今回ご紹介するHMB PROTEIN 18000という筋力増強サプリは、話題の成分であるHMBとホエイパウダーをミックスした筋力増強サプリです
ホエイパウダーを配合した筋力増強サプリといえば、DAILY BASIC ホエイプロテイン100が初級・中級用ということでご紹介いただいてますが・・・?
HMB PROTEIN 18000はHMBが配合されている、いわば、中級・上級者用の筋力増強サプリになっています。セイジさんのトレーニングが進んだ時に使えるのではないかと思いまして・・・
それは、ちょうど良いタイミングです。そろそろ、バージョンアップしようかと考えていたところです
HMBについても、HMBマッスルプレスという筋力増強サプリで紹介させていただいてます
そう言われると、ありましたねぇ。少し記憶が薄らいでますが(笑)

ホエイというのはチーズを製造する際に発生する乳清という廃棄物ということになりますが、牛乳由来の栄養素を豊富に含んでいる上、乳酸菌によって低分子化した水溶性のたんぱく質が豊富に含まれる吸収性の高いたんぱく質が豊富であることから、筋力増強サプリメントのたんぱく質源として注目されている成分です。

しかし、摂取されたたんぱく質は体内でアミノ酸に分解されて体に必要なたんぱく質を再合成しますが、体を構成しているたんぱく質は筋肉だけではなく代謝を行うための酵素もたんぱく質です。

もちろん、酵素たんぱく質は生命を維持する上で重要な働きをする物質ですので必要ではありますが、筋肉をつくりたいという筋力増強サプリメントを摂取する意義を考えると、摂取したたんぱく質を効率的に筋肉の強化に利用するようにしたいという願望もあります。

そこで、登場するのが、最近注目されているHMBという筋力増強成分です。

吸収性の高いホエイプロテインだけでもしっかり筋トレすれば筋肉はついてきますが、ワンランク上の筋肉を求める人や短期間で筋肉をつけたいという人はHMBを同時配合した筋力増強サプリメント、すなわち、HMB PROTEIN 18000の方が好ましいというわけです。

ホエイプロテインだけのサプリメントでは細マッチョには慣れるけれども、マッチョになるためにはHMBが有効ということですね
そういうことです。ホエイプロテインだけでも地道にトレーニングを継続すれば、少しずつではあるものの、マッチョに向かっているはずですが、それを加速するためにはHMBの存在が大きな意味を持ってきます
ところで、製造販売している株式会社ECスタジオというのは聞いたことが無いのですが・・・

 

株式会社ECスタジオとは?商品開発ポリシーは?

HMB PROTEIN 18000の製造販売を株式会社ECスタジオは2014年3月に設立されたという、まだ5年しか経過していない新しい会社です。
ECというのは electronic commerce、日本語にすれば電子商取引という意味で、いわゆる、インターネット上の通販サイトということです。
株式会社ECスタジオでは通販サイトに自社商品を展開するサポートをするとともに自社のサイトも運営し、楽天・Yahoo・Amazonなどにも出店しています。

納得できるものを続けやすい価格で」というポリシーのもと、どうすれば良い商品を消費者が手軽に手にすることができるかということを考えて、HMB PROTEIN 18000を含む35種類の商品を販売しているということです。

参照元:株式会社ECスタジオ 公式サイト
https://ec-studio.jp/

HMB PROTEIN 18000の製造販売元である株式会社ECスタジオのポリシーからすると、価格は安いということでしょうか?
商品ごとにそれぞれの成分の配合量が異なりますので一概には言えませんが、HMB PROTEIN 18000の中身の説明の前に価格について検証してみましょう

 

HMB PROTEIN 18000の価格は適正価格?

どの商品と比較するのかということになりますが、ここでは、先に紹介させていただいたHMBマッスルプレス、DAILY BASIC ホエイプロテイン100の二つと比較してみます。配合量は一日に摂取する目安量から計算し、価格は一か月分の定価になっています。

HMB配合量 ホエイプロテイン配合量 価格
HMB PROTEIN 18000 1,200㎎ 22.52g 12,960円
HMBマッスルプレス 1,500㎎ × 7,236円
DAILY BASIC ホエイプロテイン100 × 26.8g 4,980円

詳細は不明ですが、HMBという成分は原料費が高いということですので、HMBが配合されている時点で商品の値段は上がってしまうことになりますので、HMBが配合されていないDAILY BASIC ホエイプロテイン100は最も安値です。

しかしながら、ホエイプロテイン100%のDAILY BASIC ホエイプロテイン100でHMBを摂ろうとするとHMBマッスルを同時に飲む必要があり、両者を足すとHMB PROTEIN 18000とほぼ同じ価格ということになります。

言い換えるならば、HMB PROTEIN 18000は決してお得というわけではありませんが、リーゾナブルな価格であるということは言えるのかもしれません。

もちろん、キャンペーン価格というのもありますので、お得かどうかは各公式サイトを見てみる必要があります。
当サイトで、HMBマッスルプレスとDAILY BASIC ホエイプロテイン100について紹介させていただいている記事の中には公式サイトのリンクもありますので、内容確認と併せてチェックしていただければと思います。

