この記事でわかること

  • 関東での卒業旅行をちょっとだけ楽しくする予備知識

関東地方は首都、東京都を中心に発展しており、まさしく日本で最先端を歩んでいる地域といえます。観光地である前に皇居、国会議事堂、大手企業本社が多数あり、国政、ビジネスの中枢地といえ、またVRなどの最新アクティビティ、ファッション、グルメなどの流行がここから生み出されているといえ、その発信地となっています。

とはいえ、少し足を延ばせば、海や山など自然もあり、方言もありとそこが関東のなんともいえない魅力です。

住めば都ではありませんが関東在住の私から見ても、関東地方は卒業旅行にオススメのエリアです。アクセス良好で、強行軍となりますが複数の都県にまたがって観光もできますし、関東にしかない最新スポットもサクッと楽しめますよ。

今回は関東地方の中でも、羽田、成田からも近い東京・神奈川・千葉の1都2県に絞って、

  • 交通機関
  • 観光地
  • アクティビティ
  • グルメ

という4つのカテゴリーを設け、おすすめスポットなどをご紹介していきます。

 

卒業旅行で人気の関東、東京、神奈川、千葉の交通機関

東京

東京までのアクセスは、各地から新幹線で東京(品川)駅に向かうパターンか、飛行機で羽田空港に降り立つパターンがあります。羽田空港の場合、空港から京急線に乗車可能です。

都心での基本的な移動は、JRまたは地下鉄(東京メトロ・都営)でこと足り。バスやタクシーを使わなくてもだいたいの場所は、移動できるでしょう。

ただしスーツケースを持ってあちこち移動するのはオススメしません。駅とはいえ東京都内の主要駅などは駅自体が広すぎて、構内をかなり歩きまわることが予想できるからです。

そのためなるべく乗り換えの少ないルートでホテルに向かい、一度、チェックインして荷物を預けてから観光に出るのがスマートですよ。

JRや地下鉄ではオトクな一日乗車券などがあり、それらを上手く活用しスケジュールを組まれてください。

神奈川(横浜)

西日本エリア在住の方は新幹線で新横浜駅まで行く方法と、東日本エリア、東京泊もしくは東京観光を終えてから横浜に向かう場合は、JR京浜東北線または東急東横線で行く方法があり、東京→横浜は約30分です。

飛行機は羽田空港到着便を活用されることをオススメします。なぜなら羽田は神奈川県寄りにあるからです。

神奈川県内は行先によってはバスも活用したほうがいいのですが、主要観光地への移動は基本、電車でOKです。

  • 江の島へ向かう江ノ島電鉄
  • 箱根へ向かう小田急ロマンスカーや登山電車

など移動時間も楽しめるような魅力的な乗り物が多く、鉄道好きな方なら間違いなく周遊し甲斐があるエリアです。

千葉

東京から千葉市に行く場合も電車が基本で、東京-千葉間は、JR総武線(千葉)または京葉線(千葉みなと)利用で約40分です。千葉県には成田空港がありますので千葉県内も観光される予定なら、成田到着便を利用するといいです。

千葉市内にはモノレールも走っています。千葉市ではなく南房総や鴨川、勝浦といった海沿いの街を観光する場合は、レンタカーがオススメです。

 

卒業旅行で人気の関東、東京・神奈川・千葉のおすすめ観光スポット

東京スカイツリー(東京都墨田区)

東京の新しいシンボルタワーの東京スカイツリー。高さは634ⅿあり、世界一高いタワーとして人気です。天望デッキから見渡す360°の東京の街並みと、爽快な眺めが魅力です。

天望デッキと天望回廊があり、入場料が異なりますが、滅多に行ける高さではありませんので、高所が苦手でなければぜひ、フロア450まで!

天望回廊は空中散歩をしているかのようなワクワク感があり、天望デッキのガラス床ではドキドキ感も楽しむことができますよ。

昼とはまた違った景色が見られるので夜景もおすすめです。東京スカイツリーの地上階にある東京ソラマチではショッピングや食事、水族館、プラネタリウムなど、一日楽しめる施設が充実しています。

東京スカイツリーからほど近くにあるのが浅草です。

浅草エリア(東京都台東区)

東京を代表する情緒ある下町のひとつ、どこか江戸の雰囲気も楽しめるのが浅草です。東京観光の人気定番地として、海外からの観光客が毎日のように訪れています。赤い大きな提灯がある雷門の前でぜひ、記念撮影を!

