アメリカ旅行に現金は必要なのでしょうか。

「どこでもクレジットカードが使えるから、現金はほとんどいらない」との認識の方が多いと思います。私も長年この認識でした。
しかし近頃のニューヨークは意外と「現金が必要です。」今回の旅行でそう気づきました。

理由は、「クレジットカードの磁気が読めないことがよくある」そして「カード払いの最低金額を設定するお店が増えた」ことです。
例えば、多くの方が利用することになるだろう地下鉄「メトロカード」の自販機は、クレジットカード払いがうまくいかないことが多いです。
またお店の支払い最低金額は、クレジットカード会社が加盟店に課す利用料が上がっている影響と考えられます。「アメリカン・エクスプレスは受付できません」「クレジットカードでの支払いは20ドル以上のときのみ」などとしている個人経営の食べ物のお店やグロサリー・ストアは多いです。

ということでニューヨーク旅行には、クレジットカードだけではなく、現金も用意したほうがよいです。この記事では、ニューヨークで、日本円のお札をアメリカドル紙幣に両替することができる両替所の場所と、クレジットカードでキャッシングを行うためのATM操作方法を詳しくご紹介したいと思います。

 

アメリカ・ニューヨークでの現金調達方法、「ATM」「両替所」どちらがいい?

アメリカ・ニューヨークで現地通貨の現金を調達するためのお勧めの方法。結論を先に書くと、「ATMでキャッシング」が圧倒的に便利です。

 

両替所での日本円→ドルへの両替 知っておくべきこと

1. レートはよくない、手数料がかかる

両替所での両替は、クレジットカードのキャッシングのレートに比べてよくない(高い)です。また両替手数料がかかることが多く、これもATM利用手数料と比べて高いです。同じ業者でも場所が変われば手数料が違うことがあります。

2. スムーズに両替するための聞き方

ニューヨーク全体のお客様サービスの特徴でもあるのですが、店舗のスタッフの対応(特に女性スタッフ)は、ぶっきらぼうであることが多いです。今回、複数の両替所で取材を行いましたが、フレンドリーで丁寧な対応をしてくれたのは1箇所だけ(詳しくは後述します)でした。

なお、一昔前まではホテルでも外貨両替を受け付けてくれるところが多かったのですが、近頃は高級ホテル以外では行っておらず、また高級ホテルでも利用できるのは宿泊者に限られます

現地の人に両替について尋ねたいときには、「マニー・エクスチェンジ Money exchange」や「カレンシー・エクスチェンジ Currency exchange」と言えばたいてい分かってもらえます。しかし両替所でこう聞くと、「両替所に来ているくせに、(当然のことを)何言っているんだ」とスタッフの機嫌を損ね、「どの通貨からどの通貨に?」などとやり取りが多くなってさらに煩わせてしまうことになります。。。

日本円をアメリカドルに両替したい場合は、
Do you buy Japanese yen?
と聞くと手っ取り早いです。たいてい「Yes」と言ってもらえてスムーズにコトが運びます。

FX取引の知識がある方は分かると思いますが、アメリカドルで日本円を「買う」ことになるのですね。ちなみにsell(売り)は、日本円キャッシュの在庫がめったにないことが理由で、ほぼ、断られます

 

ATMでのキャッシング 知っておくべきこと

クレジットカードや国際キャッシュカード、プリペイド式のマネーカードを日本から持ってきている場合、空港や街にあるATM でアメリカドル紙幣を引き出すことができます。
ニューヨークでは、街を歩いているといろんなタイプのATMを見かけます。利用しようと思えば利用するのは簡単です。

ただし利用にあたり、知っておくべきことは多いため、詳しく説明しますね。

1. 「海外キャッシングサービス」が利用できるカード限定

まずクレジットカードの場合、すべてのカードで海外キャッシングサービスを利用できるわけではないため、事前に確認が必要です。ゴールドカード以上のカードはたいてい利用できると思いますが、普通カードの場合はサービスがついてないか、事前に申込みが必要で、審査に通るかどうかの問題があります。
また、キャッシングできるのは日本国内限定、となっているカードもあります。利用できる金額の上限は利用者個人によって異なります。

海外キャッシングができるのクレジットカードをこれから作ろうとしている方もいると思います。信販系のカードは、キャッシングサービスの審査が比較的やさしいと言われていますので、ぜひ参考にしてください。

