陸マイラーが効率的にマイルを貯めるうえで、クレジットカードは必須です。
しかしクレジットカードであれば、なんでもいいというわけではありません。

なぜならクレジットカードには、マイルを貯めやすいものから、貯めにくいものまであるからです。

初心者陸マイラーの方は、マイルを効率的に貯めるうえでおすすめのカードがどれなのか分からないはずです。
そこで今回はそんな方のために、陸マイラーにおすすめのクレジットカード3つを紹介していきます。

 

陸マイラーにクレジットカードが必須な理由

おすすめのクレジットカードを紹介する前に、なぜ陸マイラーにとってクレジットカードが必須なのか、その理由について説明していきましょう。
陸マイラーにクレジットカードが必須な理由は、主に以下2つあります。

  • クレジットカードを利用することで、マイルに交換可能なポイントが貯まるから
  • クレジットカードがないと、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに高レートで交換できないから

ここでは、これらの理由について説明していきます。

クレジットカードでマイルが貯まる

クレジットカードを利用すると、利用額に応じて、各カード会社のポイントプログラムのポイントが貯まります。
このとき貯まったポイントは、後からマイルに交換できます。

つまり、クレジットカードを支払いに利用するだけで、実質的にマイルが貯まっていくのです。

マイルの還元率はクレジットカードによって異なりますが、1%くらいが一般的です。
還元率が高いクレジットカードは、年会費も高くなっているので注意しましょう。

還元率1%のクレジットカードの場合、1,000円の支払いをすることで10マイル分のポイントが貯まります。
還元率は決して高くありませんが、日々の支払いをクレジットカードに集約すれば、効率的にマイルを貯められます。

クレジットカードがないとポイントをマイルに交換できない

マイルを効率的に貯める方法として一番おすすめなのが、「ポイントサイト」を利用することです。
ポイントサイトには、様々な広告案件が用意されています。

こうした広告案件を経由して、商品を購入したり、サービスに申し込んだりすると、そのポイントサイトのポイントがもらえます。
そしてこのポイントは、複数のポイントサイトを経由することでマイルに交換できるのです。

ポイントサイトのポイントをマイルに交換するときのレートは、どのルートを通ったかによって異なります。
(ルートとは、「ポイントサイトA→ポイントサイトB→ポイントサイトC→ANAマイル」のようなもの)

ポイントサイトのポイントをANAマイルに最高レートで交換するには、あるクレジットカードが必要です。
そのため陸マイラーは、そのクレジットカードを所有しておく必要があります。

では、そのクレジットカードとは、どのカードを指すのでしょうか?
次から、そのカードを含めた、陸マイラーにおすすめなクレジットカードについて紹介していきます。

 

陸マイラーが持っておくべきクレジットカードは?

陸マイラーにおすすめのクレジットカードは、以下3つです。

  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • ANA VISA nimocaカード(※九州か函館の人のみ)

ANA To Me CARD PASMO JCB」は、陸マイラーにとって必須のクレジットカードです。
これから陸マイラーになるという人は、必ず申し込んでおきましょう。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は、月に18,000以上のANAマイルを貯めたい人におすすめです。

ANA VISA nimocaカード」は、九州や函館に在住しているか、よく行くという人におすすめのクレジットカードです。
この条件に当てはまらない人は、スルーしても問題ありません。

では次から、これらのクレジットカードの機能や情報、陸マイラーにとってどんなメリットをもたらすかについて、一つずつ説明していきましょう。

 

おすすめのクレジットカード①ソラチカカード

おすすめのクレジットカードの1つ目は、ANA To Me CARD PASMO JCBです。
ANA To Me CARD PASMO JCBは、「ソラチカカード」とも呼ばれています。

ソラチカカードは、以下5つの機能が搭載されたクレジットカードです。

  • ANAマイレージクラブ
  • メトロポイント
  • PASMO
  • 定期券
  • クレジットカード

ソラチカカードは、1枚で以下3つのポイントを貯められます

  • ANAマイル
  • メトロポイント
  • OkiDokiポイント

ソラチカカードを利用すれば、ANAの航空券を購入した際、通常のフライトマイルだけでなく、ボーナスマイルも加算されます。

また、ソラチカカードはPASMO機能も搭載されたクレジットカードです。
ソラチカカードのPASMO機能を使って、東京の地下鉄である「東京メトロ」に乗車したり、チャージしたりすれば、メトロポイントが貯まります。

OkiDokiポイント」は、JCBカードのポイントプログラムです。
ソラチカカードを支払いに利用すれば、利用額に応じてOkiDokiポイントが付与されます。

メトロポイントとOkiDokiポイントは、どちらもANAマイルに交換可能なので、全てのポイントをマイルに集約できます。

ソラチカカードの基本情報

ソラチカカードの基本情報は、以下のとおりです。

年会費 本カード 2,000円(初年度無料)
家族カード 1,000円(初年度無料)
ボーナスマイル 入会時・継続時 1,000マイル
フライトボーナス 10%
ポイント還元率 1,000円=1OkiDokiポイント
マイル還元率 10マイルコース 1OkiDokiポイント=10マイル
5マイルコース 1OkiDokiポイント=5マイル
ボーナスマイル 1OkiDokiポイント=3マイル
東京メトロポイント チャージ 1,000円=5メトロポイント
乗車 平日5ポイント・休日15ポイント

