務定義書、体制図などの各種資料の作成、取りまとめも行っています。

このように基本的にはシステム運用に係る問題点を抽出し多部門と調整し、体制や資料を整えていくことが作業の中心です。

会議等も基本的にはIT部門からは私だけが参加し、資料の作成、準備から仕切りまでをやります。大きめの会議では上司も同席してもらい、私の裁量では決めかねる事項のアドバイスなど、要所要所で発言してもらっています。

このように主任SEの役割はプロジェクトが設定された後、現場で実際に進行する役割が中心かと思います。ここで、リーダーシップや調整能力、人脈などを培い経験を積むことで、管理職へと近づいていく形になるかと思います。