もし、海外キャッシング対応のカードを持てなかった場合は、「両替所で両替」するしかなくなると思います。

2. 「カードの暗証番号」の入力が必要

ATMの操作にあたっては、PIN(暗証番号)の入力を求められます。クレジットカード、国際キャッシュカード、マネーカードいずれも必要になりますので、出発前にカードの暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

特に、普段クレジットカードを日本国内で利用している方は、日本国内では暗証番号なしで決済できるところも多くなっています。しばらく使っていないと忘れているかもしれませんよ。

3. 1回あたりの引き出し限度額があり、高額引き出しはできない

アメリカでは防犯上の理由により、1回あたりの引き出し限度額が設定されています。限度額はATMによって異なり、中には200ドル程度と低いものもあります

海外旅行中は、それほど高額の現金が一度に必要になることはないとは思いますが、この点への対策としては、別の業者のATMを試す、別のカードを使う、日を改める、などがあります。

4. ATM 利用手数料がかかるカードもある

ATMを操作すると、後半で利用手数料が加算される旨の表示が出ます。
この手数料の金額は、ATMのサービス提供元によって異なります。アメリカの銀行のATMは低い傾向(3ドル程度)があり、外貨両替商のATMが次に安く(6~7ドル程度)、それ以外の金融サービス会社の場合は高めです。
また同じ業者でも、設置場所によって手数料が異なる場合もあります。

なお、ATMに利用手数料加算の説明が表示されたとしても、日本のカード会社がこれを負担してくれる場合もあり、実際には請求がないこともあります。例えば私が利用したJCBカードは、引き出した金額のみの請求でした。またセゾンカードもATM画面に表示される利用手数料の金額は請求されず、1回あたり216円の固定金額で請求されるようです。
ATMに表示される利用手数料と、カード会社独自の利用手数料の両方がかかるカードもあります。

この利用手数料の取り扱いが、お持ちのカードでどうなっているのか気になる方は、事前直接カード会社に問い合わせしてみてください。(現時点でネット上に散在している情報は確実性が薄いため、確実なことは直接カード会社に聞いたほうがよいです。

5. 独自レートの選択肢も表示されるが、高いので選ばない方がよい

今回の取材中、引き出し金額を選んだあとのタイミングで、日本円JPYの換算レートで、利用金額が表示されるATMが複数ありました。これはATM提供業者の独自レートを勧める説明です。

日本円で出ると分かりやすいと感じて、ついそのまま選んでしまいがちなのですが、これはいわゆる「落とし穴」になりますので要注意です。ここはお勧めを選ばずに、クレジットカード会社から後日請求されるレート換算に委ねる選択をしたほうが、高い確率で大幅にお得になります。

例えば今回は、写真のTravelexのATMに表示されたレートは、JCBカードのキャッシングレートよりも10円近くも高いということが判明しました!

 

ニューヨークの空港の両替所、ATMの場所、ATM操作方法

日本からニューヨークに着いてすぐ、まずは現地通貨の現金を入手したいと考える方は多いでしょう。
今回、ジョン・F・ケネディ空港とニューアーク・リバティ空港で取材してきましたので詳しくご紹介します。

1. ジョン・F・ケネディ空港の両替所とATM

ニューヨークの玄関口といえばJFK空港。日本からは日本航空、全日空、アメリカン航空の運航便がそれぞれ異なるターミナルに発着しています。
今回私は帰国便でJFK空港利用したのですが、12時発の便なのに空港に7:40に着いてしまうという失敗(というか、乗り合いバンを予約するとこんなに早く着いてしまいます)の待ち時間を有効に活用して、日本発着便のあるターミナル全部を調査してきました!

ターミナル1: 日本航空JALが発着
(Arrival到着ロビーエリア)Currency Exchange「ICE」

レート(2019年7月8日)1USD=131.64円
手数料 1250ドルまでは1回あたり9.95ドル、1250ドル以上は無料

到着ロビー階、建物の出口に向かって左手側にひたすら進んだ先に、Currency Exchange「ICE」があります。
今回のニューヨーク取材で、日本円現金→ドル現金への両替をするための、私からの最もお勧めはココの窓口です!

