んっ?セイジさん、なんだか元気が無いですね
たるんだ体を鍛えたくてジムに通い始めたけど、ジムの翌日は筋肉痛が酷いし・・・
おやおや、最初は皆さんそうですよ。筋肉痛は筋肉ができてくる証のようなものです
そうは思うのだけど、何よりトレーニングをしているときに息が上がってしまって・・・・
息が上がるのはエネルギー不足ですね

筋肉痛が起こる原因というのは明確に分かっているわけではありませんが、

  • 筋肉の損傷
  • 疲労物質の蓄積
  • 筋肉を修復・再生するために起こる炎症

などが原因で起こると考えられています。
翌日に支障が出るのならば、メニューを変えて、現状の自分の筋力に合わせたトレーニングから初めて行けばよいだけです。
しかし、ある程度は筋肉を酷使しなければ、筋トレをする意味がありません。


ところが、一つ一つの運動が長く続かないというのは、筋肉を動かすためのエネルギーが不足しているためかもしれません。
気持ちがあっても、エネルギーが無くては筋肉を動かすことができません。
スマートフォンの電池が空になったら停止して画面が真っ暗になるように、体内のエネルギーが少ないためにすぐに動けなくなってしまうというわけです。

体が自発的にエネルギーを造り出すことができるようになるのが理想的ですが、最低でも体ができてくるまでは筋肉をつくる栄養素だけでなくエネルギーをつくるのを補助する栄養素を同時に配合されたクレアチン アルティメイト スーパーボディメイクのようなサプリメントで体作りすると短期間で理想的な身体にすることができます。

ジムでもサプリメントを薦められましたが、説明を聞いてもどれを選べばよいのか分からなくて、どうしようかと思っていたところなんです
筋力アップのためのサプリメントには、プロテインやBCAAを含むアミノ酸類が配合されているのが一般的ですが、セイジさんの場合にはエネルギーを補充する体作りも大切です
クレアチン アルティメイト スーパーボディメイクならば筋トレ初心者の私でも大丈夫なんでしょうか?
アスリートはより高いレベルの運動をこなすためにエネルギー系のサプリメントを使う人もおられますが、セイジさんのようにエネルギーを造る体になっていない人でもクレアチン アルティメイト スーパーボディメイクのようなエネルギーを補充するサプリを利用しながら運動すれば効果的な体力アップが期待できます

 

クレアチン アルティメイト スーパーボディメイクはどんなサプリですか?

クレアチン アルティメイト スーパーボディメイク」というのは、何とも長い商品名ですが、この商品の最も特徴的なのがクレアチンという物質が配合されている点で、それをサポートする成分が充実していることがポイントです。

クレアチンを摂取すると、リン酸と結合したクレアチンリン酸というエネルギー貯蔵物質という形で筋肉内に保存されます。
筋トレなどを初めて体内のエネルギーが不足するときにクレアチンリン酸が利用されることで、不足しているエネルギーが供給されることで運動を継続することが可能になるというわけです。
もちろん、クレアチン アルティメイト スーパーボディメイクには傷んだ筋肉を修復するために必要な栄養素も配合されていますので、クレアチンでエネルギー不足を補いながらある程度ハードなトレーニングを継続して行うことができるようになれば、徐々に筋力もアップしてきます。

参照元:クレアチン アルティメイト スーパーボディメイク 公式サイト
https://shizen-labo.jp/lp/YR3A/

 

クレアチン アルティメイト スーパーボディメイクの特徴は?!

