研究職

研究職

研究職の退職時に誓約書にサインするのは義務?退職したら発明した特許は誰のもの?

転職あるいは退職する際に誓約書という見慣れない書類にサインを要求されることがあるかもしれません。普通の人は転職や退職そのものがそうそう経験するものではないので、「誓約書とは一体何なのか?」、「サインしなければどうなるのか?」と疑問に...
2020.09.17
研究職

研究職だからこそ内容を精査できる特許!特許調査は特技として評価してもらえるかも?!

特許出願を代行する弁理士という国家資格は理系に有利な法的な国家資格と言われることからも分かるように、特許の内容は科学的な発明に関するものが多く、研究職に就いている者であれば、少し勉強することで自身の専門分野の特許であれば内容を精査す...
2020.09.17
研究職

研究職の転職後の心構えとは!体験したからわかることとは?

私の場合には学習能力が低いから2回も3回も転職することになったということもあるのかもしれませんが、複数回の転職経験から、転職によって苦労したことも分かりますし、「ああすればよかった」、「こうすればよかった」、「これができたのは大きか...
2020.09.17
研究職

研究職が転職するための手順の注意点は?!研究職の転職事情は?!

出来ることをいろいろやってみても改善できないとなると精神的に参ってしまう前に早めに決断するというのも大切なことです。 私も3回の転職を経験しておりますが、どの会社や大学もいつかは辞めようと思って就職したことは一度もありませんし、何...
2020.09.17
研究職

転職を考えている研究職の皆さん!転職する前にできることはありませんか?

新卒就職も含めて4つの会社や大学に就職・転職する際に、最初からいつかは辞めるつもりで就職した組織は一つもありませんが、結果的に3回の転職と4つの組織を経験してきている私が転職の良し悪しを語っても信憑性がないという方も居られるのかもし...
2020.09.17
研究職

ベンチャー企業の研究職とは?専門分野外の知識も問われる!?

次の転職先は、世間ではベンチャー企業と呼ばれる上場を狙う会社の研究開発職です。入社時の役職は部長で、後に開発担当役員という形で取締役として働くことになりましたが、これが間違いだったのかもしれません。最終的に7年後には表向きは自己都合...
2020.09.17
研究職

中小企業の研究職は何でも屋!できることを全力でやることが大切!

大企業、大学と渡り歩いた私が選んだ次の職場は、発酵生産を生業としている中小企業です。自社製品の製造に加えて他企業からの受託製造も受けている企業であり、中小企業といっても、発酵生産の受託製造会社としてはトップクラスの生産規模の会社です...
2020.10.01
研究職

大学教官という研究職は?世間で言われるほど優遇されていない地方大学の教官

3年間という短い期間ではありましたが大企業の研究職を続けることを断念して、次に選んだ研究者の道は地方の国立大学の助教(当時は助手と呼ばれていました)です。テレビドラマなどに出てくる大学教授や准教授と言えばエリートのようなイメージです...
2020.09.21
研究職

大企業の研究職としての体験!何故転職をすることに?

ここからは、大企業、大学、中小企業、ベンチャー企業という様々な組織の研究職として転職を繰り返しながら体験した出来事をご紹介させていただきます。先に企業の研究職としての心構えや転職を考える前になすべきことなどを紹介した人間が3...
2020.09.23
研究職

企業の研究者として生きていくための研究に対する心構え?!謙虚さを伴うプライドで転職を避けれるかもしれません

前回は、研究職とはどんな職業でありどのような人が向いているのかなどについてお話しさせていただきましたが、今回からは私事ではありますが、研究職を生涯の職業として選んだ理由、経緯についてご紹介させていただきたいと思います。ここは...
2020.09.25
研究職

研究職とはどんな職業?自分にできるのか?研究職就職の向き不向きはある?

理系の研究者のことを「リケジョ」と呼ばれたことは記憶に新しいですが、研究に携わる、あるいは、研究を職業とする研究職に興味を持つ人が増加していることの現れではないでしょうか?」研究職というのは文字通り研究をする職種のことであり...
2020.09.25