ゲームが大好きな人なら、一度はゲームクリエイターに憧れるのではないでしょうか。
ゲームクリエイターは、「男子中学生がなりたい職業のランキング 2位」「男子高校生がなりたい職業 3位」にランクインしている人気の職業です。(ソニー生命保険株式会社調べ)

実際、ゲームクリエイターとはどんな仕事でしょうか?
ゲームクリエイターの仕事内容は多岐にわたりますので、ゲーム会社では大きく分けて、「ゲームプランナー」「ゲームプログラマー」「ゲームデザイナー」と職種が分けられています。
実際の採用でも、この3つに分けて募集している会社がほとんどです。

今回はこの3つの職業の仕事内容について紹介します。

ゲームプランナー ゲームデザイナー ゲームプログラマー
ゲームの世界観や仕様設計 ゲームのビジュアル面の制作 ゲームの動きの実装やサーバーの実装

ゲームプランナーの仕事とは?

ゲームプランナーの代表的な仕事を挙げていくと、大まかに「ゲームの世界観」を作る側「ゲームの仕様」を作る側、そして全体の進行管理に分かれます。

ゲームプランナー
ゲームの世界観設計 ゲームの仕様設計 進行管理
・世界観、シナリオ作成

・キャラクター作成

 

・レベルデザイン

・売上の集計・分析

 

・人員管理

・スケジュール管理

・予算管理

 

このようにゲームプランナーの仕事は多岐にわたり、1人で全てをこなすことは出来ません。ゲームプランナーの中でも、世界観設定やキャラクター作りが得意なタイプ仕様作りが得意なタイプ進行管理が得意なタイプと分かれます。

どの仕事も、デザイナーやプログラマーとのやりとりが欠かせませんし、仕事の橋渡し的な役割をすることが多く、コミュニケーション能力も重要です。

最初からすべてを完璧にできる必要はありませんが、新人のうちは全ての工程を少しずつ担当していって、のちのちに得意な方を重点的に任されるようになることが多いです。
ゲームプランナーになりたい方は、自分の得意分野を伸ばすことも大事ですが、最初は何を任されてもいいように、今からゲームを遊ぶときには、世界観、キャラクター、シナリオ、仕様、などをユーザー視点だけでなく開発者視点で、「自分ならどう作るだろう?」と考えていくことが重要です。

また、エンターテイメントの流行りをキャッチし、いちはやく流行をゲームに落とし込めるよう、情報のアンテナを張っておくことも優秀なプランナーには必要です。流行のゲームが人気のある理由を説明できて、意見や感想をきっちり持つことができる人はプランナーに向いています。

実際のゲームプランナーの仕事を詳しく紹介していきます。

ゲームの世界観やシナリオ作成

プランナーがゲームの世界観を設定し、全体に共有するための資料を作成していきます。
ゲームの舞台は戦国時代なのか、中世なのか、それともオリジナルのファンタジー世界なのか、主人公の住んでいる街や食べ物、歴史は…?と、ゲームの世界を描くために必要な情報を決めていきます。

魅力的なシナリオを考えるのもプランナーの仕事です。
世界観とキャラクターを生かして、どのようにストーリーを動かしていくのかを考えていきます。ゲームの設定資料集を作るように、世界観に肉付けしていって資料を貯めていきます。
想像力や発想力が豊かなプランナーはとても重宝されます。プランナーはチーム全員に共有できるように、世界観を分かりやすく言葉にしていく説明力が必要です。

ゲームのキャラクター作成

世界観設計に加え、ゲームに登場するキャラクターを創造していくのもプランナーの仕事です。
キャラクター達はどんな性格なのか、どんなビジュアルをしているのか等を決定づけていきます。キャラクターごとに趣味や特技、決め台詞をつけたり、声優をつけるとしたらこの人がいい…などを挙げていきます。