先にご紹介したとおり、直前まで行く先々で機嫌が悪いスタッフにひどい対応をされてきたこともあったせいか、ここの窓口のNahidさん(女性)は天使のようでした。(お名前の掲載は、ご本人に了解を取ってあります。)
こちらから口頭で軽く聞いたにもかかわらず、メモをわさわざ書いて、分かりやすく丁寧に説明してくれたんですよ。

レートは他社よりもかなり高いですが、もし両替所での両替をお望みで、特に初めてニューヨークに訪れる方が、市内のひどい接客で精神的ショックを受けるかもしれないことを考えると、ここで両替してしまうのが最もオススメです!

ターミナル7: 全日空ANAが発着
(Arrival到着ロビーエリア)両替所Currency Exchange「Travelex」

到着ロビー階Arrival、ターミナルの出口に向かって左側、バゲージクレームから移動してきたときには、ひたすら建物の奥に歩いていくと、右側に「Travelex」があります。

日本語での手数料の説明の掲示もありますが、窓口スタッフは日本語は分かりません。ちなみにニューヨークの両替所、すべてで日本語は通じません。

レート(2019年7月8日)1USD=124.3円
手数料  550ドルまで1回15ドル 基本手数料は1回9.95ドル、そのほかに両替する金額により異なる手数料が加算されます。
「2回目は手数料無料」とのことでしたが、同日中のことなのか、1年後でもいいのかは聞き損ねました。。。
550ドル以上は手数料無料です。

(セキュリティエリア)両替所 Currency Exchange「Travelex」

日本行きANAの搭乗ゲートの近くにも両替所がありました。きっとここは、旅行中の使い残しのドルを日本円に両替したい人向けにあるのでしょうね。(実際にはやってみていないので分かりませんが)

ターミナル8: アメリカン航空AAが発着
(Arrival到着ロビーエリア)Currency Exchange「Travelex」

こちらも、到着ロビー階Arrivalの案内を目指して、ターミナルの出口に向かって左側にずっと歩み進んでいくと、建物の一番奥(左端)に「Travelex」のカウンターがあります。

レート(2019年7月8日)1USD=124.3円
手数料  両替する金額にかかわらす1回10ドル

お気づきでしょうか。同じ両替商でも、カウンターが異なると両替手数料が異なります。こんなことってあるんですね。

ATMの場所もご紹介しておきましょう。
ターミナル8の到着ロビーを抜けて、AirTrainのりばの手前に1つATMがありました。
このATMの操作方法は、記事の後半で説明しています。

ターミナル4 (日本からの発着便はなし)
(Arrival到着ロビーエリア)Currency Exchange「Travelex」

日本からの発着便はありませんが、ターミナル4はお店が一番たくさん入っていて、時間つぶしによいターミナルでもあります。このターミナルに行くとしたら、他のターミナルからAirTrainを利用することになります。

AirTrainを降りてArrival階に出て、Shopsの案内表示に従って歩いていくと、左側にTravelexが見えてきます。

すみません、ここは他のTravelexとレートも手数料も同じだろうと思って、写真しか撮ってきませんでした。。。

他のターミナルへの両替所に行きたいときは、AirTrainを使う

例えばもし、ターミナル7のTravelexではなく、ターミナル1のICEで両替したい、となった場合は、ターミナル間を結ぶ無料トラム「AirTrain エアトレイン」を利用するとよいです。

このトラムは、空港ターミナル間のみ巡回するものと、地下鉄や鉄道への接続駅まで行くものと路線が複数あり、巡回の方向が逆になっています。間違った路線に乗ると遠回りになることがありますので、ご注意ください。

Airline Terminal 路線は ターミナル8 → 7 → 5 → 4 → 2&3 → 1 → 8…
と周ります。
駅発着の路線は反対周りで、ターミナル1 → 2&3 → 4 → 5 → 7 → 8 → フェデラルサークル駅…となります。

参考: http://www.panynj.gov/airports/pdf/jfk-airtrain-brochure-japanese.pdf

2. ニューアーク・リバティ国際空港(EWR)

アメリカ国内の空港で乗り継ぎ、または別の都市からニューヨークに入る場合に利用する機会が多い空港です。ターミナルはA、B、Cの3つに分かれていますが、小ぢんまりしていて迷いづらい空港だと思います。

空港内の地図によると、今回私が到着したターミナルBには、両替商Travelexの店舗窓口があることになっていますが、あいにく見つけられませんでした。

このため実際に見たATMのみご紹介します。ニューアーク空港内のATMはTravelexのものが多いです。(全部がそうかもしれません)

