エン エージェントは、エン・ジャパンが運営する転職エージェントです。

しかも、厚生労働省の委託事業でもある「職業紹介優良事業者」として認定を受けています。

ほかの記事でもお伝えしていますが、厳しい基準をクリアした実績のある転職エージェント(職業紹介事業者)しか認定を受けられないものですので、優良事業者として認定されているエン エージェントは、それだけで信頼できる転職エージェントだといえます。

転職サイト比較の記事でも紹介していますが、私自身も過去にお世話になっている大変おすすめのエージェントです。

丁寧なヒアリングと自己分析の支援をして頂き、大手転職エージェントのリクルートエージェントパソナキャリアと比較しても遜色ありません。

この記事では私の体験談も交えて、エンエージェントの特徴や強みを解説したいと思います。

エン エージェントのエンは「縁」という意

エン エージェントは、

「人」、そして「企業」の縁を考える。

をキャッチコピーにしています。

設立してからずっと「縁」をテーマとして事業を行ってきたといいます。縁に対する強い思いから生まれた転職サイトは、1995年に運用を開始してから今日に至るまで高い評価を得ているとしています。

ここでいう転職サイトとは以下の記事でも触れている「エン転職」のことです。エン転職は20年以上の歴史があるということですね。

縁を大切にしてくれそうな転職エージェントで新たな縁を紡ぐことはできるのでしょうか?

それでは、エン エージェントについてお伝えしていきたいと思います。

 

転職エージェント「エン エージェント」は、自分たちをどのような転職エージェントだと謳っているの?

特筆すべきは若い世代に強い転職エージェント

ところで、このエン エージェントですが、エン・ジャパンは自社サービスのことを20・30代の転職に強いエージェントであると謳っています。

どうして若い世代にセレクトされるのか?

エン・ジャパンは、20・30代の転職志望者に選ばれるのには、次の3つの理由があるからではないのかと自己分析しているようです。

 

選ばれる理由1.ひとりでは気付けない「次の可能性」を発見できる

サイトでは“1人では気付けなかったあなたの「次の可能性」を発見”と表記されています。

具体的には、丁寧なヒアリングを行い、エンがオリジナルで開発した適性診断を実施することで、転職志望者自身のことを徹底的に分析してくれます。

私自身も実際にヒアリングをしてもらいましたが、何とその時間は2時間にも及びました。

こちらの話す言葉1つ1つに熱心に耳を傾けてくれ、とても他人事とは思えない親身な対応でした。

 

選ばれる理由2.転職サイトにはない限定非公開求人を紹介してくれる

これは、多くの転職エージェントが謳っている強みなのですが、エン エージェントも例外ではありません。

転職市場に出回っていないエン エージェントが独自に入手した非公開求人も多数保有しています。

 

選ばれる理由3.専任のキャリアパートナー

エン エージェントでは、支援スタッフのことを「キャリアパートナー」と呼ぶようです。

専任ですからマンツーマンで支援してくれることになります。

先述の私のヒアリングをしてくれた方も専任でサポートしてくれました。

具体的には、

  • 提出書類の事前チェック
  • 面接対策

をしてくれます。

転職活動の基本ですが、キャリアパートナーから受けたアドバイスを参考に改善すべき点を克服していけば、転職活動がすごく楽になります。

 

得意分野に分かれたキャリアパートナー

エン エージェントの支援スタッフは、得意分野別に紹介されています。

おそらくですが、志望する転職の進路によって担当するキャリアパートナーが決まっていくのではないかと思います。

私の場合はIT系だったのでIT専任の方でした。

営業・マーケティング系、事務・管理系、経営・経営企画・事業企画系、コンサルタント系、技術系(IT・Web・通信系)、(電気・電子・半導体)、(機械・メカトロ・自動車)、 (化学・素材・食品)、 (建築・設備・土木・プラント)、技術・専門職系(メディカル)、不動産系専門職、サービス・流通系、金融系、クリエイティブ系に分けられています。

 

フィッティングが重要 エン エージェントの3つのお約束とは?

エン エージェントは、転職においては企業との相性なども含めて総合的にフィットできるかどうかが重要だと語っています。

つまり、スキルマッチングだけがすべてではないと考えているようです。

エン エージェントは、これを定着・活躍するために必要な「フィッティング」と呼んでいるようです。

僕なりの解釈ですが、仕事のノウハウや技術的なことだけではなく社風や職場の雰囲気、人間関係など、仕事を長く続けていくために必要な要素がおおかた合っていない会社に転職するのはナンセンスといっているような気がします。

エン エージェントは、その「フィッティング」を実行するため3つの約束を提示しています。

 

約束1.深く知ります

エン エージェントは、転職志望者ひとりひとりを理解するために「職務経歴」だけではなく「人柄」や「キャリアビジョン」まで深くヒアリングするそうです。

専任のキャリアパートナーは「自分の家族が転職をするときと同じようにサポートする」と宣言しています。

初回面談時に、エン・ジャパンオリジナルの性格・価値観診断テスト『3E-p』と、志向確認アンケートを実施しているようです。

 

約束2.正直に伝えます

これは、採用のミスマッチをなくすため、求人企業の良い点も、そうではない点も、正直に転職志望者に対して伝えてくれるそうです。

こんなはずではなかったという事態を招かずに済むよう、企業から求人データをもらうだけではなく、案件ごとにできるかぎり、詳しくヒアリングを重ねるそうです。良い点はもちろん、そうではない点も把握したうえで、正直に詳細に伝えてくれるとのことです。

転職先のウィークポイントが致命的ではなく妥協できるような範囲であっても、事前に知り納得して入社するのと、入社して知るのとでは雲泥の差があります。

包み隠さず企業のことを教えてくれる転職エージェントなら安心して転職活動を委ねることができそうですよね。

 

約束3.耳の痛い話も…

エン エージェントは、志望者の転職成功のためには耳の痛い話も率直にすることがあるとしています。

エン エージェントによると、誰しも転職活動中に“軸がゆらぐ”ことがあるそうです。

そのときに客観的な立場から「何が本当に大事なのか」を率直に進言してくれるようです。

また、選考時には合否結果だけではなく、その理由についても率直に教えてくれるそうです。

不合格になったときに、その理由を聞くのは耳が痛いと思います。しかし、敢えて伝えることで今後のための改善につながると考えているようです。

補足説明:キャリアパートナーは、面接の日時調整はもちろん、入社日の交渉など転職スケジュールの管理を代行してくれます。働きながら転職活動をする人にとっては効率的に転職活動を行うことができます。

転職エージェント「エン エージェント」の求人情報検索は…

エン エージェントのサイト上では求人情報検索ページは見当たりませんでした。

転職サポートに申し込まないとサービスは提供しないスタンスのようです。

ということは、非公開求人100%ということになります。

 

転職エージェント「エン エージェント」の基本情報

■会社名

エン・ジャパン株式会社

■所在地・お問い合わせ先

東京オフィス

東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F

横浜オフィス

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル13F

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル7F

大阪オフィス

大阪府大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル9F

電話番号はいずれもフリーダイヤル 0120-953-607です。