雷門をくぐると浅草寺までの約250m、仲見世が続きます。人形焼やあげまんじゅう、雷おこしなどを販売するさまざまなお店が並んでいます。仲見世を進むと宝蔵門があり、本堂、五重塔など見ごたえのある建物が現れます。

個人的にオススメしたいのは夜、ライトアップされた浅草寺を堪能しつつ、ほど近くにあるホッピー通りに繰り出すことで、屋台風のお店でもつ煮込みと、ホッピーを味わっていただきたいです^^

明治神宮(東京都渋谷区)

明治天皇と昭憲皇太后をお祀りしている明治神宮はいかがでしょう。2020年は実は鎮座百年という節目の年でとても意味のある参拝になりそうです。

本殿はもちろん湧水の出る清正井もパワースポットといわれていますので、興味がある方はぜひ。

ちなみに明治神宮の最寄り駅は原宿で、代々木公園、竹下通りも近いです。またドラマのロケ地としても有名ないちょう並木があり、東京オリンピックに向け、新国立競技場が建てられている明治神宮外苑もオススメです。

皇居(東京都千代田区)

皇居は明治以降、天皇陛下が住まわれており、御所、宮殿、紅葉山御養蚕所、宮内庁庁舎などがあり、皇居東御苑は一般公開されている庭園です。

当日受付もありますが早めに整理券をもらい、参観開始まで待つ必要があるため、なるべく待ち時間を発生させないためにも事前申請が確実でしょう。

インターネットでは参観を希望するその前の月の1日午前5時から予約受付を始めるそうです。

豊洲市場(東京都江東区)

築地から移転した新市場ですが実は世界最大級なのです。東京の台所、新グルメスポットといっていいでしょう。せっかくの旅行ですから豪勢に新鮮な魚介類の江戸前寿司はいかがですか^^

お寿司でお腹いっぱいになったら、晴れた日はレインボーブリッジ、お台場、東京湾が一望できる豊洲ぐるり公園まで足を運び、散策するのもよさそうです。

横浜中華街(神奈川県横浜市)

日本三大中華街となっている横浜中華街。全日程のうち1回くらいは中華街で中華料理はいかがでしょう? もちろんアツアツでジューシーな小籠包や肉まん、ひんやりとした甘い中華スイーツの食べ歩きもオススメです。

横浜中華街には占いができるお店も多く、周辺には横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム、山下公園、みなとみらいもあります。

横浜みなとみらい21(神奈川県横浜市)

みなとみらいにはオシャレなカフェやお店も多く、観光客だけでなく地元民も多く訪れます。オススメしたい観光スポットは、

  • ランドマークタワー
  • 横浜赤レンガ倉庫

です。倉庫内はお土産ショップも豊富です。

みなとみらいの夜景を楽しむなら大さん橋(横浜港大さん橋国際客船ターミナル)が穴場です。静かに美しい夜景を堪能できますよ。卒業旅行シーズンの12月~3月は冷え込みますから、なるべく好天日で風の少ない日に行かれてくださいね。

箱根(神奈川県足柄下郡箱根町)

自然にあふれ四季の変化を楽しめる箱根。都心からのアクセスもよく人気の温泉地となっています。温泉で旅の疲れを癒してみませんか。箱根には

  • 箱根彫刻の森美術館
  • 箱根ガラスの森美術館

など芸術に触れられる施設もあります。また箱根から大涌谷(おおわくだに)まで足を延ばすのもオススメです。火口からは白い噴気が立ち昇り続けていますが、天気が好ければ富士山をキレイに見渡すことができます。

東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)

ディズニーランドディズニーシーがある東京ディズニーリゾート。ミッキーなどかわいいキャラクターがいて、アトラクションも充実。まさしく夢の国で何度足を運んでもワクワクします!!

卒業旅行で行かれるなら東京ディズニーリゾートのホテルに泊まるのも豪華でオススメです。帰りの時間を気にすることなく閉園時間まで、めいっぱい遊ぶことができますよ。

ホテルのなかでは、点在するディズニーキャラクターをあしらった仕掛けにもテンションが上がるはず。関東になかなか行けない方はガッツリとディズニー一色の卒業旅行もきっと、いい思い出になるはず。

「ディズニー 卒業旅行」で検索すると、パスポートつきのプランなども出てきます。

鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)

千葉県鴨川市に位置する鴨川シーワールドは、海にほど近い水族館で、見どころはダイナミックなシャチやイルカ、白くてかわいいベルーガのめずらしいパフォーマンスです。

イルカやベルーガにタッチしたり、笑うアシカと記念撮影ができたりします。

 

卒業旅行で人気の関東、東京・神奈川・千葉のアクティビティ

VR(東京)