前述したゲームの世界観設計とキャラクター作成は、プランナーとデザイナーの共同作業です。プランナーが言語化し、デザイナーがラフを描き、それを何度も繰り返していきます。
イラストを外注する場合は、絵師とやりとりをしながら仕上げていくこともあります。有名絵師と仕事できるチャンスがあるかもしれません。また、有名声優を起用するときはプランナーがレコーディングに同行することもあります。
キャラクター作成の仕事では、業界の有名絵師や声優と仕事ができることも多く、サブカル好きにはたまらないチャンスに巡り会えることもあり、プランナーの仕事のモチベーションのひとつです。

ゲームの難易度を左右するレベルデザイン

レベルデザインとは、ゲームの難易度をデザインすることです。
例えばレベル10のプレイヤーが「どうのつるぎ」を持って3回叩けば倒せるモンスターがいるダンジョンのボスは、どれぐらい強く設定すればよいのでしょうか。ボスが強すぎてもユーザーはうんざりしてゲームを辞めてしまうかもしれませんし、逆に弱すぎても面白くありません。
絶妙なレベル設定が、ゲームの面白さの鍵になりますし、ソーシャルゲームではゲームの売上にもつながる大事なポイントです。強いボスを登場させることで、ユーザーは強いキャラを手に入れるために課金しようか頭を悩ませることでしょう。

レベルデザインを上手くするためには、色んなゲームをプレイして学んでいくだけでなく、数字や確率のセンス、ユーザーの動向を感じ取る観察力が必要です。レベルデザインを任されるのはプランナーの中でもベテランといっていいでしょう。

売上の集計・分析

ソーシャルゲームなら、ゲームが開発し終わったあと、1日にどれだけ売上があるのか、どれぐらいの人が何にいくら課金しているのか集計し、ユーザーの傾向を分析する必要があります。
例えば、ガチャ施策ひとつを取っても、1週間にどれぐらい売れるかを予測し、月々の目標を立てていきます。ゲームのアップデートをしたときにはユーザーの動向はどうなっているかなど、逐一チェックしながらゲーム運営を進めていきます。
数字は主にExcelやGoogleスプレッドシートで管理されることが多く、簡単なExcelの関数は一通りマスターしているプランナーが多いです。
よりユーザーに喜んでもらえるような施策を打つために、日々の分析は欠かせません。新人のうちはユーザー動向をなかなか予想することは難しいですが、ベテランになると予想がぴたりと当たることもあります。ゲーム売上の分析分野は、経験とセンス次第で、ゲームの経営のような働きをすることができます。

全体のスケジュール進行管理

ゲームプランナーは、先述したゲームの仕様や世界観を決めるだけでなく、全体の進行管理も担当します。ゲーム会社によっては「ゲームディレクター」と職種が分けられていることもあります。

全体のスケジュール管理をするためには、ゲーム制作のすべての工程を理解していることが必要です。よって進行管理のためにはゲームプランナーの仕事だけでなく、ゲームデザイナー、ゲームプログラマーの仕事内容も把握しながら、納期に間に合うようにスケジュールや人員管理をしていきます

 

ゲームデザイナーとは?

ゲームデザイナーは、主にゲームの見た目のビジュアル面を担当します。
ゲームのビジュアルを見て、そのゲームを遊びたいかどうかを判断しているユーザーはとても多いです。ゲームデザイナーはゲームの世界観を最大限にアピールできるよう、細部までこだわって作れる人には、やりがいのある職業です。

ゲームデザイナーには、美大や芸大、デザイン専門学校を出ている人が多くいて、日々切磋琢磨しながら自分の技術を磨く職人タイプが多いです。

ゲームデザイナー
UIデザイン グラフィック アニメーション 広告デザイン
・ゲーム画面のデザイン設計

 

・イラスト作成

・世界観のアート作成

・バトル等の動きを作成 ・バナーや公式サイトのデザイン

・グッズのデザイン

 

ゲームデザイナーの仕事は、上記のように主にUIデザイングラフィックアニメーションの作成があります。また、ゲームの広報に使う宣伝用のグラフィックを作る仕事もあります。