ソラチカカードの年会費は税抜2,000円で、初年度は年会費無料です。
申込み時と継続時(年)には、ボーナスマイルとして1,000マイルがもらえます。

航空券購入時はフライトボーナスとして、通常もらえるマイルの10%が上乗せされます。

OkiDokiポイントの還元率は、1,000円につき1ポイントです。

ソラチカカードには以下2つのコースがあり、どちらを選ぶかによって、マイルの還元率が異なります。

  • 10マイルコース…1ポイント10マイル
  • 5マイルコース…1ポイント5マイル

10マイルコースの場合、1ポイントを10マイルに交換できます。
この場合、「1,000円=1ポイント=10マイル」になるので、マイルの還元率は1%です。
ただし10マイルコースを選んだ場合、ポイントをマイルに移行するのに、年間税抜5,000円の移行手数料がかかります。

5マイルコースの場合、マイル還元率は0.5%になります。
5マイルコースを選んだ場合、移行手数料はかかりません。

ポイントサイトのポイントを81%でANAマイルに交換できる

ポイントサイトのポイントをマイルに交換するルートのうち、2019年8月時点で最も交換レートが高いのが「ソラチカルート」です。
ソラチカルートとは、ポイントサイトのポイントを「LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル」と交換するルートを指します。
ソラチカルートなら、ポイントサイトのポイントを81%のレートでANAマイルに交換できます

ソラチカカードがないと、メトロポイントをANAマイルに交換できず、ソラチカルートが使えません。
そのため、陸マイラーにはソラチカカードが必須なのです。

ポイントサイトでは、「モッピー」と「ハピタス」の2つが有名です。
それぞれのポイントサイトのポイントをANAマイルに交換するルートは、それぞれ以下のようになっています。

【モッピー→ANAマイル】

【ハピタス→ANAマイル】

ハピタスのポイントは最近まで、「PeX(ペックス)」と「ワールドプレゼント」を経由しないと、「Gポイント」のポイントに交換ができませんでした。
しかし、2019年7月26日から、Gポイントに直接交換できるようになりました。

この変更によって、ハピタスのポイントは大幅にANAマイルに交換しやすくなりました。
現在では、モッピーとハピタスのポイントをANAマイルに交換するルートは同じになっています。

 

おすすめのクレジットカード②ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

陸マイラーにおすすめの2つ目のクレジットカードは、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードです。
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、以下5つの機能が搭載されたクレジットカードです。

  • ANAマイレージクラブ
  • TOKYU POINT
  • PASMO
  • 定期券
  • クレジットカード

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードでは、以下3つのポイントを貯められます。

  • ANAマイル
  • TOKYU POINT
  • ワールドプレゼント

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードでも、航空券を購入すれば、通常もらえるマイルとは別にフライトボーナスがもらえます。

TOKYU POINT(トーキュー・ポイント)」は、東急百貨店や東急電鉄(東京急行電鉄)などでおなじみの東急グループが運営しているポイントサービスです。
東急グループの店など、TOKYU POINTの加盟店で買い物をすることで、TOKYU POINTが貯められます。
またTOKYU POINTは、直接ANAマイルに交換できます。

ワールドプレゼントは、三井住友カードのポイントプログラムです。
クレジットカードの使用額に応じて、ワールドプレゼントのポイントが付与されます。
もちろんこのポイントも、マイルに交換可能です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの基本情報

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの基本情報は、以下のとおりです。

年会費 本カード 2,000円(初年度無料)
家族カード 1,000円(初年度無料)
ボーナスマイル 入会時・継続時 1,000マイル
フライトボーナス 10%
ポイント還元率 1,000円=1ポイント
マイル還元率 10マイルコース 1ポイント=10マイル
5マイルコース 1ポイント=5マイル
ボーナスマイル 1ポイント=3マイル

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのスペックは、先ほど紹介したソラチカカードと近いものになっています。
年会費やボーナスマイル、フライトボーナスやポイント還元率は、ソラチカカードと同じです。

また、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードもソラチカカード同様、以下2つのコースが用意されています。

  • 10マイルコース(マイル還元率1%)
  • 5マイルコース(マイル還元率0.5%)

ソラチカカードの10マイルコースのマイル移行手数料は、年間税抜5,000円です。
しかしANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのマイル移行手数料は、税抜6,000円となっています。
5マイルコースならソラチカカード同様、移行手数料はかかりません。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費は通常なら税抜2,000円ですが、マイ・ペイすリボ」に申込み、年1回以上カードを利用すれば年会費が税抜751円に割引されます

マイ・ペイすリボとは、ショッピング1回分の支払いが自動的にリボ払いになる支払い方法です。
リボ払いでは、料金を数ヶ月に分割して支払うことになるため、そのぶん金利が発生します。