ターミナルB
(Arrival 到着ロビー)バゲージクレーム3と6の間 ATM Travelex

(セキュリティエリア)ATM Travelex

飛行機を降りたあとバゲージクレーム(これがまた、遠い!チェックインカウンターを通り抜けてさらに下階でした。)までの間に複数回見かけました。うちひとつは故障中。こういうのはしばらく直らないので、他のATMを探しましょう。

搭乗ゲートNo.80の近く 故障中でした

ユナイテッド・プレジデントクラブ(ラウンジ)の近く

レート(2019年7月5日)1USD=118.2243円
ATM利用手数料: 4ドル

なおこの「レート」とは、操作中の「Conversion」の案内に従ってTravelex ATMのレートを選択したときのものです。先の「知っておくべきこと」で説明したとおりですので、Conversionの選択はしないことをおおすすめしておきます。

 

ニューヨーク市内の両替所

ニューヨークの街に着いてから、両替が必要になったときに利用できる店舗をご紹介します。
大きな街ですから探せばたくさんあるのですが、今回は場所的なことを考えて、初めてニューヨークへ行った方でも分かりやすいだろう、というところをご紹介します。

タイムズ・スクエア近辺 2軒

夜遅くまで開いていることになっていますので、覚えておくと役立つことがあるかもしれません。ただしニューヨークのお店は、営業時間よりも突然早く閉めてしまうこともよくありますので、100%信用はしないこともおすすめしておきます。

MONEY EXCHANGE

ロンドンの両替商ChangeGroupの店舗です。ヒルトン・タイムズ・スクエアの入口の右隣りです。店内にはATMもありましたが、私が行ったときは故障中でした。

ここの窓口のスタッフは、なにか機嫌が悪そうで詳しく聞ける雰囲気ではありませんでした・・・

住所: 234 W 42nd St New York, NY 10036
営業時間: 月~日: 8:00am – 11:00pm
レート(2019年7月5日)1USD=129.1064円
手数料 金額にかかわらず1ドルあたり14セント

Change Money | ChangeGroup

こちらも、先と同じ両替商ChangeGroupの店舗です。タイムズ・スクエアのルネッサンス・ホテルの入口の右隣りです。
ここのスタッフの接客態度は、とにかく最悪でした!私がたまたま当たった人だけがそうだとよいのですが・・・。
なお、店内の一切の写真撮影を断られました&このエリアはお店の写真の外観が撮れないほど人が多すぎた関係上、Googleストリートビューから切り取った写真でご紹介します。

住所: 720 7th Ave, New York, NY 10036
営業時間: 月~日: 8:00am – 11:00pm
レート(2019年7月5日)1USD=129.1064円
手数料 金額にかかわらず1ドルあたり14セント

ちなみに、個々のお店は通りに向けてこんな看板が掲げられていたのですが、Fee(手数料)は無料ではありません!

Travelex Currency Service ※クローズ

Google Mapで確認すると、タイムズ・スクエアの巨大スクリーンの下のブロックにTravelexの店舗があることになっていますが、この位置の店舗は現在、なくなっています。
探してしまう人もいるかもしれませんので、参考までにお知らせしておきます。

住所: 1578 Broadway @ 47th Street New York, NY, 10036

ワールド・トレード・センター近く 1軒

Travelex

多くの方が観光中に高い確率で訪れるだろうワールド・トレード・センター。ここの2 World Trade Centerの建物の、通りを挟んだ斜め向かい北東にTravelexがあります。ここも、店舗内部や外観など一切の写真撮影は「Not allowed.」と断られました。セキュリティ上の理由だということです。
なので、通りの向こうから小さくですが、撮ってきました。。。写真の右側の建物の1階です。

住所: 30 Vesey Street New York, NY, 10004
営業時間: 月~日: 9:00am – 7:00pm
レート(2019年7月5日)1USD=123円
手数料 両替金額500ドルまでは1回あたり9.95ドル、550ドル以上は無料

 

ニューヨーク市内のATM事情

ニューヨークの街を歩いていると、本当にしょっちゅうATMを見かけます。レートやATMの利用手数料の金額を気にしないのなら、「ATMが見つからなくて困る」ことはない、と言い切れます。

本当に道端に、いきなりあります。

地下鉄の駅構内にもありました。

 

