この記事でわかること

  • 韓国での卒業旅行をちょっとだけ楽しくする予備知識

日本から1時間〜2時間半程度とアクセスがバツグンで、コスパも良い韓国は、卒業旅行にピッタリ!

エリアごとにガラリと雰囲気も変わり、グルメ、観光、美容、ショッピングなどさまざまな魅力にあふれ、初心者も楽しめる、リピーターも多い旅先です。

今回は

  • 交通機関
  • 観光地
  • アクティビティ
  • グルメ

という4つのカテゴリーを設け、おすすめスポットなどをご紹介していきます。

まずは出発前の事前準備が必要です! 持ち物や韓国の基本情報について、ここでカンタンに確認しておきましょう。

パスポート 入国時3カ月以上期限があるもの。
電源 変圧器・変圧プラグが必要かも。韓国は電圧220Vが主流。プラグはC・SE型です。
クレジットカード 百貨店・コンビニ・ホテル・タクシーなど多くの場面で使えます。屋台は厳しいかも。
ATM Visa・デビット・トラベルプリペイドカードならウォンが引き出せます。日本語対応有。
通貨・両替 韓国の通貨はウォン、レートは変化しますがだいたい10ウォンが1円です。

 

卒業旅行で人気の韓国、日本からの行き方と国内の交通機関

韓国を訪れる際は飛行機を利用するのが一般的ですが、フェリーや高速船で行くこともできます。

飛行機

韓国には国際空港がいくつもあります。日本から向かう場合に発着している空港を3つご紹介します。

仁川国際空港(インチョン)

2001年に首爾(ソウル)のほど近くに、空の玄関口として開港したアジア最大級といえるハブ空港で、乗り継ぎの規模は成田空港や浦東空港(上海)よりも上とされています。

もちろんお店や空港設備も充実。ソウルから近いとはいえ実は、仁川国際空港からソウル駅までは空港鉄道で60~66分かかります。

金海国際空港(キメ)

釜山(プサン)の空の玄関口になっている空港で、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡からは釜山への直行便が就航しています。なお金海国際空港からはアクセスが充実しており、リムジンバス、軽電鉄、バス、タクシーが出ています。

軽電鉄なら空港駅から沙上駅(ササン)に向かい、地下鉄2号線で乗り換えれば、西面(ソミョン)などの市中心部に行けます。

済州国際空港(チェジュ)

済州島(チェジュド)にある空港。済州島を観光する際に利用します。東京・名古屋・大阪・福岡から済州への直行便が就航しています。またソウルや釜山からも国内線が出ています。

フェリー・高速船

飛行機より比較的安価ですが、その分、時間がかかってしまいます。

釜山行き 大阪(パンスタークルーズ)

下関(関釜フェリー)

博多・対馬(JR九州高速船)

東海(トンへ)行き 境港(DBSクルーズフェリー)

上表のとおり、運航しています。フェリーは夜出発、朝到着のため、船中泊でのんびり行けます。

そして韓国に着いたら、いよいよ旅のスタートです!

韓国国内での移動手段

ソウルや釜山など

  • 地下鉄
  • バス(市内バス・シティツアーバス)
  • タクシー(一般タクシー・模範タクシー)

で、いちばん使いやすいのは地下鉄です。それぞれの乗り方のコツを覚えて上手に利用しましょう。

済州島

  • バス
  • レンタサイクル
  • タクシー

があり、島巡りをするならオススメは、半日~1日貸し切りできるタクシーチャーターです。

以下、参考ください。

地下鉄(ソウルほか)

 

初乗り運賃が1350ウォン(現金をチャージして使う交通カードT-moneyなら1250ウォン)で、自動券売機も日本語表示に切り替え可で慣れればカンタンです。T-moneyカードはコンビニ・バス・タクシーでも使え便利です。
バス(ソウル)

 

バスは

 

・市内バス(市民向け)

・シティツアーバス(インバウンド向け)

 

があり、とくにソウルを走る市内バスは広域を走るレッドなど色別に4種。これらを理解して目的地まで迷わずに乗りこなすのは韓国初心者には少し難易度が高めかも。

タクシー

 

一般タクシーと模範タクシーがあり料金が異なります。特に模範タクシーは英語や日本語が通じるベテランドライバーも多く黒の大型車。安全性などを考えると模範タクシーがオススメ。

 

卒業旅行で人気の韓国、3つのおすすめ観光地別スポット

ここではソウル、釜山、済州島とエリアごとにオススメの観光地を一挙にご紹介していきます!