ゲーム業界ではデザインの分業化が進んでおり、全ての仕事をパーフェクトにできる必要はありません。自分の得意分野をのばし、スペシャリストを目指していきます。
実際のゲームデザイナーの具体的な仕事内容を紹介します。

ゲームのUI(ユーザーインターフェース)作成

UIとはUser Interfaceの略で、ゲームのUIデザイナーとは、ゲーム画面をデザイン性や操作性を考えて設計していく仕事です。
例えばゲーム内でのHPゲージやレベル、パラメーター表記などのパーツ等もデザインし、配置していきます。ユーザーにストレスを感じさせず、遊びやすい導線設計だけでなく、ゲームならではのワクワク感を演出していきます。

特にソーシャルゲームはページ遷移が複雑になることが多く、マイページにたくさんのボタンやバナーが置かれて、初心者からは「どこから遊べばいいか分からない…」と思われがちです。UIデザインでは、わかりやすいチュートリアルを作成することも大事ですが、それ以上に「ユーザーを迷わせないデザイン」をすることが大切です。

UIデザイナーは、ゲームの仕様を深く理解し、ユーザーの行動を誰よりも考えていくことが重要です。ボタンの大きさや色味、文言を少しずつ変えて何度もテストし、どれが一番分かりやすく、押しやすいかなどを実験していく工程は地味に思えるかもしれませんが、ユーザーに長く愛されるゲームを作るためにはUIデザインの力が不可欠です。

ソフトは主にadobePhotoshopを使って素材を作り、adobe XDを使ってページ遷移イメージを作成していきます。最初はラフに紙ベースで作っていくUIデザイナーもいます。

UIデザイナーの上位職としてUXデザイナーがあります。UXとはUser Experienseの略で、ユーザー体験をデザインするという意味です。ベテランになると、プランナーが決めた仕様を先輩から言われた通りに作るのではなく、プランナーやプロデューサーと一緒にゲームの企画からユーザー体験をデザインしていくようにランクアップします。

ゲームのグラフィック作成

 

ゲームのグラフィックとは、キャラクター、背景、アイテム、武器、などゲームによって多岐にわたります。

グラフィックはデザイナーとプランナーが一緒にアイデアを出していきます。その後、ラフからはデザイナーが描いていきます。
ソフトは主にCLIP STUDIOSAIを使い、ペンタブで描いていきます。最初からadobe Photoshopで描いている人もいます。完成したグラフィックは、UIデザイナーやフロントエンジニアに渡し、ゲーム画面に組み込まれていきます

最初はラフから描いていきますが、たった1枚のラフで本塗りに進めることは希で、1つのアイテムのイラストひとつにラフを大量に描くこともあります。もっといい見せ方はないか、世界観に合っているか、デッサン狂いはないか、既に似たようなアイテムがなかったかどうか、などチーム内で話し合いながら進めていきます
例えばアイテムひとつでも、戦国時代が舞台なら、その時代にスマホがあるのは一般的にはおかしいですが「ゲームだから許されるし、斬新」という意見もありえます。そのさじ加減を決めるのはゲームデザイナーとゲームプランナーの役割です。ゲームデザイナーの手腕次第では、どこかで見たことのある使い古されたゲーム世界ではなく、新しくオリジナリティのあるものを世の中に披露できる楽しみがあります。

現在ではSNSでゲームのイラストを拡散されることも多く、イラストを通じて有名になる機会が多くあります。実力次第では売れっ子イラストレーターになれるチャンスもあります。

ゲームのアニメーション作成

ゲームのアニメーションとは、例えばバトルで魔法を使ったとき、ゲーム内のボタンを押したとき、レベルアップしたとき、…等、ゲーム全般の動きのことです。
ソフトは主にadobeのAfterEffectや、UnityLive2D等を使ってアニメーションを作成します。

スマホゲームの場合は、ユーザーのスマホのスペックによっては派手なアニメーションを付けすぎると動きがカクカクしてしまうことがあるので、軽快に遊べるように素材を少なくする等、スマホのスペックに配慮しながら動きをつけていく工夫も必要です。

