ライザップに通いだした2017年6月

当時の私のおなかの状態は上記の写真です。

「言うほど太っていないように見える」

と思われるかも知れませんが、普通に腹も出ていますし、皮下脂肪はかなりあり手で摘むと大きな肉の塊がググっと溢れてきます。

トレーナーの方も「おなか周りがポチャっとしてますね」と言われており、プロの目から見ても太っていると感じられるようです。

組成を計測した結果からも太っていることが読み取れる

以下はライザップに入会した直後に図ってもらった体内組成です。

身長174cm、体重71.7kg、体脂肪率17.9、BMI23.7という結果でした。

これだけ見ると許容範囲に見えますが、体脂肪率については注意が必要です。

ライザップで用いている機械は性能が良く、体脂肪率が比較的低く出る傾向があります。

 

実際に私が2017年5月に会社で受けた健康診断の結果と見比べてみましょう。

身長174cm、体重70.4kg、体脂肪率23.2、BMI23.2という結果でした。

体重は少ないのに体脂肪率は5%も高いのです。

体脂肪率は水分量や測った時間帯にも左右されますが、一般的には高く出る傾向がある。ということは覚えておきましょう。

ただ、会社の健康診断によると標準体重は66kg程度ですので、私が太っていることには変わりありません。

以下の記事でも述べていますが、肝脂肪を持っておりエコー検査で正しく出来ない状態にもなっています。

関連記事

PET-CT全身がん検診体験談 知人の息子の他界から検査を決意し受けてきました

 

TVCMのように鮮やかに痩せない!トレーニングは想像以上にきつい

初めて指導を受けて実施したトレーニングですが、自分でやる場合に比べて相当きつく、相当追い込まれる結果になりました。

それでは、トレーニングを始めます。

まずはバーベルを使ったウェイトトレーニングからいってみましょう。

バーベルを使ったウエイトトレーニングとはこれですね。

重り無しで20kgあるのですが、最初はこの状態で10回上げました。

20kgくらい何ともないと思っていたのですが、真面に筋トレをやったことがないと意外とふらつきます。

 

これに20kgが足され、40kgになりました。

最初の5回くらいは何とか持てていたのですが、6回目に差しかかったあたりから…

ぬお、普通にキツイ

上がらん…

連続でやると意外と上がらないものですよ。

と言いつつも、

はい、後5回いってみましょう!

うがぁぁぁ

3回で限界です…

いえいえ、まだいけます!、いけます!

はい、押し込んで!

という具合に物凄い明るい元気な声と笑顔でしっかりと追い込まれました。

終わって白目を剥いて半笑いの私

 

…なるほど、この追い込みがライザップ式なんだなぁ

カウンセリング時の「決して楽ではない」の言葉がヒシヒシと伝わってきました。

普段筋トレをきちんとやっている人にとっては何てことないんでしょうけど、長らくトレーニングと言えるレベルの筋トレをやってこなかった私にとってはかなりきつかったです。

 

続いては、スクワットです。

スクワットも最初は重り無しのバーベルだけで10回程度行い、その後、20kg、30kgと上げていきました。

うーん、上がってるんですけど、もっと足に力を入れて押すイメージでいきましょう。

どうやら、私は足ではなく、手を使って上げてしまっているようで、本来のスクワットのやり方になっていなかったようです。

そして、スクワットも30kgを10回上げるのですが、6回目くらいから全然上がらなくなります。

ぬぉぉ…、きつい…

いえ、まだいけます!

はい、上げて!、上げて!

という感じで徹底的に追い込まれました。

いやぁ、トレーニング慣れしている人じゃないとこれはきついですね…

これまでやってこなかったレベルのトレーニングがきつすぎて、途中から、

「金払うから帰りたい」

とすら思い出しました。

 

続いては、デッドリフト

腰に安全ベルトを巻いてから60kgを思いっきり上げました。

これは何なく上がったのですが、本来使うべき背中が使えておらず、手で引っ張ってあげたような感じになってしまいました。

 

50分のトレーニングは短く見えて相当に辛い

ライザップは50分という短いトレーニングが基本的に1セットになります。これを週1~2回の頻度で継続的に実施していきます。

「なんだ、それなら楽そうじゃないか」

と思われるかも知れませんが、はっきり言ってかなりきついです。

50分という時間で相当に追い込むので、並みの運動部の練習よりよっぽどきついです。最初は軽い重量から始め、重さを徐々に足し、負荷をかけている部位が動かなくなるまで続けます。

そして、1種目が終わると次の種目に移り、50分の間で徹底的に追い込みます。

 

最後は、うめき声を上げながら、泣きそうな顔をしています。

以下の写真では気力が振り切っており、もう目を開けていない状態です。

 

バーンアップは通うのが嫌になるくらい辛い

そして、何よりきついのがこの「バーンアップ」という自転車

「たかが自転車」と思うことなかれ。本当に洒落にならないくらいしんどいです。

バーンアップの動き

  • ゾーン0「イージー」:最大心拍数50%~60%で運動
  • ゾーン1「脂肪燃焼」:最大心拍数60%~70%で運動
  • ゾーン2「有酸素運動」:最大心拍数70%~80%で運動
  • ゾーン3「無酸素運動」:最大心拍数80%~90%で運動
  • ゾーン4「レッドライン」:最大心拍数90%~100%で運動

自転車を時間をかけて漕ぎ、上記のように徐々に脈拍を上げていきます。

私は週に2回月・木で通っていましたが、月曜日:筋トレのみ、木曜日:筋トレ + バーンアップ、の組み合わせです。

木曜日は正直地獄です…

1ヶ月での減量結果

ライザップを始めた私ですが、20日程度(約3週間)続けて結果になります。

体重:-4.6kg、体脂肪率:-3.0%

いきなりめっちゃ痩せました!

いやー、こんなにアッサリ減るとは思いませんでした。

まあ、あれだけしんどいのですから そりゃあ痩せるか…

この3週間は炭水化物を相当控えているので、明らかにそれが効いているように思いました。

筋トレやバーンアップも頑張っていますが、まだそれらの効果が出てきたとはいえないと思います。

 

体は以下の通り。おなか周りの肉は明らかに減りましたが、効果を謳うには早すぎるように思います。

はっきり言ってしんどい辛いライザップ

ただ、いきなり数値は見えてきたので、この勢いで頑張っていきます。