クレアチン アルティメイト スーパーボディメイクは筋力と持久力のUPを効率的かつ簡単に行えるように様々な成分が配合されていますので、期間で理想的な身体をつくることができるサプリメントをコンセプトにしています。

クレアチンを配合しているスポーツサプリはいろいろな種類がありますが、そのほとんどにBCAA(分岐鎖アミノ酸)という筋肉をつくるのに重要な、バリン、ロイシン、イソロイシンというアミノ酸が配合されています。
レアチン アルティメイト スーパーボディメイクもクレアチンとBCAAの配合までは同じですが、筋肉づくりをサポートする成分が追加されているのが特徴的です。

アルギニン:精力増強サプリに良く配合されているアミノ酸ですが、血管拡張作用、筋肉造りのコントロールに働く成長ホルモンの分泌促進、筋肉増強効果があり、クレアチンの原料にもなります。
グルタミン:激しい筋トレで筋肉にダメージが与えられると筋肉の分解が行われますが、グルタミンは筋肉の分解を抑制し筋肉痛を緩和する効果があります。
ブラックジンジャー抽出物:精力増強サプリではマカを超える素材として話題になっているクラチャイダムと呼ばれます。アルギニンをはじめとするアミノ酸が豊富に含まれた原料で、アルギニンと同様の効果が得られる天然成分です。
ヘスペリジン:柑橘類の皮などに含まれているビタミンP様物質と呼ばれるポリフェノールで、血管拡張・増強効果があります。
フェヌグリーク:ハーブや香辛料として利用される地中海地方原産のマメ亜科の一年草で、健胃効果があるとともに、血中コレステロールの低下や脂肪の燃焼をサポートします。
バイオペリン:コショウに含まれる辛み成分で、血管拡張とエネルギーの代謝を促進する効果がある成分です。
クエン酸:クエン酸サイクルを活発化させる有機酸で、ATPの産生を促す疲労回復成分です。

参照元:ウィッキペディア クラチャイダム
https://ja.wikipedia.org/wiki/クラチャイダム
参照元:ウィッキペディア フェヌグリーク
https://ja.wikipedia.org/wiki/フェヌグリーク
参照元:わかさの秘密 胡椒
https://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/pepper/

クレアチン アルティメイト スーパーボディメイクを飲みながらのトレーニングなら続けられるということでしょうか?
そのことを理解するためには、体を動かすエネルギー物質であるATP(アデノシン三リン酸)がどんなもので、クレアチンがATPとどのように絡むのかを知る必要がありそうですね

 

ATPの消費が激しい時には再生が間に合わない!

人の体の中でエネルギーを必要とする反応を動かしているのがATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる物質です。
体を動かす骨格筋だけでなく、心臓や胃腸を動かすためにもエネルギーが必要でATPが利用されます。
ATPからリン酸が一つはずれた物質であるADP(アデノシン二リン酸)に変わる際に大きなエネルギーが産み出され、それが活動に利用されます。

ADPは呼吸に連動する酸化的リン酸化、ブドウ糖の代謝(解答系)やクエン酸回路においてATPに変換されますが、急な筋トレなどでATPの消費が激しい場合にはATPの再生が間に合わなくなってしまいます。
これが、エネルギー不足によってトレーニングが長続きしない原因となっているというわけです。

参照元:stnv基礎医学研究室 ATPの産生
http://www.stnv.net/med/atp.htm

 

クレアチンはADPにリン酸を供給してATPを再生!

歩行などの軽い運動に必要なエネルギーや安静時に内臓を動かす生命維持のために必要なエネルギーはたかが知れており、通常のATP再生能力でカバーされます。
しかし、トレーニングによって骨格筋が急に動かされる、すなわち、急激なATP消費が起こるような場合にはエネルギー貯蔵物質として筋肉に蓄えられているクレアチンリン酸からリン酸を貰ってATPが再生されます。

レアチン アルティメイト スーパーボディメイクは、配合されているクレアチンが代謝されてクレアチンリン酸として筋肉内に蓄えることができるサプリメントです。
クレアチン アルティメイト スーパーボディメイクでトレーニングによって消費されたATPが再生されれば、持続力がアップし筋肉を酷使するような長時間のハードな運動も可能になりますし、運動による筋肉の収縮で傷ついた筋肉の再生も活発に行うことが可能になります。

