「ゲーム業界は激務」という噂を聞いたことのある人もいるのではないでしょうか?
ゲームクリエイターは楽しそうな職業に見えますし、「普通のサラリーマンにはなりたくない!」と思う若い人にも人気があります。しかし、ほとんどのゲームクリエイターは会社勤めのサラリーマンです。楽しいだけでなく、大変なことや苦労もあります。

今回は、ゲームクリエイターの働き方や業務内容について、苦労や大変な所について紹介します。

 

ゲームクリエイターの働き方について

ゲームクリエイターになりたい人が最初に気になるのは「ゲームクリエイターの働き方」ではないでしょうか?「ゲームクリエイターは激務」というのは、ゲームクリエイターについて調べてきた人なら、一度は耳にすることがあるでしょう。

では、どうして激務になってしまうのでしょうか。

理由としては、スマホゲームでもコンシューマーゲームであっても、「ゲームのリリース日」が決められており、その締め切りに間に合うように制作を進めなければなりません
もし、締め切りに間に合わないことになってしまえば、プレスリリースを打ち直したり、ゲーム雑誌やゲーム情報サイトなど、様々な媒体に修正依頼を出すことになりますし、関係者各位に迷惑がかかることになります。それだけでなく、会社としての信用も失ってしまうことになってしまいます。

ですので、「ゲームのリリース日には絶対間に合わせる」ことが絶対で、「間に合わせるためには深夜残業や休日出勤もしなければならない」という風潮がありました。自分の仕事にプライドを持って、「中途半端な状態でゲームをリリースするわけにはいかない」と、無茶な働き方をしてでもクオリティを高めようとするゲームクリエイターも多かったからです。

しかし、最近ではゲーム業界でも「働き方改革」が進んでいます。特に大企業になればなるほど、無茶なスケジューリングでゲーム製作を進めることは少なくなりました。

身も蓋もない話をすると、ゲームクリエイターの長時間労働に支えられていたゲーム会社は、すでに労働基準監督署に目をつけられている場合も多いです。このようなゲーム会社は、社員への待遇が改善しており、長時間労働にならないように人員を配置し、過密スケジュールにならないように指導されます。優秀なゲームクリエイターが、激務のせいで身体や精神に不調をきたしてしまい会社を辞める例が多々あったからです。
実際、ユーザーの見る目も肥えており、無理矢理バグだらけの状態でリリースしても、楽しみにしていたユーザーからの反感を買い、ネットで叩かれるようになってしまったことも要因です。

「ゲームクリエイターが楽しく仕事していないと、面白いゲームはできない」と考えるゲーム会社も多くなってきました
ですので、最近では大手ゲーム会社の有名タイトルであっても、リリース日の延期をよく見かけるようになりました。「リリース日に遅れてしまいそう」と分かった時点で、徹夜や休日出勤をしてまで間に合わせるのではなく、早めにリリース日を遅らせる告知をして、きっちり作り込んでユーザーにお披露目しようとする傾向にあります。

しかしリリース日を延期しても、「延期した分、より良いゲームを作りたい」と思うゲームクリエイターのプライドから、また作り込んでいくうちにどんどん締め切りが近づき、結局残業になってしまうというのはよくある話です。

バグが見つかれば深夜残業や休日出勤もあり

ゲーム業界でも、働き方改革が進んでいると先述しましたが、運用中のソーシャルゲームで、バグが見つかってしまったときは、やはり深夜残業や休日出勤が起こることはあります。
もちろん、小さなバグは休日に発見したとしても、休日出勤はしません。小さいミスやバグは平日の業務時間内に直すという対応をしているゲーム会社が多いです。
しかし、ガチャやバトルなど、ゲームの根幹となる部分が不具合を起こしている場合は、休日であってもメンテナンス対応をします。
緊急対応が必要なときに呼び出されるのはゲームプログラマーの場合が多いですが、ゲームプランナーが同行することも多いです。

