アデコはスイス証券取引所に上場する世界的企業の日本法人が運営する転職エージェント

今回は、転職エージェント「アデコ(Adecco)」の紹介です。

アデコという会社があることはなんとなく知っていましたけど、名前を聞いたことがあるというくらいのレベルでした。

私がこれまで生きてきたなかでまったく関わりがなかったもので、よく知らなかったのですが、調べてみるとすごい会社なのかも…と感じました。

アデコは、北は北海道から南は沖縄までをサービスエリアとして網羅している会社で、Adecco Groupの日本法人だそうです。

母体のAdecco Groupは、60を超える国と地域に5000を超える拠点を擁しており、スイス証券取引所に上場していて、Adecco Group報告書によると、2014年度なのですが、全世界において200億ユーロの売り上げ実績があり、日本においても1448億円(10億3200万ユーロ)を売り上げているそうです。

1448億円という数字は、グループ全体で見るとたったの5%なのですね。やはり、すごい会社ですね!

 

転職エージェント「アデコ」は、自分たちをどのような転職エージェントだと謳っているの?

アデコは、転職エージェントだけにとどまらず、紹介予定派遣、派遣、新卒の就職活動の支援、主にシステム導入時のプロジェクトに特化したプロフェッショナルスタッフィング・サービスを事業領域として展開しています。

転職エージェントのホームページはこちら(http://tenshoku.adecco.co.jp/)になります。

 

アデコの場合は、さすが世界的企業ということもあって、転職ノウハウのメインメニューのなかに「英文履歴書の書き方」が入っています

ページにアクセスするとビジネスで使いそうなビジネスワードや、開発した・実行した・達成したなど実績を説明するときに役立ちそうなワード、学歴や職務、資格を説明するときの単語も一覧になっていて、とても参考になると思います。

 

アデコが説明する転職エージェントを利用するメリットは次の3つです。

  • 希望やこれまでのキャリアに合わせた求人情報の紹介をしてくれる
  • 書類作成(履歴書・職務経歴書)や面接のアドバイスをしてくれる
  • 企業と面接日時の調整、内定の際の給与交渉を代行してくれる

でも、これって…転職エージェントって、どこでもそういうものだと思いますよね。どちらかといえば基本的なサービスです。

この話には続きがあって、これは僕の詰めが甘かっただけなんですけど、よ~く見てみると≪企業への直接応募と比較して≫とありました。

アデコ独自のサービスや特長について記載がないか、よくよく調べてみたところ、アデコの転職支援サービスの特長について記載されているページが別にありましたので、アデコが紹介している自社の強みをご紹介します。

 

1.グローバル企業として幅広いニーズに対応

やはり、世界的総合人財サービス企業。

国内の約7600社、海外の約10万社との取引実績を活用し、海外転職や外資系企業などの世界的ネットワークで最適な求人を紹介することができるといいます。

 

2.国内に160もの拠点あり!業界トップクラスの情報を保有

アデコは、全国に約160の拠点をもつそうです。

都市だけではなく日本全国の大手メーカーなどの求人を用意してあるそうです。

 

Uターン・Iターン転職にも強い

現地の求人動向や実際の求人紹介など、遠方に住んでいても、スムーズな転職をサポートしてくれるそうです。

 

3.他社にはないアデコだけが紹介できる求人多数!

アデコによると、業界未経験でも挑戦できる仕事や、極秘プロジェクトなど、公開できない求人を多数持っているそうです。

 

4.総合人財サービス企業による多角的情報と助言

アデコでは、総合人財サービス企業として、派遣で就業している方などから企業の情報を入手することも可能なんだそうです。

企業発信情報だけではなく、多方向からの情報も活用し的確な助言をしてくれるそうです。

 

そのほかの魅力的なサービス

そのほか、僕が見つけたアデコの良さそうなところイチオシは、セミナーや個別転職相談も行っているところです。

外国人面接官対策セミナーのほか、職種別や地域別の個別相談会も開催しているそうです。

サイトで登録する前にアデコのキャリアコンサルタントと直接会って相談に乗ってもらうのも良いのかもしれません。

 

転職エージェント「アデコ」の求人情報検索はこんな感じ

転職エージェント「アデコ」のサイトで求人情報の検索をしてみました。求人は、勤務地で探すことができます。

エリアは、北海道・東北、関東、中部、関西、中国・四国・九州(沖縄)、海外というような感じで、大きく括られています。希望エリアを選択すると、都道府県別に選択できます。

また、職種で探す場合は、経営・コンサル系、IT系、Web/クリエイティブ系、技術系(電気・電子・機械)、技術系(化学・素材・食品)、金融系、メディカル系(医療・製薬)などから選択できます。

 

業界別で探すことも可能で、コンサルティングファーム、通信事業者、インターネット・モバイル、電気・電子・半導体、商社(専門)、銀行・信託銀行、証券・アセットマネジメントなど、職種と業界、どちらも、とてもわかりやすく分類されていると僕は思いました。

そのほか、年収やキーワードを入力して探すこともできます。

検索をしてみて感じたことは、1社1社の求人が細かくてとても具体的だということです。

パソコンの前で腰を据えて探したい、よく読み込んで1社1社、吟味してみたい方には手応えがある転職エージェントサイトです。

海外を視野に入れている方はアデコやJACリクルートメントに登録をしておくのはアリだと思います。

 

転職を考えるときに読んでおきたい著書② 仕事ができるやつになる最短の道

仕事、マネジメントに関する人気メディア「Books&Apps」を運営されていて、コンサルタントとして活動をされている安達裕哉さんの著書です。

Books&Apps http://blog.tinect.jp/

章ごとに今日からできること、1週間でできること、1カ月、1年と、私たちが「仕事ができるやつ」になるために取り組むべきことについて記されています。

なかには、転職を後押ししてくれていると解釈できるようなエピソードもありますので、メディアと一緒に本にも目を通してほしいなと思います。

転職活動と転職を機に、本とメディアをチェックして現役コンサルタントが伝授する「仕事ができるやつ」に転身してみるのもアリかもしれません。

 

ところで、私が前の会社を辞めた理由はリストラでした。

リストラ=仕事ができない不要なやつ。

という烙印のようなものですので、自分に貼られたレッテルに愕然としました。

そして、

「仕事ができるやつだと評価されたい」

「本当に仕事ができるやつになりたい」

と考え、活躍と成長の場を求めて転職しました。

 

転職エージェント「アデコ」の基本情報

■会社名

アデコ株式会社

■所在地・お問い合わせ先

本社

〒107-0062 東京都港区南青山1-15-9 第45興和ビル

TEL 03-6439-7300

そのほかのオフィスなどについては国内拠点一覧(エリア別)をご覧ください。

http://adecco.jp/branch/base_area.aspx

転職サイト・エージェントの選び方を徹底検証!

転職サイト ランキング

管理人が実際の転職を通じて学んだ転職サイトの選び方とおすすめのエージェントを紹介しています。