持続力が無いのは電池不足のせいということですね
そういうことになりますね
クレアチンによってエネルギー不足を解消しなければならないということは、筋トレをするかぎりクレアチン アルティメイト スーパーボディメイクを飲み続ける必要があるということでしょうか?
筋力がアップしてくれば少ないエネルギーで同程度の運動が可能になりますし、健康的な肉体になれば体内でクレアチンを合成する能力も回復しますので、いずれはクレアチン無しでも大丈夫ということになると思います。ただし、トレーニングをランクアップするときにはサプリで摂取は考えた方が良いでしょう
なるほどね。ところで、ADPはクレアチンからリン酸を貰うのですが、クレアチンはどこからリン酸を貰うのでしょうか?
その疑問については、体内のクレアチンとクレアチンリン酸の合成について知る必要があります

 

クレアチンは体内で合成できますが・・

クレアチンは、アルギニン、グリシン、メチオニンというアミノ酸を利用して、腎臓と肝臓で合成することができます。
食事で普通に摂られるたんぱく質に含まれているアミノ酸ですので、代謝能力が正常であればクレアチンは体内で合成されていますが、加齢に伴う代謝能力の低下や不摂生な生活習慣による血流悪化などの影響で体内のクレアチン濃度、並びに、筋肉内のクレアチンリン酸濃度が低くなっているというのがエネルギー不足の状態です。

理想的な肉体になり脂肪が減少することで血液がサラサラになれば代謝能力の改善が期待できますので、トレーニングを継続することである程度はエネルギー不足が改善されることになります。

ただし、クレアチンの一日に必要な量というのは運動量に依存していますので一概には言えませんが、3,000㎎~5,000㎎でだそうで、自力で合成できるクレアチンの量は一日に必要な量の半分程度という話もあります。
急激なエネルギー消費の予定があるときには、サプリメントによるクレアチンの摂取は頭に置いておいた方が良さそうです。
その点では、クレアチン アルティメイト スーパーボディメイクには一日の摂取量がクリアされる5,000㎎のクレアチンが一包当たりに配合されていますので、安心です。

 

クレアチンリン酸のリン酸はATPから供給される!?

摂取されたクレアチンや体内で合成されたクレアチンは血液の流れにのって体中に運ばれますが、ほとんどは運動に必要な骨格筋に運ばれて筋肉内でクレアチンリン酸に変換されて蓄積されます。

筋肉に到着したクレアチンは、ATPからリン酸を貰ってクレアチンリン酸に変換されています。
ただでもエネルギーが不足して持続力の無い筋肉なのに、そんなところでATPを使ってしまってはエネルギー不足が酷くなるだけでは?」と思う人がおられるかもしれませんが、クレアチンのリン酸化は、あまり運動していないATPに余裕のある時に行われていますので、その心配は必要ありません。

参照元:ウィッキペディア クレアチン
https://ja.wikipedia.org/wiki/クレアチン
参照元:わかさの秘密 クレアチン
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/creatine/

クレアチンは移動式のリン酸の倉庫みたいなものですね
これからATPの消費が激しくなるというアスリートでも、運動中のATP不足を避けるためにクレアチンが配合されたサプリメントを利用している人もおられます。
アスリートを目指すわけではないけれど、急に激しい動きが必要な時でもエネルギー不足がカバーできるなら、日常的にクレアチンをサプリメントで摂っていたいなあ

 

クレアチン アルティメイト スーパーボディメイクの総括

クレアチン アルティメイト スーパーボディメイクは、商品名にあるように、クレアチンとBCAAの作用によって、急に運動を始めた人が陥りがちなエネルギー不足を解消しながら効率的に筋力をアップさせるサプリメントです。
疲れるばかりでなかなか筋力がついてこないとあきらめてしまうことが無いように、クレアチンとBCAAの効果をサポートする成分も充実しているように感じました。

アルティメイトというのは「究極の」という意味がありますが、公式サイトでは4ヶ月という短期間でユーザーが思い描く究極の体作りができるという意味が込められているようです
最初の苦しい一ヵ月を乗り切れば、徐々に楽になり、4ヶ月目には引き締まった体になるというのを楽しみに頑張れそうです