デザイナーが動きをつけたあとは、フロントエンドエンジニアがゲームに組み込んでいきます。プログラマーとの連携が必要になってくるので、他の人が見てもわかりやすいデータ作りをする配慮や、プログラムの知識も仕事上で必要となってきます。
アニメーションの作り方には流行り廃りがあり、業界の最前線で働くためにはUnityでのゲーム制作が流行ればUnityを勉強して開発するといった、最新の技術を自ら勉強し、周りにも布教していくスタンスが大変重要になります。最新の技術書を読むために、英語力もあると有利です。

アニメーションの技術を身につけていくのは大変ですが、キャラクターに命を吹き込んでいく仕事はとてもやりがいがあります。ゲーム制作にとってアニメーションデザインは花形ともいえるポジションです。高い技術力をもったアニメーションデザイナーはゲーム業界では引く手あまたで、プログラミング能力も多少必要になることもあり、デザイナーの中でも給料が高めに設定されていることが多いです。

ゲームの広報用ビジュアル作成

ゲームデザイナーの仕事は、ゲーム画面だけのデザインだけではありません。
ゲームを宣伝するために公式サイトを作成したり、ゲーム雑誌やネット記事に載せる画像も必要になってきます。東京ゲームショウ等に出展する際に、メインビジュアルやプレゼンのためのアニメーションを用意するのもデザイナーの大きな仕事です。

ゲームの人気によってはアニメイトやコミックマーケット等でグッズを販売するために、デザイナーがポストカードや抱き枕、クリアファイルやキーホルダーなどのグッズデザインを担当していることもあります。
ゲームデザイナーはゲームだけでなく、WEBや印刷物など、さまざまな媒体のデザイン知識があると、とても有利です。特に宣伝用ビジュアルの出来によってユーザーの期待度や集客率が変わってきますので、広告の上手さはかなり重要で、デザイナーの腕の見せ所です。

 

ゲームプログラマーとは?

ゲームプログラマーは、ゲームを実際に動くようにする仕事をします。
実際の現場ではプログラマーの中でも「フロントエンド」と「バックエンド」で分かれていることが多いです。

ゲームプログラマー
フロントエンド バックエンド
・ユーザーから見える部分の開発 ・サーバー側のデータ保持環境の開発

 

言語は#CやJava、PHPやMySQLなど開発環境によって使われる言語はさまざまです。開発環境やチームによって使う言語やソフトが変わってくるので、最新の技術を勉強し続ける姿勢が大事です。
ゲームプログラマーの仕事は、ユーザーの目には見えないことが多く、地味だと思われることも多いですが、ゲームプログラミングには高い技術力が必要となり、プランナーやデザイナーと比べると基本給が高い傾向にあります。

企画からの設計

ゲームエンジニアが開発初期に決定することは、ゲームの企画を、どのような環境を使って構築するかです。大体の場合は、すでに会社内で使用する環境が決まっている場合が多いですが、新しい環境にチャレンジすることもあります。
昨今では、簡単にゲームを作るための「ゲームエンジン」が様々な形でリリースされています。例えば、「Unreal Engine」や「Unity」などです。

ゲームエンジニアは、これらのゲームを作る環境の中から、ゲームプランナーやゲームデザイナーと協力して、ゲームを作るための環境を決めていきます
また、ソーシャルゲームやオンライン対戦のあるゲームにおいては、大まかに「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」と分かれて仕事をする場合もあります。

フロントエンドの作業

フロントエンドとは、大まかに言うと、ゲーム中に画面に表示される内容のことです。
フロントエンドエンジニアは、主にゲームデザイナーと協力しながら、ユーザーが見える部分を動くように制作していきます。
ゲームデザイナーが、画面の綺麗さを制作する人だとすると、ゲームエンジニアは、画面の快適な動作を制作する人と考えてもらえれば良いです。
具体的には、メニューボタンを押すと、押したボタンが動いてからメニューが表示されるようにするユーザーインターフェースの動きや、バトルで「たたかう」を選択すると、キャラクターが動き出し、相手の目の前まで移動して剣を振るといった動きを作っていきます。
特に開発初期は、ゲームプランナーが作成した仕様が面白いかどうかを確認するために、「プロトタイプ」として、大まかな動きのみをプログラミングし、ゲームプランナーやゲームデザイナーと面白さを確かめながら制作していきます。