このようにバグ対応で休日に呼び出されることもあり、「夜中でもスマホが手放せない」と言っているゲームクリエイターもいます。
だからといってゴールデンウィークやお盆、お正月といった休暇にまで会社の近くに居なければならないわけではありません。「対応できる人が対応する」といった風に、柔軟に対応できる場合がほとんどです。しかしバグ対応は、仕事ができる人であればあるほど頼られてしまうこともあり、負担に感じる人もいるでしょう。

運動不足からの肥満、肩こり、腰痛に悩まされる

ゲームクリエイターの身体的なハードさは、あまり意識されていない傾向にあります。

基本的にデスクワークが多く、1日のほとんどを座って過ごすという人がほとんどです。「肉体労働より楽なのでは?」と考える方もいらっしゃると思いますが、週5で仕事し、週末もゲームやパソコン三昧の生活を繰り返していた結果、運動不足からの肥満や、肩こり、腰痛、眼精疲労からの偏頭痛持ちになってしまうゲームクリエイターも多いです。むしろ、どこも悪くしていないゲームクリエイターの方が珍しいぐらいです。

デスクワーク生活では、健康管理を気をつけないと、体がボロボロになってしまいます。入社して数年で10kg太ったというのはよくある話で、毎年の健康診断に戦々恐々としている人も多くいます。椅子に座りすぎて椎間板ヘルニアになったり、眼精疲労から視力が落ちたり、頭痛薬が手放せないという人も珍しくありません。

最近では、従業員の健康が考慮され、高額なオフィスチェアを導入している会社も多いですが、それだけで運動不足は食い止められません。スタンディングデスクやバランスボールの使用を許可している会社もありますが、長時間集中しなければならないゲームクリエイターには向いていない場合も多いです。

結局のところ、退社後にスポーツジムに通ったりして健康を保ち、なるべくヘルシーな食事を心がけるといったことが、ゲームクリエイターとして長く働くには大切なことです。どれだけ優秀なゲームクリエイターでも、体調を崩してしまい仕事を続けられなくなってしまうパターンもあります。

「ゲームクリエイターを一生の仕事にしたい」と思っている方は、ぜひ健康管理についても真剣に考えてみてほしいです。

若い人が多く、歳をとると働きづらい?

ゲーム会社では、20代〜30代の若い人が多くいます。「最近の新人は残業をしない」とはよく聞きますが、ゲーム会社では夢とやる気を持った新人が大勢おり、中にはスピード感を持って成長したいという人もたくさんいます。
ゲーム会社でも「働き方改革」が進んでおり、無茶な開発スケジュールが減ったとはいっても、よりよいゲームを作るためには残業や休日出勤をいとわないという一部のゲームクリエイターが、昨今のゲーム業界を支えているといっても過言ではありません。

しかし、自分の人生のタイミング次第で、子供が生まれたり、両親の介護が必要になることもあるでしょう。中には、仕事を第一に考えられなくなってしまい、悩んでしまうゲームクリエイターもいます。
やはり、どうしても現場ではフルタイムで働けて、スタミナのある若い人が優遇されがちで、給料も多少の残業ありきで設定されていることがほとんどです。

ですので、時短勤務だと、まだまだ肩身の狭い思いをする人がいるというのも事実です。ゲームプランナーやゲームプログラマーは男性の比率のほうが多いですが、ゲームデザイナーは女性が多くいます
ゲームデザイナーは、プログラマーやプランナーに比べると残業が少なめで、出産などのライフイベントに左右されがちな女性でも働きやすいポジションです。

しかし、勤務時間後に開催されることの多い勉強会に参加できなくなると、新しい開発ソフトや技術の勉強が難しくなってしまうこともあります。技術的な勉強ができなくなってしまった場合は、技術のプロフェッショナルではなく、管理職をめざすという手があります。ただ、「技術の勉強もしたくないし、管理職もやりたくない」と感じる場合は、ゲーム業界で定年まで生き抜いていくのは厳しいでしょう。

遅くとも40代までに、自分のキャリアの方向性を決めておくのは、ゲームクリエイターにとって大事なことです。
ですので、「激務は嫌だから、のんびりした会社に勤めたい」と言うゲームクリエイターもいれば、「激務でもいいから、スピード感をもって成長したい」と言う人もおり、自分にあったゲーム会社を選ぶことが大切です。

 

好きなゲームが作れるとは限らない

ゲームクリエイターを志している方は、「いつか壮大な世界観のファンタジーRPGを作ってみたい」など、自分の思い描いているゲームや、憧れのゲームがあるのではないでしょうか?