関連記事:HMBマッスルプレス!話題のHMBの筋力増強効果とは?
https://kuriyaso.net/investment/healthcare/hmb-muscle-press/
関連記事:DAILY BASIC ホエイプロテイン100はホエイのみを使った吸収力の高いプロテイン
https://kuriyaso.net/investment/healthcare/daily-basic-whey-protein/

確かに、HMB PROTEIN 18000にはお得感は無さそうですが、細マッチョならばDAILY BASICで十分だし 、HMBの量にこだわるならHMBマッスル、総合力ならHMB PROTEIN 18000という感じですね
ブラボー。まさしく、その通りです。食事でたんぱく質をしっかりとっている 方はHMBの量にこだわるでしょうし、筋肉はつけたいけれども始めたばかりでそこまでこだわっていないという方はホエイプロテインだけで十分と言えます
ところで、ホエイプロテインとHMBというのはそんなに相性が良いのですか?
うろ覚えになっているホエイプロテインとHMBの復習もかねて、商品の内容を検証していきましょう

 

HMB PROTEIN 18000の特徴とは?

ホエイは市販のヨーグルトを開封したときに上部に溜まっている黄色い色をした上澄み液のことで、牛乳を乳酸菌で発酵させるヨーグルトやチーズなどの製造の際に発生しますが、消化吸収性が高いことが注目されて様々な健康食品が検討されているたんぱく源です。

しかしながら、いくら吸収性の高いホエイプロテインであっても筋肉合成に利用されなければ、筋力増強サプリメントとしては意味がありませんので、筋肉の破壊を抑えて合成を促進するβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸(β-Hydroxy-β-Methyl-butyrate)、略して、HMBが吸収性の良いホエイプロテインを効率よく筋肉合成に利用するように方向づけてくれます。

すなわち、HMB PROTEIN 18000に配合されているホエイプロテインとHMBの組み合わせは、筋肉増強には理想的な組み合わせと言えるのかもしれません。

参照元:HMB PROTEIN 18000 公式サイト
https://finebase.jp/hmbprotein_a.html

 

ホエイプロテイン

牛乳はタンパク質が豊富であることが知られていますが、8割はカゼインという分子量の大きなたんぱく質で吸収するには時間がかかります。
乳酸菌にはたんぱく質を分解するプロテアーゼという酵素を分泌しており、牛乳中のたんぱく質を分解して低分子化して水に溶けやすくする働きがあります。
ホエイはもともと牛乳に含まれている水溶性たんぱく質、さらには、乳酸菌によって低分子化した吸収性の良いたんぱく質が含まれているというわけです。

また、牛乳由来のミネラルやビタミンも含まれていますし、水に溶けにくい乳脂肪は含まれていないという筋肉増強に適したたんぱく源です。
ただし、ホエイプロテインは本質的においしいというものではないので、HMB PROTEIN 18000では16種類のフルーツパウダーを配合して飲みやすくしているということです。

ホエイプロテインの詳細についてはDAILY BASICホエイプロテイン100の記事に書かれていますので、詳しく知りたい方はこちらを見ていただければと思います。

 

HMB(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)

HMBというのはMetabolic Technologies, Inc. (MTI)という会社が開発したβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸という物質で、筋肉の分解を抑え合成を増強する成分です。

筋トレをする、すなわち、筋肉に負荷をかけると体は損傷を受けた場所を再生するように働きますが、その際に正常な部分も含めて余分に筋肉を新生し筋力がアップしていきます。
HMBは筋肉が受けるダメージを最小限に抑え筋肉の新生を向上させる働きのある成分ですので、通常よりは早く筋肉量が増えていくことになります。

HMBの詳細についてはHMBマッスルプレスの記事に書かれていますので、詳しく知りたい方はこちらを見ていただければと思います。

確かに、この説明を聞くとホエイプロテインとHMBは筋力増強という点について非常に相性が良い成分であることが分かります
だからこそ、HMB PROTEIN 18000 に両者を配合したのだと思います。普通の食事をしていればHMBさえ供給すればたんぱく質をあえてとる必要が無いという人もいるようですが、無いよりはあった方が良いですし、それが吸収性の良いたんぱく質であれば尚更です
HMBという物質はサプリで摂るしかないのですか?
HMBは体内で合成できます。ただし、HMB合成のもとになるのがたんぱく質に含まれるロイシンというアミノ酸ですが、摂取されたロイシンの5%程度しかHMBに変換されないそうです。
それなら、サプリで摂った方が良さそうですね
トレーニングが進んで自分でHMBを合成する能力が上がってきたら、サプリ無しでも筋力アップできる体になることも夢ではないかもしれませんよ
仮にそうだとしても、そこまで辿りつくには気が遠くなりそうです(笑)