バックエンドの作業

バックエンドとは、大まかに言うと、ゲーム中に処理されるデータの計算など見た目に見えない部分の内容のことです。
バックエンドエンジニアは、主にゲームプランナーと協力しながら、ゲームのルール通り動くように制作していきます。
また、バックエンドエンジニアは、オンラインゲームで、相手と通信する部分の制作や、ゲームサーバーのロジックなども作成します。
具体的には、バトルで「たたかう」を選択すると、キャラクターの攻撃力と相手の防御力を計算してダメージを計算して、相手のHPを減らすといった動きや、手に入れたアイテムや今のレベルをサーバーに保存しておく仕組みを作っていきます。

バックエンドエンジニアの仕事は、画面上に見えないことが多いため、ユーザーからあまり認識されることはありません。しかし、バックエンドは縁の下の力持ちのような存在で、居なければゲームが成り立たたないので、とても重要な役割を担っています。

 

ゲームプロデューサーとは?

最後になりますが、少しだけゲームクリエイターの上位職、「ゲームプロデューサー」の紹介をします。
ゲームプロデューサーは、ゲームプロジェクトの統括者です。

仕事は多岐に渡りますが、一言で言うと、ゲームの企画を元に予算・人員・環境を調達し、ゲームを制作し、リリースすることが仕事です。ゲームプロデューサーは、実際の現場には現れなかったり、ゲーム制作者として手を動かさなかったりと働き方も人それぞれです。
ゲームプロデューサーになるためには、ゲーム業界で培った経験と人脈が必要不可欠です。

キャリアパスとしては、まず、ゲームプランナーとなることがおすすめです。ゲームプランナーは、ゲーム制作におけるクリエイターの橋渡し的な仕事内容のため、種々のクリエイターの仕事に携わることができ、ゲーム完成までに必要な仕事内容や人員の規模感を知ることができるからです。

ゲームプロデューサーが扱う企画(要望)は、ゲームの企画としてはかなり大まかな内容になります。概念的な場合や企画ではなく要望のような場合も多く、捉えどころがない場合もあります。
例を挙げると、「RPGでソーシャルゲームを作って欲しい」や「月に1000万円売り上げが上がるゲームを作って欲しい」、「5人で半年で作れるゲームを作って欲しい」といった内容からゲームを企画していきます。
ゲームプロデューサーは、上記のような状態から、自身で培った経験や人脈を活用し、ゲームディレクター、ゲームプランナー、ゲームデザイナーの力をフル活用して、ゲームのリリースまでクリエイターの仕事を統括していきます

まとめ

ゲームクリエイターは、多くの会社ではゲームプランナー、ゲームデザイナー、ゲームプログラマーと職種に分かれてゲームを作っていきます。ゲームクリエイターのトップにはゲームプロデューサーがいて、ゲームプロジェクトを統括しています。

人を動かし、自分の思い通りにゲームを作りたいという夢を実現できるゲームプロデューサーを目指す人もいれば、それぞれの専門のスペシャリストを目指す人もいて、ゲームクリエイターのキャリアデザインは様々です。
現在、ゲームクリエイターを志す人はとても多くなってきています。競争率が高いように思われますが、大学や専門学校でしっかり勉強し、たとえ未経験でもゲームが大好きで、独学で勉強できるポテンシャルがあれば、ゲーム業界に入るのは決して難しい話ではありません。

特に「自分の好きなことを仕事にしたい!」と思っている人には、ゲームクリエイターはぴったりの職業です。ぜひ、積極的にゲーム業界に挑戦してみてはいかがでしょうか。