ATMでのキャッシング操作方法

それでは実際に、ATMでクレジットカードを使ってキャッシングを行った時の手順をご紹介します。業者によってかなり操作画面が異なる印象でしたので、複数種類を載せておきますね。

1. AA Credit UnionのATM 操作方法 (利用手数料3ドル)

クレジットカードでのキャッシングが利用できることを示すCirrus、Plusのマークを確認します。これは、現地の人向けの銀行のキャッシュカード専用ATMもときどきあるためです。

Welcome. Please insert your card.
クレジットカードを挿入口から入れます

カードを入れる向きは、表面が上、ICチップは奥側です。
カードがマシンに呑み込まれて見えなくなってしまう、そして稀に戻ってこなくなるATMもありますが、このマシンはずっと見えていて安心ですね。

Please re-insert your card.
カードを入れ直してください。処理中はカードを抜かないようにしてください。のような説明がされています。
挿入口からカードをいったん引き抜いて、再度入れ直します

Please select your language preference
操作画面の言語を選択します。[English]横のボタンを押します。

Enter personal identification number (PIN).
画面前の入力パッドから、カードの暗証番号を入力します。

Please select a transaction.
何をしたいか選びます。ちょっと迷う選択肢ですね。
引き出したい金額が40ドルの場合「Fast cash $40」を選びそうですが、その下に「from checking」と記載がありますので、Credit Union銀行の口座がある人向けです。クレジットカードでキャッシングする場合は利用できません。
[Withdrawal]横のボタンを押しましょう。

Withdrawal request from which account?
引き出しを行う口座の種類の確認です。[Credit Card]を選びます。

Enter dollar amount in multiples of $20.
引き出したい金額を「20ドルの倍数で」入力するように求められています。ということは、出てくるお札も20ドル札のみでしょうね。
入力パッドから数字を入力してください。

Do you want a printed receipt for this transaction?
レシートを印刷しますか? 控えのため[Yes]にしておきましょう。

AA CREDIT UNION, adds a terminal usage fee of $3.00 to this transaction.
このATMの利用手数料が3ドル、追加加算される旨の説明が表示されています。
了承する To accept additional fee and continue transaction 横のボタンを押します。

Please wait.
処理中です。

Please take your cash.
現金を受け取ります。レシートとカードも受け取って終了です。

2. TravelexのATM操作方法 (利用手数料4ドル)

挿入口からクレジットカードを入れます。カードの向きは表面が上、ICチップが奥になるようにします。
画面表示の言語を選択します。「English」を選びます。

Please enter your PIN and then press here
文字盤を使ってカードの暗証番号を入力し、画面の「… here >」横のボタンを押します。

Would you like to check your account balance?
クレジットカードでのキャッシングではできない「残高照会」について聞かれています。[No]の横のボタンを押します。

Select transaction
なにをしたいのかの選択画面です。[WITHDRAWAL] 引き出し の横のボタンを押します。

Please select the transaction account
口座のアカウントの種類の確認です。一番下の[Credit Card] クレジットカード を選びます。

Would you like a receipt?
レシートが必要かを確認されています。[YES]にしておきましょう。
日本で利用代金の支払いが終わるまで、このレシートは取っておくことをお勧めします。

Please select amount
引き出したい金額を選びます。希望の金額の横にあるボタンを押します。
これ以外の例えば160ドルなど、ここにない金額を引き出したいときは「OTHER」を選び、金額を入力します。

Access fee ATM利用手数料と、このATMの独自レートで決済してよいかどうかの確認画面です。
海外旅行をかなりしている方や、レートや手数料にこだわる方以外には意味が分からないと思いますが、ここでは左下の[Continue Without Conversion]を選ぶことを強くお勧めします。
理由は、「ATMでのキャッシング 知っておくべきこと」の5で解説していますのでご覧ください。

このあとは、処理が進み、お金が出てきますので受け取ります。レシートとカードも受け取って終了です。

なお、ワシントンDC編で「Bank of America」の ATMの操作方法(利用手数料は3ドル)を説明していますので、参考にしていただければと思います

 

まとめ

ニューヨークでの現地通貨キャッシュの入手方法、いかがでしたか?

最初にも書いたように、両替所はあまりお勧めはできず、ATMでのキャッシングするのが良いと思います。

ただし、ATMの操作もいろんな説明が増えており、毎回同じ操作というわけにはいかなくなっています。
この記事で説明したことが、いつかどなたかのお役に立てば幸いです。