IT系のお仕事

社内SE

社内SEとメンタル事情(ストレス・鬱病)

社内SEは楽な仕事、と思われがちですが、実はメンタルを病みやすい職種でもあります。SIerに比べると少ないですが、それでも一定の割合で鬱病になる人がいます。
2018.03.25
社内SE

社内SEをリストラする会社はリストラ&採用を永遠に繰り返す

アウトソージングや分社化でリストラされやすい社内SE。パナソニック、シャープなど多くの会社がコスト削減を目的にこれまでIT部門をリストラ化してきました。ただ、リストラしても結局は再びIT人材を補充し、しばらくすると再びリストラをする。という悪循環に陥っている会社が多く見られます。
2018.03.25
社内SE

得意分野(業務経験)を活かしコンサルティングで稼ぐというキャリア

私は過去に2回リストラされています。現在は比較的安定した環境で働けていますが、過去の経験から「またいつリストラされてもおかしくない」と考えており、そうなった際の飯の食い方をいつも模索しています。今回は1つの方法として「コンサル業務で稼ぐ」ということを考えてみました。
2018.04.15
社内SE

PM業務と社内SE 生き残りに必要なスキルはプロジェクトデリバリー

ITには色々な工程があり、仕事内容も大きく変わってきます。IT職の1つである社内SEもどのような工程を担当するかでやっていることは大きく変わってきます。色々な意見がありますが、私自身は今後社内SEがリストラされずに生き残るためにはPMとしてプロジェクトデリバリーができるような人材になることが必須だと感じています。
2018.03.25
社内SE

海外勤務キャリアのある社内SEの昇進・転職市場評価

本社勤務が多い社内SEですが、事業が拡大してくると海外支社・子会社に配属されることもあります。社内SEとして海外で働くと一体どういったことをするのでしょうか。また、その経験はキャリア上どう見られるのでしょうか?
2018.03.25
社内SE

海外ユーザ向けシステム導入:入力オペレーションの大変さ

私の会社は海外にも支店を出しており、現地国籍の人を雇っています。こういった人向けに予算管理・経費処理・調達などのシステムを導入したいという要望があり実際に導入を試みていますが、色々と苦労しています。
2018.03.25
社内SE

ビジネスに貢献しない受け身で楽をしている社内SEはリストラされる

IT系で楽な職種NO.1の社内SEですが、楽な分お荷物要員と見られかねず、経営者からの評価は低いことが多いです。ただ、本当にこんな天国が未来永劫続くのかと言えば、そんなことはないでしょう。
2018.03.25
社内SE

ベンダー・SIerのエンジニアは社内SEに転職すると後悔するか?

最近、元ITベンダーで社内SEに転職した人に会う機会がありました。お互い社内SEということで、今の心境を語り合ったりしました。激務から開放されてさぞ満足しているかと思いきや、その人の口から出てきた言葉は「失敗した」という内容でした…
2018.03.25
社内SE

SEから違う職種に変える方法 社内SEで入社後に異動で他部門に動く

私もそうですが、世の中にはSEを辞めたくて辞めたくて仕方のない人が多いと思います。そんな方にはもし専門が業務系SEであるなら、一旦社内SEとして採用され社内異動するという手段が有効です。
2018.03.25
社内SE

大手ITコンサル・SIerを辞めて社内SEになる人の実例

私は新卒からずっと社内SEをやっています。その間、2回転職をしていますが、いずれも社内SE職で会社を変えてきました。私のようなケースはけっこう珍しく、転職して社内SEになる人は大体がITコンサルかSIer出身の人がほとんどです。中には大手から転職してくる人も多いのですが、今回はその事例と理由を書いてみたいと思います。
2018.04.15
社内SE

社内SEとユーザのITリテラシー 日系はおんぶだっこ・外資系は複雑なシステムでも運用可

社内SEは業務効率を向上させるためにビジネス部門が使いやすいシステムを構築する必要があります。この「使いやすい」というものが結構曲者で、日系企業の場合はかなり手厚いものを準備しないとすぐに不満が爆発します。一方の外資系はITリテラシーが高い社員が多いこともあって、複雑な操作を要求するものでもスっと使ってくれることが多いです。
2018.04.02
社内SE

社内SEと業務改善提案 業務分析しシステム化に繋げる

社内SEの仕事の1つに業務改善提案があります。ステップとしてまずは業務分析を行いシステム化へと繋げていきますが、社内SEがどの程度の役割を担うかは会社によって異なります。立派な社内SEになるためには、果たしてどれくらいの事が出来れば良いのでしょうか。
2018.04.02
社内SE

第二新卒枠で大量募集!社会人経験3年未満でも超大手社内SEに!

第二新卒枠と呼ばれる社会人経験が浅い人向けの採用枠がかなり増えています。企業側が景気の上向きに合わせて、積極的に採用しているようです。そんな、現状を私の周りの事例からレポートしてみました。
2018.03.25
社内SE

低スペックSEでも大手の社内SEとして入りやすい業界

大きい企業の社内SEは募集要件が年々高くなってきています。特定の業務知識(≠業界知識)やSAPなどのパッケージ製品の知識を要求してくることもありますが、正直これらは関われるかどうかは運の要素も大きいです。ということで、現在非常に苦戦している私です…。ただ、業界によっては大手でもあまりスキルを求めない会社もあります。
2018.03.25
社内SE

社内SEの転職で年収1.5倍アップが狙える理由

社内SEの最大にして最強のメリットは転職により業界を変えれることです。年収や将来性は、企業そのものよりも業界全体の傾向に左右されることが多く、業界を変えたら賞与や年収が1.5倍になった! なんて例は死ぬほどあります。
2018.03.25
社内SE