1.ソウルおすすめエリア5つ

1.明洞(ミョンドン)

ソウル最大の繁華街で観光客に人気のエリア。ファッション、コスメ、飲食、エステなど何でも充実していて楽しめます。明洞のホテルに滞在すると何かと便利かも。

ロッテ百貨店やロッテ・ヤング・プラザなどの大型百貨店や有名人気ショップも集結していて散策エリアとして大人気です。

明洞の近く南山(ナムサン)にあるNソウルタワーは、2005年にリニューアルされたもので、ソウル市内を一望できる絶景スポットです。

2.東大門(トンデムン)

眠らない街として夜中もショッピングが楽しめることで有名な東大門。大型ファッションビルがいくつも並びます。卸売、アウトレット、免税店とショッピング中心の卒業旅行ならこの聖地は外せません。

3.仁寺洞(インサドン)

韓国の伝統文化に触れたいなら、仁寺洞がオススメです。

・工芸品店
・ギャラリー

などがある、いわばアートストリートです。また仁寺洞のショッピングモール、サムジギルは地元の若者で、賑わっています。

4.弘大(ホンデ)

いわゆる芸大があるエリアで、個性的なショップや若者が集うオシャレな街。弘大と呼ばれるのは芸術大学として名高い弘益大学校があるからです。弘益と書いてホンイクと呼びます。また美術予備校通りもあり

  • アート
  • 音楽
  • ファッション

といった韓国の最先端の若者のサブカルチャーに触れたいなら弘大エリアは外せません。

また街全体がアートですからぜひ、お気に入りのインスタスポットも見つけてくださいね。

5.カロスキル

江南(カンナム)にある新沙洞(シンサドン)の街路樹通りのことで、10年前あたりからオシャレなカフェやレストラン、ショップが増えだし、今やソウルの流行発信スポットとして有名になりました。流行に敏感な地元女子が集まるソウルで最もオシャレな通りといわれています。

2.釜山おすすめエリア3つ

1.南浦洞(ナンポドン)

釜山を代表する繁華街で、観光定番スポットです。釜山のシンボルといえる釜山タワーの展望台からは街を一望でき、そのふもとにある龍頭山公園は年中、多くの市民や観光客で賑わっています。

リーズナブルなショップや屋台など、いろいろ揃う国際市場。オシャレなショップが建ち並ぶ光復路通りは、散策するのにうってつけです。

釜山国際映画祭のメイン会場として使われていたBIFF広場も今は、ローカルな屋台グルメが楽しめ、オススメです。

2.西面(ソミョン)

ロッテ百貨店やロッテ免税店のほかショッピングが楽しめるお店が充実。お買い物をするために地元女子も多く訪れるエリアです。

※免税店では海外ブランドが若干、日本国内で買うよりもオトクな場合があります

3.海雲台(ヘウンデ)

釜山は湾岸都市で、特に潮風を感じたいなら海雲台がオススメ! 韓国を代表するビーチリゾートで2kmにわたり続く白い砂浜はとても美しく、夜景も格別です。

  • シーライフ釜山アクアリウム(水族館)
  • 月見の丘(韓国八景のひとつ)

なども時間が許すかぎりぜひ! そのほかにもオススメのスポットがまだまだいっぱいあります!!

慶州(キョンジュ) 新羅千年の都としての趣が残る世界遺産や歴史遺跡にも触れられます。
甘川洞(カムチョンドン) 釜山のマチュピチュといわれるアート村で、日韓が舞台となったキムタクの映画『HERO』でも甘川洞文化村がロケ地として使われました。
海東龍宮寺(ヘドンヨングンサ) 願いごとが叶うことで有名な岸壁に建つお寺です。

3.済州島おすすめエリア

東洋のハワイといわれるほどの美しいビーチが魅力! 挟才(ヒョプチェ)海水浴場や中文(チュンムン)ビーチなどで美しい海を堪能しませんか?

石文化公園

トルハルバン公園

いずれも島の守り神といわれている石像、トルハルバン(石のおじいさん)がたくさん見られます。
済州神話ワールド 2017年にオープンしたテーマパーク。宿泊・グルメ・ショッピング・プール・チムジルバン(韓国式サウナ)・カジノもある総合型リゾート(IR)です。
萬丈窟(マンジャングル) 世界最長の溶岩洞窟で、ユネスコの世界自然遺産になっています。
城山日出峰(ソンサンイルチュルボン) 海底の溶岩が噴出してできた峰で、同じく世界自然遺産です。

 

卒業旅行で人気の韓国、おすすめのアクティビティ

チマチョゴリ体験

韓国伝統衣装のチマチョゴリを着て、街ナカや古宮に出向き散策できます。ヘアセット、小物貸し出し、プロカメラマンによるスタジオでの撮影もあります。

古宮巡り

ソウル滞在中の古宮巡りはいかがでしょう?