 

東京ではVR体験がオススメ。渋谷のVR PARK TOKYOでは

・VRトロッココースター

・ジャングルバンジーVR

・カイジVR~絶望の鉄骨渡り~

・ようこそ・パニック・マンションへ

などのアトラクションが楽しめます。同時プレイできるものも。

また2019年7月にオープンした池袋のMAZARIAでは、

・ガンダムVR ダイバ強襲

・アスレチックVR パックマンチャレンジ

・マリオカートアーケードグランプリVR

など、まるでアニメやゲームの世界に入り込んだかのようなVRを体験できます。新感覚体験で旅行メンバー全員が盛り上がれるでしょう。

陶芸(神奈川)

 

 

箱根では陶芸を体験できます。特に箱根強羅公園内にある箱根クラフトハウスは、

・陶芸

・吹きガラス

・とんぼ玉づくり

体験も。陶芸は手びねりか電動ろくろの二択。どちらも味わいがあっておもしろいですよ。作品は約2カ月後に届きますが、旅の思い出として残るのがいいですね。

オリジナルカップヌードル(横浜) みなとみらいにあるカップヌードルミュージアムで好きな具材を選び、カップに自由に絵を描け、世界にひとつだけのカップヌードルがつくれます。

またミュージアムではインスタントラーメンの歴史を知れ、チキンラーメンの麺を手づくりできる施設も。

いずれも公式サイトから予約しておくとスムーズですよ。

 

卒業旅行で人気の関東、東京・神奈川・千葉の人気グルメ

東京

もんじゃ焼き(浅草) 東京、下町、浅草で昔から人々に愛されているグルメが、もんじゃ焼きです。昔ながらの素朴なものから具だくさんの贅沢なものまで。食べるならもんじゃ焼き専門店で。「東京 もんじゃ焼き」「浅草 もんじゃ」で検索するといろいろなお店が出てくるはず。浅草エリアを観光するならもんじゃ のほか仲見世のきびだんごもいかが?
プレスバターサンド(おみやげ) 東京みやげの新定番となりつつあるプレスバターサンドはそのおいしさから人気急上昇中です。一口食べるとバタークリームとキャラメルがサクサククッキーの中からとろりと出てきて、バターの香りがふわっと広がります。

神奈川

焼き小籠包(横浜中華街) 横浜中華街にはさまざまなお店がありますが、なかでも食べ歩きできる焼き小籠包が人気グルメになっています。王府井(ワンフーチン)という専門店が火付け役といわれており、皮はカリッ、中はあふれんばかりのうまみたっぷりのコラーゲン凝縮スープで、女性にも実はうれしいグルメです。
シウマイBAR(バル) 横浜といえば崎陽軒のシウマイ弁当が有名ですが、その崎陽軒がシウマイBARを展開。気軽にお酒とシウマイの組み合わせが楽しめます。横浜中華街のほか東京駅にもあります。

千葉

勝浦タンタンメン 担々麺といえばごま油を使うのが一般的ですが、千葉B級グルメの勝浦タンタンメンはラー油が使われています。スープベースは醤油で、ひき肉とタマネギがたっぷり。辛さが食欲をそそります。
クジラ料理 クジラ漁は規制されており、捕鯨が許可されているのは日本全国で4カ所しかない捕鯨基地。そのひとつが千葉県南房総市の和田漁港で、周辺のお店では希少なクジラ料理をいただくことができます。
落花生ソフトクリーム/ピーナッツソフトクリーム 千葉は落花生の名産地。落花生ソフトクリームは県内各地で販売され、その製法もさまざまです。ピーナッツの香ばしさとコクを感じられます。見つけた際はぜひ食してその濃厚さを確認してみてくださいね。

 

関東卒業旅行をより充実したものにしてくれる書籍・本

大人の日帰り旅 首都圏版 2020(JTBのMOOK)

東京、神奈川、千葉のほか茨城、埼玉、山梨も網羅した首都圏のいいとこがまとめられた一冊。今回ご紹介した神宮外苑、皇居、豊洲市場のほかにも魅力的な観光地の情報を多数、知れます。900円+税

 

まとめ

今回は関東地方の卒業旅行におすすめのスポットなどをご紹介してきましたが、交通アクセスがよく、さまざまな土地を巡れるのが関東旅行の魅力です。

また都心というだけあり地方ではまだ見かけない流行グルメや、最先端アクティビティも盛りだくさんでした。

この記事が卒業旅行で関東へ旅行する際の参考になれば、幸いです。学生生活を締めくくる友達との旅を存分に楽しんできてくださいね!