社内SEは英語が出来た方が絶対転職に有利

これまで経験した中で断言できますが、社内SEの転職は英語ができると俄然有利です特に大手企業や製造業はこの傾向が顕著です。
2018.03.25
社内SE

社内SEは実はなりやすい?激戦と思いきやそうでもない実情

現在、5名のエージェントさんと会っています。まあ人数はこれくらいが相場かな、と思っていますが、紹介されている案件の数はどれくらいでしょうか?。特に社内SEの案件ってどれくらいあるのか気になりませんか?
2018.03.25
社内SE

社内SEとサーバー管理(初歩的な運用管理)

サーバー管理というと、テクニカルなものを想起しますが、今回はもっと低次元のお話です。IT統制が効いていない、若しくは低い会社や部署ではシステムを搭載している業務サーバーの管理がけっこうずさんなことが多いです。これらは普通に運用している分には意外と問題を生じさせないことが多いのですが、サーバ移行の際にものすごく困ります。
2018.04.02
社内SE

社内SEとコミュニケーション能力

社内SEの仕事のほとんどは調整事です。システムトラブルの場合のベンダーとユーザ部門間の調整、スケジュール管理、ユーザの御用聞き、ベンダーとの折衝、そこにテクニカルな要素は意外と少なく、人との付き合いがメインです。それでは、明るく積極的で人に好かれやすいタイプほど有利かと言うとそうとは限りません。
2018.03.21
社内SE

社内SEのモデル年収はどれくらい?

基本は、在籍している企業の給与体系に従うのですが、それでも役割に応じて大まかな基準があるように思います。ポイントとしては、やはり他職種に比べて提示年収がやや低く、買いたたかれているように感じることです。良く見かけるのは、400万円という数値ですね。その割には、応募条件が厳しいことも多く、割に合わない現実が垣間見れます。
2018.03.21
社内SE

社内SEの転職に繋がる社外とのコネの作り方

このご時世、定年まで働ける企業は今後どんどんなくなっていくのではないかと思います。いつクビになってもおかしくないと肝に銘じておくのが正しい考え方だと思います。会社が傾く可能性はいくらでもある。となりますと、自社からリリースされてしまった際に行き先を確保できるか、というところが課題になってきます。
2018.03.21
社内SE

社内SEと品質管理技術

「品質」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。どちらかと言うと、車や家電製品などの物の良さ、使いやすさ、が直ぐに出てくると思いますが、システムに関しても本概念はあります。ニュアンスも大体似ています。例えば、システム不良(バグ)が少なくユーザの要望通りに機能することを品質が良いと言います。製品の質という意味ではこれが最も直観的です。
2018.04.07
社内SE

社内SEの仕事 工数の見積り技術について

見積りについては、基本的にはベンダーが提示してくるものなので、社内SEが精通する必要はありません。例えば、積み上げ法、ファンクションポイント法、COCOMO、などの工数算出方法は理解していなくても良く、「どういう概念で算出されているか」、程度が分かっていれば良いです。社内SEがチェックするものは、作業項目の妥当性です。
2018.04.07
社内SE

社内SEが持っておくと好まれる業務(SAP)知識

一概には言えませんが、基幹業務に精通していると有利だと思います。これらはどこの企業でも必要とされる要素ですので、社内でも必要とされますし、転職時に有利です。加えて、法令対応(IFRSなど)をやっていると市場の評価は高くなると思います。
2018.03.21
社内SE

社内SEの転職に有利な資格は?情報処理推進やOracleの資格は微妙でTOEICが高評価

資格は基本は飾りで、それよりも関わってきたプロジェクトとポジションの方が重要なのですが、何もないよりはあった方が良いです。
2018.05.05
社内SE

主要なシステム子会社の一覧と転職する際に気をつけたいメリットとデメリット

今回は、主要なシステム子会社の一覧の業界と、留意しておきたいメリットとデメリットをご紹介します。システム子会社はSIerと比べてマッタリできる確率が高いです。色々な客先を回り苦労してきた人にとっては、楽そうなポジションに見え転職を希望する人が多いですが、親会社の業務部門とIT部門との間に板ばさみになることが多くそれなりに大変です。
2018.03.21
社内SE

変わるなら急げ!社内SEからITベンダーに戻ったパターンと理由 遅いほど不利になる現実

珍しいですが、たまに発生するパターンです。転職者に共通しているケースは、社内SEレベルでの仕事では飽き足らず(若しくはスキルがつかないので将来に不安を感じ)、ベンダーサイドで力を発揮したい。という点が多いです。
2018.05.05
社内SE

転職時の社内SE求人で求められる3つのタイプと持っておくと良いスキル

リーダー型から見てみたいと思います。これは、現行のメンバーで業務は回っているが、新しい事に挑戦できるような、自社にはいないすごい人が欲しい、といった場合に良く出てきます。リーダー型は募集要項には、専門的なスキルはあまり書かれていないケースが多いです。
2018.03.21
社内SE

ネットワーク・セキュリティ系社内SEの役割に応じた仕事内容

ネットワーク、セキュリティ系は花形業務ですが、基本的には忙しいです。忙しさは会社の規模に比例して大きくなり、他拠点を持つグローバル企業や、ITスキルがあり自社で積極的に施策を講じている会社はかなりきついです。ただ、管理業務主体の運用はかなり楽です。
2018.04.16
社内SE

アプリケーション系社内SEの役割に応じた仕事内容

管理人のセイジは新卒就職からほぼずっと社内SEをやっています(一時期、リストラされた3ヶ月のみ、SIerにいましたが)。社内SEは大きく、1)アプリ:アプリケーション、2)インフラ:インフラストラクチャの2つに分かれますが、今回はアプリ系の仕事内容について解説します。
2018.03.21