しかし、ゲームクリエイターは自分の好きなゲームを作れるとは限りません。
ゲームの大まかな内容や企画はゲームプロデューサーが考えていることが多く、ゲーム開発はチームプレイです。色々なゲームクリエイターの意見がゲーム内に反映されるため、完全に自分の好きなゲームを作れることはありません
ですので、例えば「かわいい女の子が出てくるゲームが作りたい。それ以外は作りたくない」等というこだわりのある人や「課金者ばかりを優遇するような、お金儲けのためのゲームは作りたくない」と思う人は特に、ゲーム会社に就職する際には気をつけたほうがよいでしょう。

まず念頭に、「新人のうちから好きな開発ラインに配属されるとは限らない」ということを覚えておいてください。
本人の希望が通らないことは多くあります。そんなときに、「ゲームクリエイターなんて、やめてしまいたい」と思ってしまうタイプの人は、ゲーム会社には就職せずに、趣味や同人などで自分の好きなゲームを作るほうが賢明かもしれません。
特にゲーム専門学校では「自分の作りたいゲームやキャラクター、世界観を考え、具現化していく」というタイプの授業が多いためか、いざ就職してみると「自分の好きな内容ではないゲームを作る」ことや「お金儲けのためにゲームを作る」という仕事に違和感を感じてしまう新人ゲームクリエイターは多いです。

しかし、どんなゲーム開発チームに配属されても、そのなかでゲーム作りの面白さを見出し、自身でモチベーションを維持できる人が向いています。

上司の意見一つで仕様がひっくり返ることも

ゲームクリエイターは若い人が多く、年功序列制度もない場合が多いです。実力があれば年数が若くても、上のポジションに行くことができます。しかし、リーダーや課長、部長などといった上位職に就けたとしても、やはり誰にでも上司がいるのは会社員の宿命といってもいいでしょう。

会社でゲーム開発をしていれば、上司の意見ひとつで今まで作っていたものを変えなければならなくなった、ということはよくあります。
例えば、最初は恋愛シミュレーションゲームを作っていたはずだったのに「今はパズルゲームが流行っているから」と言われ、パズル要素も入れることになってしまった…といったようなことも、ゲーム開発ではよくある話です。
ですので、いつまた仕様変更が起きやしないかと恐怖しながら、ゲーム開発を進めているゲームクリエイターも多いです。

責任者が「ゲームとして面白くない」と判断した場合には、「せっかくここまで作り進めたのに…」と周りが思ったとしても、容赦なく仕様変更をすることもあります。しかし、仕様変更がきっかけで「より良いゲームになった」ということが多いのも事実です。
自分が担当したものがボツになってしまうのは寂しくもありますが、「これで、より良いゲームになる」とポジティブに考えることが必要になってきます。
作ったものが全て無駄になってしまった気がして、意気消沈してしまうゲームクリエイターは多いですが、ゲーム開発に必要なステップでもあります。

数年もすればメンタルが慣れてきますし、さまざまなアイデアがすぐさま思い浮かぶように成長していきます。開発当初に思い浮かべていた企画から、まったく違うゲームになってリリースされていくゲームもたくさんあります。そんなゲーム開発の悲喜こもごもを知っているのは、開発者の特権といってもいいでしょう。

ゲームクリエイターは、こういった変化を柔軟に楽しめる人が向いていますが、やはり何年たっても、「上司の意見ひとつで、今まで作ってきたものがボツになるのは辛い」と言っているゲームクリエイターは多いです。

技術不足で、作りたいゲームが作れない事も

最近では日本よりも海外の方がゲーム制作技術が高いと言われています。最新のハイクオリティなゲームに憧れてゲームクリエイターを志す人も大勢いるでしょう。
トップクラスの技術力をもった会社に入社できたなら別ですが、そうでない場合は技術不足のせいで、どうしても自分たちの表現したいゲームができないことがあります。