景福宮(キョンボックン) 韓国5大宮のなかで最も大きい古宮。ここに国立古宮博物館や国立民俗博物館もあります。
昌徳宮(チャンドックン) 歴代王が政治を司った宮殿といわれ、世界文化遺産となっています。
徳寿宮(トクスグン) 韓国初のルネッサンス様式石造殿。中世・近代が融合した空間は一見の価値があります。
宗廟(チョンミョ) 李朝時代の王と王妃の位牌が祀られており、神秘的で厳かな雰囲気があります。

漢江(ハンガン)ナイトクルーズ

漢江遊覧船から

  • Nソウルタワー
  • 63ビルディング
  • 国会議事堂
  • 東湖大橋(トンホテギョ)

など、ソウルを彩る夜景やライトアップが楽しめます。汝矣島漢江(ヨイドハンガン)公園の中にある船着場から乗船します。

 

卒業旅行で人気の韓国、おすすめグルメ

サムギョプサル

 

豚バラ肉のことで、韓国で最もポピュラーなお肉メニュー。塩だけもしくは、葉野菜でコチュジャンなどを包んで食べます。どちらも美味しくオススメです。
タッカルビ

 

わかりやすくいえば鶏肉の甘辛炒めのことでコチュジャンなどを絡めます。野菜だけではなくお餅などを入れて一緒に炒めることも。日本にもすでに上陸していますが、今いちばん人気はチーズタッカルビでしょう。本場の味をぜひ!
プルコギ

 

しょうゆダレに漬けた牛肉、ネギ、キノコを砂糖などで甘めに煮込んだ韓国風すき焼きです。
カンジャンケジャン

 

新鮮なワタリガニをしょうゆダレに漬け込んだもの。生のカニの身のとろっとろとした食感が絶品すぎます! 日本国内ではまず食べられない逸品です。
参鶏湯(サムゲタン)

 

鶏の腹に高麗人参やもち米などを詰め、じっくり煮込んだもの。栄養満点で滋養強壮にもいい、体が芯から温まるスープです。
タッカンマリ

 

鶏一羽をまるごと豪快に煮込んだ大人気の鍋料理です。煮えるまでの間に酢、しょうゆ、カラシなどでタレをつくり、鶏肉はタレにつけ食べます。スープはもちろん、シメに麺などを入れて楽しめます。
オデン

 

白身魚のすり身の練り物を串に刺し、昆布や干しエビなどからだしをとったスープで辛めに煮込んだもの。韓国では大人気の定番メニューです。
ピンス

 

まるで雪のようなふわふわとした食感が特徴の韓国風かき氷。ミルク、シロップがかかっていたり、さまざまなフルーツ、アイス、あずきなどものせられたりと、ふわふわさとは裏腹にかなり、ボリュームのあるスイーツです。
ボンボン

 

一言でいえばフルーツパフェです。フルーツがたっぷり入っていて、その見た目はインパクト大です。インスタ映えするかも。

発祥は明洞にある有名店、カフェ ド パリとされ、韓国の超定番スイーツとなっています。

 

韓国卒業旅行をより充実したものにしてくれる書籍・本

まっぷる韓国 ソウル・釜山・済州島‘20

今回ご紹介したようにソウル、釜山、済州島の三大都市に絞り、各都市の観光名所、グルメ、エリア情報が載っています。特にグルメ情報が豊富で、メニューはもちろん、お店情報もかなりの充実度で旅行に行く前から、食欲が止まらなくなりそう。そんな一冊です。

付録として

  • ソウル スイーツ&カフェBOOK
  • 知っ得アドバイス77
  • ソウル 釜山・慶州・済州島 街歩きMAP

がついています。1,000円+税

 

まとめ

日本と韓国はお隣どうしで、時差も1時間。移動もまるで国内旅行をしているかのようにそれほどかかりません。本来なら気軽に足を運べるような距離で、友好的な間柄であってもいいような国なのですが2019年現在、残念ながらデリケートな事情をお互い抱えたままであるといえます。

個人的には韓流ドラマやK-POPも好きですし、ファッションなど流行も最先端でセンスがあり洗練された若者が多いため、これからも私は韓国に遊びに行きたいなと思っています。

しかし優先すべきは安全面ですから、政治情勢などを踏まえ、行けそうか行くべきではないかは慎重に決めていただきたいです。

韓国に行こうと決意したら、最高の卒業旅行になるよう前もっていろいろと計画、準備をされてくださいね。とくにパスポートの有効期限には気をつけてください。