そのため、利用する場合はカードの使いすぎには注意しましょう。

TOKYUルートを利用してポイントを75%でANAマイルに交換できる

先ほどソラチカルートを紹介しましたが、このルートには月間の交換上限があります。
メトロポイントは、一月に20,000ポイントまでしかANAマイルに交換できません。

つまりソラチカルートだけでは、一月に18,000ANAマイル以上は貯められないのです。
しかし交換しきれない分のポイントは、別のルートを通ることでANAマイルに交換できます。

ソラチカルート以外でおすすめのルートが、TOKYU POINTを経由する「TOKYUルート」です。

【TOKYUルート】

TOKYUルートを使えば、モッピーやハピタスのポイントをレート75%でANAマイルに交換できます
TOKYU POINTをANAマイルに交換するためには、東急のクレジットカードである「TOKYU CARD」が必要です。

TOKYU CARDのANAマイルへの交換レートは50%ですが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードなら、交換レートが75%になります。

TOKYU POINTには、マイルに交換する際の上限はありません。
ただしドットマネーからTOKYU POINTへは、月10万ポイントの交換上限があります。

 

おすすめのクレジットカード③ANA VISA nimocaカード

おすすめのクレジットカードの3つ目は、ANA VISA nimocaカードです。
ANA VISA nimocaカードは、以下5つの機能が搭載されたクレジットカードです。

  • ANAマイル
  • nimoca
  • nimocaポイント
  • 定期券
  • クレジットカード

nimoca(ニモカ)」とは、九州地方で利用できる交通系ICカードです。
「Suica(スイカ)」や「ICOCA(イコカ)」の九州版と説明すれば、分かりやすいでしょう。

ANA VISA nimocaカードでは、以下3つのポイントが貯められます。

  • ANAマイル
  • nimocaポイント
  • ワールドプレゼント

ANAマイルとワールドプレゼントについては、先ほど紹介したANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードと同様です。
nimocaポイントは、ANAマイルに直接交換できます。

ANA VISA nimocaカードの基本情報

ANA VISA nimocaカードの基本情報は、以下のとおりです。

年会費 本カード 2,000円(初年度無料)
家族カード 1,000円(初年度無料)
ボーナスマイル 入会時・継続時 1,000マイル
フライトボーナス 10%
ポイント還元率 1,000円=1ポイント
マイル還元率 10マイルコース 1ポイント=10マイル
5マイルコース 1ポイント=5マイル
ボーナスマイル 1ポイント=3マイル

ANA VISA nimocaカードの基本的なスペックは、先ほど紹介したANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードと同じです。

コースは還元率1%の10マイルコースと、還元率0.5%の5マイルコースがあり、10マイルコースを選んだ場合の移行手数料は年間税抜6,000円、5マイルコースの移行手数料は無料です。

こちらも年会費は税抜2,000円ですが、マイ・ペイすリボに申込んで、年1回以上カードを利用すれば、年会費が税抜751円になります。

ハピタスのポイントを70%でANAマイルに交換できる

ANA VISA nimocaカードを使えば、以下の「nimocaルート」が利用できます。

【nimocaルート】

ハピタスからソラチカルートを使えばANAマイルへの交換レートは81%ですが、経由するポイントサイトが多いため、面倒に感じる人も多いでしょう。
しかしnimocaルートを使えば、交換レートは70%に落ちてしまうものの、比較的楽にポイントをANAマイルに交換できます

nimocaはTOKYU POINT同様、ポイントの移行上限もありません。

注意!nimocaポイントはオンラインでANAマイルに交換不可

先ほども説明したとおり、ANA VISA nimocaカードは九州か函館に住んでいる人、またはよく行く人以外にはおすすめできません。
なぜなら、nimocaポイントはオンラインではANAマイルに交換できないからです。

ポイントサイトやポイントプログラムのポイントは、オンラインで他のポイントサイトのポイントやANAマイルに交換可能です。
しかしnimocaポイントは、専用のポイント交換機でしかANAマイルに交換できません

このポイント交換機は、九州と函館にしかありません
そのため、これらの場所に行く用がないのなら、ANA VISA nimocaカードは不要です。

nimocaポイントをANAマイルに交換できる交換機の設置場所は、以下のURLから確認できます。

https://www.nimoca.jp/about/use/place

九州か函館に住んでいて、nimocaルートを利用したいという人はチェックしておきましょう。

 

まとめ

陸マイラーにとって、クレジットカードは必須の存在だと言えます。
なぜならクレジットカードがなければ、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換できないからです。

陸マイラーが持っておくべき、おすすめのクレジットカードは以下の3つです。

  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • ANA VISA nimocaカード(※九州・函館の人のみ)

特にソラチカカードは、モッピーやハピタスのポイントを81%のレートでANAマイルに交換するうえで必須なので、必ず申し込んでおきましょう。

また、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードも持っていれば、TOKYUルートも使えます。

ANA VISA nimocaカードはnimocaルートが使えるため、ポイント交換ができる九州か函館に住んでいるか、よく行くという人にはおすすめです。

まだこれらのクレジットカードを持っていないという方は、ぜひ早めに申し込んでおきましょう。