例えばスマホでのリズムゲーム、いわゆる「音ゲー」は、スマホでサクサク動かせることが大前提で、タイミングよくタップすることで「GOOD」「BAD」などの判定が出ます。この楽曲中に遅延が起こったりフリーズしてしまうとゲームとして成り立たなくなってしまいます。アクションゲームや音ゲーといった、ユーザーに瞬発力を要するタイプのゲームには高い技術力が必要です。
高い技術力のないゲーム会社の場合は、ゲームクリエイターがどれだけ熱意を持って「アクションゲームを作りたい」と言っても、ゲーム企画が採用されることはありません。それはゲームクリエイターとして、とても悔しいことです。

ゲーム会社のなかでは技術力の高い会社と、そうでない会社があります。
見分けるのは難しいかもしれませんが、例えばゲームのロード時間の長さ、アニメーションやエフェクトのクオリティ、スマホゲームならメンテナンス時間の長さなど、技術力を測れる部分が所々あります。
ハイクオリティなゲーム制作の方法は、ネットで検索しても出てきませんし、ソフトの説明書に書いてあるわけでもありません。ゲーム会社それぞれで研究を重ね、作り方のノウハウを持っていることがほとんどです。ハイクオリティなゲームを作れる会社では、それ相応のプロフェッショナルなゲームクリエイターが雇われています。技術力の高い人は、年収1000万円クラスでヘッドハンティングされることもあります。

技術力の低い会社では、「自分たちの理想のゲーム」を作るのではなく、「自分たちの技術力で作れるゲームを作る」という消極的な方法になってしまいがちです。この現実は、夢とやる気をもって入社したゲームクリエイターをがっかりさせてしまうことが多いです。

 

好きな仕事ばかりできるとは限らない

「ゲームクリエイターになりたい」と思っている人のなかには、「魅力的なキャラクターを作りたい」や、「楽しいバトルシステムを考えたい」など、自分のやりたいことや得意なことがあって、ゲーム業界に入りたいと思っている人も多いです。

しかし、毎日好きなことや得意なことばかりさせてもらえるとは限らないのです。中には「ゲームクリエイターがこんなことを?」という仕事も中には含まれているかもしれません。

ゲームリリース前のデバッグ作業

ゲームのリリース前には全員で「デバッグ」を繰り返し、検証をする必要があります。デバッグとは、実際にゲームをプレイしてみて、バグを見つける作業になります。特にゲームのリリース前や、大掛かりなアップデートの際にはデバッグに数週間かける場合もあります。

デバッグ作業は、ゲームプログラマーだけでなく、ゲームプランナー、ゲームデザイナー、全員で行うことが多いです。ゲーム業界はクリエイティブと思われている人からみると、びっくりするような泥臭さかもしれません。
「会社で、リリース前のゲームをプレイできるなんて楽しそう」と思われる方もいるかもしれませんが、デバッグとは普通にゲームをプレイするだけではありません。例えば、全てのボタンを押して、ちゃんとページ遷移するか確認したり、バトルでは全ての必殺技を出し、全てのボイス、モーションが再生されるか確認したりします。ガチャでは0.1%の確率で出るレアキャラであっても、全員出るまで検証し続けなければなりません。これは、ゲームの要素全てがちゃんと反映されているか確認しなければいけないからです。
ただ遊ぶだけでなく、数百個から数千個あるチェックリストに1個ずつマルをつけていく作業は辛いと言う人も多いです。しかも、スマホゲームであればiPhoneのサイズ違い、Androidのメーカー違いのスマートフォンを数十個用意し、デバッグを繰り返します。
どんなにゲームをプレイするのが好きな人でも、「デバッグはしたくない!」と心の底で思っているゲームクリエイターは多いのです。

ゲームクリエイターはクリエイティブな人が重宝されるのに対し、デバッグでは淡々と集中力を切らさずに作業できる人が向いています。ですので、ゲーム会社によってはデバッグ作業を外注していたり、デバッグだけを対応する部署があることもあります。
ですが、やはりゲームクリエイター全員でひととおりゲームをプレイし、不具合がないか確認しているゲーム会社がほとんどです。

「デバッグは辛い」と思っている人が大多数ですが、リリース前からゲームが動いている姿を見ることができるのは、ゲームクリエイターのやりがいのひとつでもあります。
ただ、「デバッグが辛い」という点は、ゲームクリエイター志望の方達にはあまり意識されていないことのひとつです。

カスタマーサポートに回されることも

ゲーム開発中はあまり意識することがありませんが、ゲームのリリース後や、スマホゲームの運営中には「カスタマーサポート」が必要不可欠です。カスタマーサポートとは、メールなどでお客様への質問や要望に返答するという仕事です。
ゲーム会社の中には、カスタマーサポートもゲームクリエイター全員で行なっているという場合もあります。中には、ゲームプランナーだけがカスタマーサポートを担当する場合もありますし、カスタマーサポート専門の部署がある場合もあり、ゲーム会社によってまちまちです。ちなみに、ユーザーからのお問い合わせはメールやテキストしか受け付けていない場合も多く、電話での対応はしないことが多いです。

カスタマーサポートの仕事では、毎日色々なお客様のお問い合わせがあります。
「携帯が壊れたので、ゲームデータを復旧してほしい」というお願いや、中には「10回ガチャを引いたのに、好きなキャラが出ないので返金してほしい!」といったクレーム対応をすることもあります。
時には暴言を受けることもあります。「クソ運営」や「もう遊びません」などとダイレクトに言われてしまうと、ショックを受けてしまうのも事実です。カスタマーサポート業務のほとんどはクレーム対応といってもいいでしょう。
しかし、役に立つ意見をもらえることもあります。「新しいイベントの仕組みが分かりづらい」というユーザーの意見から、ゲーム内のデザインや文章をもっとわかりやすく変更する場合もあります。また、「いつも遊んでいます、これからも頑張ってください」などといった、応援のメッセージをいただけることもあります。

カスタマーサポートの仕事をしていると、ユーザーの反応が手に取るようにわかってきます。例えば、「ガチャでレアキャラが出る確率が超アップ!」と書いてあったとして、レアキャラが出る確率が0.03%から0.04%に上げただけなら炎上してしまう可能性もあるでしょう。
ゲーム業界に長くいるゲームクリエイターでも、売上や自分たちの都合を重視してしまい、ユーザー目線をすっかり忘れてしまうことがよくあります。
そんな中で、「この表記だと分かりにくい」「ユーザー離れを引き起こす」などを、一番初めに気づきやすいのが、実はカスタマーサポートを経たゲームクリエイターです。

カスタマーサポートの仕事は、ゲームクリエイターになりたいという人にとってみれば退屈に思えるかもしれません。しかし、カスタマーサポートを極めることは、実はゲームクリエイターがユーザー目線に立つための一番の近道と言われていますが、メンタル面でストレスを抱えてしまうこともあります。

 

まとめ

ゲームクリエイターは一見、クリエイティブで楽しそうな職業に見えますが、大変なことも多くあります。
ゲーム会社に就職する際は、採用前から面接で大っぴらに質問しづらい内容もあったかもしれませんが、会社の特徴を知ることは重要です。

ゲーム会社選びに失敗してしまうと、激務すぎて体調を崩してしまったり、逆にのんびりすぎて自分が成長できないと感じてしまうかもしれません。技術力不足で、自分の作りたいゲームが作れない環境かもしれませんし、デバッグやカスタマーサポートに追われる日々かもしれません。このようなミスマッチにならないように、面接前にはきっちりと準備してリサーチしておくとよいでしょう

しかし、「こんな仕事はやりたくない」と思っても、ゲームクリエイターとして成長できるチャンスも隠れているかもしれません。
この記事を読んで、「それでもゲームクリエイターになりたい!」と強く感じた方は、ゲームクリエイターになって後悔することはないと思います。ぜひゲーム業界にチャレンジしてみてください。